トランプ政権の人事と外交政策。 [ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクウェア]
2017/04/07(金) 20:21

皆さま、こんにちは。
今週も「ザ・マネー〜西山孝四郎のマーケットスクウェア」をお聴きくださり、ありがとうございます。サバサバ(←性格)・欲深肉食系(←利確のスタイル)アシスタントの大里希世です。

トランプ大統領の側近中の側近スティーブ・バノン首席戦略官がNSC(国家安全保障会議)のメンバーから除外された直後の米国によるシリア攻撃となりました。マーケットは一時、リスクオフ的な動き隣、ドル円は
110円10銭台まで円が買われるところがありました。この番組でもトランプ政権内での権力争いについては西山さんから度々言及がありましたが、バノン氏がNSCから外されたことによって政権内での影響力が低下する可能性も指摘されています。




今後、NSCを取り仕切るのは軍人出身のマクマスター大統領補佐官になります。ここにきて米国は北朝鮮に対しても強硬姿勢を取るのではないかとも見られていますが、これからの米国の外交に対する姿勢がどう変わっていくのか、また政権内での力関係の変化にも要注目です。

今週は米国の雇用統計発表の日ということで番組Ust配信しました。ぜひコチラからご覧ください。



それでは皆さま、よい週末を。
来週も「ザ・マネー〜西山孝四郎のマーケットスクウェア」を聴いてくださいね。

コメント