原油高の背景~スタグフレーションへ?! [ひろこの番組後記] [マーケット・トレンドPLUS]
2021/10/12(火) 21:05

WTI原油価格は一時82ドル台にまで上昇。高いのは原油だけではありません。天然ガスや石炭の価格まで高騰しています。世界のエネルギー高は続くのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はエモリファンドマネジメント代表江守哲氏にお話を伺いました。




バイデン政権もOPECに原油の増産要請をしていますが
OPECプラスがこれに応えず、計画通りの減産枠縮小に留める決定を
下したことで原油市況は一段高となっています。


そもそもこの原油高、コロナ禍からの正常化の過程で生じた
需給ギャップだけが要因ではありません。

脱炭素政策の課程で石炭から天然ガスへのシフトが進められた他、
太陽光や風力など再生可能エネルギーシフトが進みましたが
天候、気象要因によって不安定化した再生可能エネルギーの不足分を
天然ガスで補おうという動きも天然ガス需給をタイト化させています。


天然ガスがあまりに高騰すれば原油へと代替する動きも出てきます。
全てのエネルギー価格は同じトレンドを描いていくのです。

米国シェール生産は増えないのでしょうか?

また、市場にはインフレやスタグフレーションといった言葉が
踊るようになりましたが、江守氏はこれからの時代はゴールドが
資産ヘッジとなるとお話くださいました。

詳しくはオンデマンド配信で江守さんの解説をお聞きくださいね。

http://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/trendplus/trendplus-211012.mp3