脱炭素、水素社会がプラチナを押し上げる?! [ひろこの番組後記] [マーケット・トレンドPLUS]
2020/10/27(火) 21:30

菅首相の所信表明演説。温暖化ガス「50年までにゼロ」を掲げましたが、すでにEUも2050年を目標に、中国は2060年を目標に実質排出ゼロを掲げています。


1週間後に控えた米大統領選挙でも民主党バイデン候補はグリーンニューディール改め「バイデンプラン」と銘打った脱化石燃料政策を掲げています。

皆さん御機嫌如何でしょうか、大橋ひろこです。
今日は貴金属スペシャリスト池水雄一氏をお迎えし
「プラチナ」の長期展望をお話いただきました。


過去5年の貴金属チャート比較。

価格が上がっていないのはプラチナだけです。
2015年、ドイツのフォルクスワーゲン社による排ガス不正問題以降、
ディーゼルエンジン車の人気が失墜し、ディーゼルからガソリン車へのシフトが進みました。

これが、ディゼールエンジン車の触媒であるプラチナから
ガソリンエンジン車の触媒であるパラジウムの需要シフトに繋がり
プラチナが下落基調となるなかパラジウムが暴騰する結果に。

プラチナはこのまま低迷が続くのでしょうか。

プラチナの長期テーマとして注目されるのが「水素社会」

①FCV水素自動車にはプラチナが多量に使用されます。
中国政府は9月、燃料電池車(FCV)の販売補助金制度を撤廃したかわりに
FCVの中核技術の開発企業に奨励金を与える制度を導入し
FCV車推進のスタンスを強めています。


②水電解による水素製造の電極にもプラチナを使用します。
電解の過程で触媒として効率的な化学反応を起こし、
商業規模に適する生産量を得るための重要な役割を担っているのです。
EUは50年の世界のエネルギー需要の24%を水素が担う可能性があるとしています。


ところが、現在まだプラチナ市場はこうした材料を
ほとんど織り込んでいません。
ゴールドと違ってプラチナは投資家がヘッジで買うといったニーズがなく
現状ではディーゼル自動車の売上減ばかりが材料となり
価格の低迷が続いているのです。

詳しくはオンデマンド配信で池水氏の解説をおききくださいね。
http://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/trendplus/trendplus-201027.mp3

米大統領選と原油相場 [ひろこの番組後記] [マーケット・トレンドPLUS]
2020/10/20(火) 21:26

11月3日に米大統領選挙、現在はバイデン候補の優勢が報じられていますが、仮にバイデン政権誕生となった場合、コモディティ市場にはどのような影響があるでしょうか。2050年までにクリーンエネルギー化を進め、ネットでゼロ排出量を目指す方針を掲げていますが、、、。

皆さんごきげいかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットエッジ代表 小菅努氏をお迎えしお話を伺いました。


副大統領候補のTV討論会でも取り上げられた「フラッキング」
民主党ハリス氏は水圧破砕禁止の噂は否定し「当面の間」維持するとしていましたが
国有地(主にオフショア)の新規開発許可は止まる可能性が高いと小菅氏。


政権交代となればシェールなど石油産業の雇用の100万人が喪失する
という試算もあるようです。
原油安で将来性に懐疑的な若者が集まらず、
この産業の就業者の平均年齢の高齢化が懸念される中、
シェール業界への規制が強まれば、米国の石油生産産業は衰退し
4年、あるいは8年後に政権が共和党に戻ったとしても
業界再生はかなり厳しいものになるのでは...。


ということで、原油市況にも大きく影響しそう。


民主党画家化が掲げるクリーンエネルギー政策は
安価な原油をエネルギー源とせず
太陽光や水素などをエネルギー源とする高コスト政策でもあります。

シルバーペースト、プラチナ触媒なども上昇する可能性がありますが、
そもそも財政拡張政策を掲げていることもあり、
インフレの到来という可能性もありそうですね。


小菅さんには足元の需給、
IEAとOPEC月報の展望が異なる背景なども解説いただいています。
コロナ問題は原油市況にはかなり影響がおおきいため、
スピーディーなワクチン開発が期待されているのですが、、、

