番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 15:10~16:00|月2回Ustream動画配信
提供:マネースクウェア・ジャパン

現役ファンドマネージャー西山孝四郎が外国為替市場を中心にマーケットを一刀両断。日々マーケットに接している西山氏ならではのリアリティのある情報に要注目!
【M2J全国セミナープロジェクト】2016年度第6弾CFD編・9/3(土)札幌第7弾CFD編・9/22(木・祝)東京 開催
【Ust動画配信・・・【9月2日(金)/9月16日(金)】
毎月上旬の「米国雇用統計発表日」と、その翌々週(原則)の番組をUstreamで動画配信<月2回>。
【FX投資家クラブ】FXに特化したラジオNIKKEI&マネースクウェア・ジャパン共同運営の投資家クラブ「club FX」が会員登録受付中!もちろん無料

新着記事

夏休みムード漂う相場。 [大里希世ブログ]

2016.08/19 大里 希世 記事URL

皆さま、こんにちは。
今週も「ザ・マネー〜西山孝四郎のマーケットスクウェア」をお聴きくださりありがとうございます。サバサバ(←性格)、欲深肉食系(←利確のスタイル)アシスタントの大里希世です。

夏休みシーズン真っ盛り、皆さま、楽しい夏を過ごされていらっしゃいますか?
相場も薄商いでお休みムードの強い展開です。株式市場は日銀によるETF買いが入るのか入らないのか様子をうかがっているような状況で、下値は固いのですが上値をどんどん買い上がっていくような投資主体は不在です。一方のドル円も日銀の追加緩和をめぐり黒田総裁や政府要人等が何かを言った言わないを材料に一喜一憂。来週末に予定されてるジャクソンホールでのイエレン議長の講演に注目が集まる中、円高バイアスの強さが目立ちます。



フリー、フェア、グローバルというマーケットの基本原則が損なわれている日本の株式市場を外国人投資家はどのように見ているのでしょうか。米国株が高値圏で推移する中、以前として出遅れと指摘されている日本の株式市場ですが、これは単なる出遅れに過ぎないのか、それとも海外投資家をはじめとする多くのプレーヤーが日本株に対して愛想を尽かし始めている可能性も拭いきれません。今週は番組Ust配信しました。ぜひコチラからどうぞ。



Ustはコチラからご覧ください。

それでは皆さま良い週末を。
来週も「ザ・マネー〜西山孝四郎のマーケットスクウェア」をどうぞお楽しみに!!!

西山孝四郎のUst動画(オンデマンド配信中)を見て番組特製クオカードを当てよう!2016.8.19更新 [プレゼント]

2016.08/19 番組スタッフH 記事URL

毎月初旬、米国雇用統計発表日と翌々週金曜の「月2回」実施中に「西山孝四郎のFXマーケットスクウェア~Ust動画配信」では、毎回リスナープレゼントを実施しています。

8月19日(金)は、
【プレゼント】
番組特製(非売品)クオカード500円分
・・・5名様


<応募要領>
申込みフォームに必要事項、特に番組の感想(必須)とキーワード(ラジオ音声、Ust画面の両方で発表)を必ずお書きください。
・締切:2016年9月1日(木)

Ustream動画 8月19日分オンデマンド配信中

(クリック後にCM映像が再生され、その後に本編が始まります。)

【続きを読む】

8月12日資料

2016.08/12 番組スタッフ 記事URL







西山孝四郎のUst動画(オンデマンド配信中)を見て番組特製クオカードを当てよう!2016.8.5更新 [プレゼント]

2016.08/05 番組スタッフH 記事URL

毎月初旬、米国雇用統計発表日と翌々週金曜の「月2回」実施中に「西山孝四郎のFXマーケットスクウェア~Ust動画配信」では、毎回リスナープレゼントを実施しています。

8月5日(金)は、
【プレゼント】
番組特製(非売品)クオカード500円分
・・・5名様


<応募要領>
申込みフォームに必要事項、特に番組の感想(必須)とキーワード(ラジオ音声、Ust画面の両方で発表)を必ずお書きください。
・締切:2016年8月18日(木)

Ustream動画 8月5日分オンデマンド配信中

(クリック後にCM映像が再生され、その後に本編が始まります。)

【続きを読む】

政府の経済対策に経済を反転させる効果はあるのか? [大里希世ブログ]

2016.08/05 大里 希世 記事URL

皆さま、こんにちは。
今週も「ザ・マネー〜西山孝四郎のマーケットスクウェア」をお聴きくださりありがとうございます。サバサバ(←性格)、欲深肉食系(←利確のスタイル)アシスタントの大里希世です。

昨晩はBOE(イングランド銀行)が政策金利を過去最低となる年0.25%に引き下げました。金利の引き下げは7年5か月ぶり。また、量的緩和を約4年ぶりに再開する他、資産買取プログラムの規模を拡大することを決定しました。今回、利下げは事前から予想されていたものの、カーニー総裁がさらなる緩和の用意があると明言したこともありポンドは急落、一方、英国株式相場は急騰しました。

一夜明けて東京市場。日経平均株価は44銭安とほぼ横ばい、小幅ながらの反落でした。ドル円も小動きにとどまっており、今晩の雇用統待ちといった動きになったようです。非農業部門雇用者数は18万人の増加、失業率は4.8%と見込まれています。本日は雇用統計の日というこで番組Ust配信しました。ぜひコチラからご覧ください。



さて、2日に政府の経済対策が閣議決定されました。事業規模は28兆円を超え、働き方改革等の新たな視点も盛り込まれましたが、そもそも「政府による対策が実際に経済を押し上げ、今後の拡大につながるのか?」というと大きなクエスチョンマークがつくことは否めません。

西山さんが番組の中で紹介してくれた記事(「安倍首相の28兆円経済対策、バブル崩壊後から続く長い轍を踏む運命か」)によると、1990年のバブル崩壊以降、日本が財政出動で経済対策を打つのはこれで26回目。さらにゴールドマン・サックスの調査によると、前回(25回目)までの経済対策のうち18回で政府の承認後1か月以内に金融市場は当初の上げを消していたということ。残る7回はどの程度効果が持続したのかも検証する必要はありますが、単純に「7割以上の確率で1ヶ月持続しない対策」です。



上のチャートは西山さんが番組の中で紹介してくれた日経平均の月足です。1990年以降、ジリ貧(日柄調整)が続いており、結局、株価は反転しておらず、私たちに残されたのは莫大な借金のみということになります。

もちろん株価が全ての経済状況を反映しているわけではありませんし、対策を打たなければもっと悲惨になっていたのかもしれません。さらに、政府の経済対策が必要でないと言っているのでもありません。ただ、お金をバラまいて高い壁をさらに塗り固めて高くするような従来型の政策ではなく、そもそも壁が必要なのかも含め、その高い壁を低くするとか、厚塗りをやめるとか(これは自分のことも含めて)、そんな方向なのではないかと思ったりしているのですが・・・まっ、まだまだ勉強が必要です。

今週は番組Ust配信しました。ぜひコチラからどうぞ。



それでは皆さま良い週末を。
来週も「ザ・マネー〜西山孝四郎のマーケットスクウェア」をどうぞお楽しみに!!!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

西山 孝四郎
にしやま こうしろう

1986年証券会社に入社、その後通貨先物、債券、株式、商品市場とあらゆる金融商品の取引に従事、 生き馬の目を抜く世界と言われる金融市場で、四半世紀にわたり活躍。
現在も”現役”で根っからのディールホリック。
実際の取引手法を惜しみなく公開する懐の深さで注目度上昇中。

パーソナリティ一覧はコチラ