12月27日の「アサザイ 今日の1社」は三菱地所物流リート投資法人(3481)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2017/12/28(木) 13:45 今日の1社担当

 12月27日の「アサザイ 今日の1社」は三菱地所物流リート投資法人(3481・東証)を放送しました。

 今回は、三菱地所投資顧問 常務取締役 物流リート担当 坂川正樹様と 物流リート部 チーフマネージャー 山形秀樹様にお越しいただき、2017年9月に上場したばかりの同リートについて詳しく伺いました。

~2つのエンジンを生かしたハイブリッド戦略~
 同リート最大の特長は、日本最大級の総合デベロッパーである「三菱地所」と、不動産アセットマネージャーとして長年の運用実績を誇る資産運用会社である「三菱地所投資顧問」の両社の強みを、2つの成長エンジンとしてハイブリッド活用して運用している事です。名称の通り、三菱地所グループが立ち上げた物流施設中心型のリートとして、「立地」、「建物特性」、「安定性」に着眼し、テナントニーズを捉えた競争力の高い物流施設への厳選投資を通じ、質の高いポートフォリオの構築と安定的な資産運用を目指しています。

 三菱地所が単独開発した物流施設のブランドが、今回の放送でご紹介しました「ロジクロス」です。

 「ロジクロス」というブランド名は、物流を意味する「ロジ」と、人・モノ・ビジネスが活発に行き交うイメージを表現した「クロス」という言葉を融合させて作られています。テナントの様々なニーズに応えられるよう汎用性が高く、雇用確保や働く人々にとっての快適な職場環境といった観点も重視した「最新型物流施設」を志向しています。

 現在、既に「ロジクロス福岡久山」、「ロジクロス厚木」、「ロジクロス神戸三田」の3物件が竣工・満床稼働しています。その中で、同リートは「ロジクロス福岡久山」を上場にあわせて三菱地所より取得しています。

 以下、「ロジクロス」ブランドの物件をご紹介します。ぜひご覧ください。


▼ロジクロス福岡久山(三菱地所物流リート投資法人 保有物件)









 本立地周辺は九州最大の消費地である福岡市周辺を中心とする都市圏向け配送、保管のための拠点が集積しています。九州自動車道利用により、北部九州を中心に九州一帯を管轄する配送拠点として機能することができます。福岡空港及び港湾部へは10km圏内であり、交通アクセスは良好です。また、「福岡IC」周辺等は交通の要衝であり、物流集積エリアとして需要が集まる立地です。

 1階と3階にトラックバースが設置されており、スロープにより3階までトラックが直接接車できるため、高い配送効率を備えています。DBJ Green Building 認証を取得する等、高い環境性能を誇ります。


▼ロジクロス厚木









 厚木市を中心に、都心部消費地への配送をはじめ、圏央道・東名高速道路・国道129号線へのアクセスが良好であることから、首都圏広域、並びに関西・東海地方への配送も可能とする物流拠点となる立地です。

 また、小田急小田原線「愛甲石田」駅から徒歩圏内であり、路線バスの運行があることから通勤において良好な環境です。施設計画においては、ドライバー用喫煙室及びトイレ等の実用性の高いアメニティの充実を図り、各階の専有部内に休憩室や喫煙室、給湯室を設ける等施設で働く方々に配慮した職場環境の整備につとめています。


▼ロジクロス神戸三田








 近畿の大手流通グループである株式会社さとう専用の BTS(ビルド・トゥ・スーツ)型物流施設です。中国自動車道・六甲北有料道路「神戸三田」ICに至近であること、工場・倉庫等が集積した工業団地内に位置し24時間運営が可能であること、後背地に住宅地を擁しており安定的な雇用確保が期待できること、の3つの利点を兼ね備えており、西日本広域の配送をカバーする好立地に位置しています。

 (注)「ロジクロス厚木」及び「ロジクロス神戸三田」については、平成29年12月27日現在、本リートが取得を決定した事実はなく、また将来的にこれらの物件が本リートに組み入れられる保証もありません。


~「三菱」を冠し満を持して上場!資産規模3,000億円を目指して~
 
現在、資産規模8物件、約708億円。いずれも、収益性の高い物流施設で、長期間にわたって安定的な収益が確保できる優良物件です。三菱地所グループの総力をフル活用し、投資主の皆様へ安定的な分配金を出し続けることができるように、収益性の高い物流施設に投資を続け、4~5年の間に「資産規模2,000億円」まで到達することを目指して取り組まれています。

 そして、その先の目標である「資産規模3,000億円」を目指し同リートの取り組みは続いてゆきます。

 「上場してまだ3ヶ月、これからのリートですが、日々投資家の皆様のために邁進していく覚悟で取り組んでゆく」と語る坂川常務。

 社名に「三菱」を冠されるのはJリート史上初の事であり、三菱地所グループの本気の意気込みを感じさせてくれます。アサザイも今後の展開に注目してゆきたいと思います!

~プレゼントのお知らせ~
 今回、三菱地所物流リート投資法人さまから、リスナープレゼントとして、三菱地所グループがCSR活動の一環にて商品開発した、『焼酎「大手町」 5本、缶詰セット 4セット』をいただいております!ぜひこちらからお申込みください!
プレゼントのお知らせ

~IRイベントのお知らせ~
三菱地所物流リート投資法人のお話しを直接聞けるIRイベントが開催されます!リスナーの皆さまのご参加をお待ちしております!
2018/2/3(土)開催『企業IR&個人投資家応援イベント(J-REITファンin大阪)』@TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター
2018/2/24(土)開催『J-REITファン2018』@東京証券取引所
詳細はコチラをご覧ください。

~オンデマンド配信のお知らせ~
 早速オンデマンド配信を開始しております。改めて是非お聞きください!
アサザイ(2017.12.27放送分)

~ロングインタビュー配信のお知らせ~
 また、坂川常務取締役さまと山形チーフマネージャーさまのお二人に、ロングインタビューにも登場頂き、お二人のご経歴から物流マーケットまで色々お話し頂きました!
ロングインタビュー

(関連リンク集)
三菱地所物流リート投資法人 ウェブサイト

三菱地所投資顧問 常務取締役 物流リート担当 坂川正樹さま
物流リート部 チーフマネージャー 山形秀樹さま




 












 今年の「アサザイ」は以上でございます!
 
 12月30日10:00より、アサザイスペシャルを放送します。ぜひご覧ください。
 
 それでは、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

コメント