詳しくはオンデマンド放送で小菅氏の解説をお聞きくださいね。

金価格への影響力増す為替動向 [ひろこの番組後記] [マーケット・トレンドPLUS]
2020/10/13(火) 22:01

8月に2000ドル大台まで上昇したゴールド。足元では調整圧力が強まっています。



金価格に対する説明力が最も高いのは実質金利動向だが、短期的にこの説明力が低下しているように見えると新村氏。足元では実質金利動向ではなく、欧州の政局、米国の大統領選挙を睨んだ政治要因に神経質に動いているようです。


ゴールドは長期的には米実質金利の説明力が高いのですが、
期間1年の価格相関は▲0.98となっていますが、
(※実質金利が低下すると金価格が上昇
 実質金利が上昇すると金価格が下落)
この1ヵ月に限ると実質金利の決定係数をドル指数が上回っており
通貨ドルとの相関が強まっているのだそうです。


FRBは金融緩和を2022年頃まで継続する意向を示しているものの
マイナス金利やYCC導入には否定的であることなどから
金融要因からの一段高は見込めない中、
EUと英国のFTA交渉や米大統領選など不確定要素や
政治リスクが高まりに神経質に反応しているようです。

さて、ここからの見通しは?!

新村さんには、原油、銅、農産品などコモディティ全般の
今後の展望をお話いただきました。

大豆やコーンが上昇してきた背景は?!

詳しくはオンデマンド放送で新村さんの解説をお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/episode/7utgTN1B2o8vIwlSTRlQIv

日経225OPから見えるセンチメント [ひろこの番組後記] [マーケット・トレンドPLUS]
2020/10/06(火) 20:14

10月6日火曜日、日経平均は 121.59円高 23433.73円。
トランプ大統領新型コロナ感染などマーケットを揺るがすニュースには事欠かぬ中でも
日経平均は膠着を強めています。

ここからの展望をもと先物オプションディーラー本河裕二氏に伺いました。

まずはラジオNIKKEI特製QUOカードプレゼントのお知らせ!
今日が締め切りです。
http://www.radionikkei.jp/news/present/trendplus-present2009.html
アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で5名様に
「ラジオNIKKEI特製QUOカード」をプレゼント。
番組へのご感想もお寄せください。たくさんのご応募お待ちしております。
https://ssl.radionikkei.jp/event/trendplus-present2009.html

今日の日経平均VIは21。なかなか20を下回りません。
20を下回ってこないことにはリスク許容度が上がらぬ向きも
多いと思いますが、なぜ日経平均は膠着状態の中、VIが下がりきらないのか。

その謎はオプション市場にありそうだと本河氏。
10月6日現在、日経225オプション12月限の
2万円のプットが32600枚。
18000円プットが22353枚。
そしてなんと9500円プットが20480枚と2万枚を超えています。

※2万枚を超えると意識されます。


PUT側にニーズがあるということは下落に備える向きが多いということ。
流石に9500円まで下がると思っている向きがあるとは思いませんが、
本河氏は2月のコロナショックの時にはこうした安値のPUTが急騰、
大きな利益となったことが記憶に新しいとして、
2匹目の泥鰌狙い、、、とはいいませんが、下落に備えるヘッジニーズが
大きくなっていると解説くださいました。


こうした極端に離れたところにあるオプションの存在が
日経VIを高止まりさせている可能性があります。
※実際には当限と次限月で算出されるため12月限は
今のVIには関係がないのですが、引っ張られているのでは?

急落は備えがない楽観ムードの時ほど起こりやすく、
下落への備えがあればあるほど、相場は下がらないものです・・・。

また、東証のシステム障害でも
動じなかったマーケットについても伺いました。
システム障害での取引停止は売りとの連想に繋がりますが、
過去ケースから実際に売られたケースは殆どないと本河氏。


様々な観点から日経平均の現状分析と今後の展望を頂きました。
詳しくはオンデマンド放送で本河氏の解説をお聞きくださいね。
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20201006163000

QUOカードが当たる!マーケット・トレンドPLUSリスナープレゼント明日締め切りです [番組からのお知らせ] [マーケット・トレンドPLUS]
2020/10/05(月) 12:00

マーケット・トレンドPLUSから番組をお聴きの皆様にプレゼントのお知らせです!
アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で5名様に「ラジオNIKKEI特製QUOカード」をプレゼントします。
締め切りは10/6(火)23:59です。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。
番組へのご感想を書いて、是非ご応募ください。たくさんのご応募お待ちしております!

ご応募はこちら!