日経平均急騰、メジャーSQに向け [ひろこの番組後記]
2021/09/07(火) 23:33 大橋ひろこ

今週はメジャーSQ。SQ前に日経平均は一時3万円大台をつけるまでに猛烈に上昇してきました。9月限3万円のコールOP、8/31時点で1~3円程度でしたが本日7日には190円と100倍に。まだまだ13000枚程度の建玉を残しており売り手が苦しい展開ですが、SQに向けてさらなるドラマもありそうです。


皆さん御機嫌如何でしょうか、大橋ひろこです。
今日は元先物OPディーラー本河裕二氏をお迎えし
日経平均先物をめぐる攻防と今後の見通しをお話いただきました。

日経平均は8月下旬に27000円を割り込むところまで半年にも渡って
売り込まれ続けました。これがたった10日程度で3000円もの上昇を
見せるのですが、日経平均上昇に伴って日経VIが20まで上昇しています。
通常、ボラティリティの上昇は相場の下落時に確認できる事象ですが、、、。


売り方の買い戻し、踏み上げ相場がここまでの相場を形成したと
見られますが、リアルマネーはこの先入ってくるでしょうか。

政局が売り方の買い戻しを誘いましたが
この先はやはり新総裁の経済対策、財政政策も重要となってきます。

そして日経平均の銘柄入れ替えに伴って
日経平均にはどのような影響があるでしょうか。

本河氏は入れ替えられる3銘柄以外の222銘柄には
2%程度の売り圧力(600円程度)がかかる可能性がある、と
解説くださいました。10/1から組み換えとなりますのでまだ時間があります。

ここからの見通し含め、
日経平均銘柄入れ替えでの注意点については
ぜひ本河氏の解説をお聞きくださいね。
http://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/trendplus/trendplus-210907.mp3


9月21日に大阪取引所では「CME原油等指数先物」の取引がスタートします。

9月17日金曜16:50~特別番組
『「マーケット・トレンドPLUS スペシャル」
インフレリスクと原油市場~CME原油等指数先物の使い方』を放送!

CME原油等指数先物の特徴と使い方、
さらに原油市場の現状と見通しを専門家の視点から解説します。

出演は、マーケットエッジ 代表取締役 小菅 努氏
エモリファンドマネジメント 代表取締役 江守哲氏。

豪華プレゼントが当たる企画もご用意しています。
ぜひ、特別番組も聞いてくださいね。

9月17日(金)午後4時50分からです。お聴き逃しなく!

コメント