「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:セグエグループ<東証2部・3968>2019.2.14 [番組放送後記]
2019.02/14 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場セグエグループ株式会社  取締役経営管理部長 福田泰福さん、そして
セグエグループ傘下企業 ジェイズ・コミュニケーション株式会社
事業推進本部営業推進部長代理 
太田博士さんでした。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:エル・ティー・エス<マザーズ・6560>2019.2.7 [番組放送後記]
2019.02/07 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証マザーズ上場株式会社エル・ティー・エス  代表取締役社長 樺島弘明さん でした。


「働き方改革」というキーワードで言えば、まさにその王道的存在であるエル・ティー・エス。
放送翌日に発表された今期2019年12月期決算では営業利益の+11%増益を見込んでいます。

企業一社一社の働き方に合わせた業務の自動化支援を行う"プロフェッショナル事業"、
日本国内に2万8000社あると言われるIT企業のサービスの可視化とマッチング支援を
行う"プラットフォーム事業"を軸に順調な成長を続けています。

働き方改革という旗の下、多くの企業がプロジェクトを組んで業務プロセスの見直しを
行おうとしている中、実際 着手してみると具体的に何をどうすればよいのか? 意外と
とまどうことも多いはず。そういった企業に対し、同社は業務プロセス全体の見直しを
可視化し、設計、アセスメントを実施しています。
特にデジタルテクノロジーを用いての事務処理の自動化支援を得意としているのです。


人材不足、業務のIT化などを背景に、今後ますます企業からのニーズが高まるであろう
同社の戦略を、我らが櫻井所長が鋭い視点で深掘りしていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:セレスポ<東証JQ・9625>2019.1.31 [番組放送後記]
2019.01/31 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証JASDAQ上場株式会社セレスポ  代表取締役社長 稲葉利彦さん でした。


今年に入ってますます注目度が高まってきた2020年夏に開催される
東京オリンピック・パラリンピック。その前に今秋には日本での
ラクビー ワールドカップの開催も控えており、スポーツ業界はまさに
"ゴールデン・イヤー"を迎えようとしています。

そんな中 今回ご登場いただいた「セレスポ」稲葉社長。
「セレスポ」という名前が示す通り、ありとあらゆるイベントやスポーツの運営を
手掛ける同社は1977年に創業しました。

イベントやスポーツといっても創業当時は地鎮祭や運動会などが中心。
それが今では15万人規模のイベントや国体の開会式、国際競技大会の運営までを
手掛けるまでに成長。
2010年から始まった中期経営計画も現在 第4弾となっていますが、
数字で比較してみると中経開始当初の2010年3月期と前期2018年3月期では
売上高で+70%、営業利益で13倍、株価は6倍、配当は3.5倍と
その成長度合いの大きさを実感することができます。

超大型スポーツ案件も含む現在進行中の中期経営計画第4弾(2018~2020年)の
テーマは「最大収益の追及とレガシーの獲得」とのことで、今後同社がこの
テーマをどこまで最大化して実現していくことができるのか注目です。


国を挙げての大型案件を控え、なかなか現時点で公にできない部分も
ある中で(苦笑)、今後の同社の事業展開や注目ポイントを、我らが櫻井所長が
その骨格となる部分を導き出していきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:コモンズ投信<非上場>2019.01.24 [番組放送後記]
2019.01/24 番組ディレクター 記事URL




今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』、いかがでしたか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
コモンズ投信株式会社 代表取締役社長&CIO 伊井哲郎さん でした。


米中貿易摩擦、欧州経済への先行き不安、そして世界経済の減速懸念と、
ファンダメンタルズでみれば決して明るい話題ばかりではありません。
そんな中、日本をはじめ世界各国では財政を刺激した景気対策で迎え撃とうと
奮闘しています。

さらに一時期の過熱感が収まりつつある今、かえって優良銘柄には
絶好の買い場を迎えているものも。


一年の初め、1月になるとご登場いただくことの多い伊井社長に、
2019年の相場見通しも含め、個人投資家のみなさんに投資にあたっての
心構え等をじっくりとお話いただきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。



「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ラクーンホールディングス<東証1部・3031>2019.1.17 [番組放送後記]
2019.01/17 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場株式会社ラクーンホールディングス  取締役副社長兼経営管理本部長
今野智さん 
でした。


昨年11月1日に持ち株会社化し、社名も「ラクーンホールディングス」とした同社。
Eコマース事業、フィナンシャル事業(売掛保証事業・事業用家賃保証)を2本柱としてきた
同社ですが、今後はさらに新規事情やM&Aなども積極的に行っていく方針で
ホールディングス化したのもその体制づくりを強化するためです。

その背景となっているのが、より一層の成長率を求めてのこと。
BtoBという企業間取引の積み上げ型のビジネスを主としてきたことで、これまで
9年連続で増収増益を果たしてきた同社ですが、成長率の面ではやや勢いに欠ける部分も
あったとのことで、この部分を強化していきたいとの思いがあってのことでした。

具体的にはEBITDAを採用し、現在の5億2000万円からなるべく早い段階で
10億円達成を目指したいと今野副社長。

そのための布石としてM&Aにより家賃保証事業を手掛けるALEMO社を
傘下に収めたり、社内起業家を募って支援するアントレプレナー制度をスタート
するなど積極的な展開を行っています。


新たなステージに踏み出した今後の同社の取り組みについて、
我らが櫻井所長が丁寧に切り出していきます。



番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:PCIホールディングス<東証1部・3918>2019.1.10 [番組放送後記]
2019.01/10 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場PCIホールディングス株式会社  事業企画本部事業企画室長兼IR担当部長
阿部貴博さん 
でした。


情報サービス・IT事業の純粋持ち株会社で傘下に6社をおさめるPCIホールディングス。
その中でもホールディングスは事業企画の立案やIRなどの情報開示、さらにグループの
内部統制を担っています。

主な事業領域としては半導体に組み込まれるソフトウェアの開発とそれを組み込む
「エンベデット・ソリューション」、銀行・証券・生損保・流通・小売業など多種多様な
事業領域のニーズに合わせた技術開発を行う「ビジネス・ソリューション」、
メーカーの要望に合わせた半導体設計と後工程におけるテストを実施する
「半導体ソリューション」、そして同社が今後の成長戦略の一つとして位置付ける
「IoT/ IoEソリューション」と4つのメイン事業に大別されます。

さらにPCIホールディングスといえば米国政府機関でも採用され約20年もの間 破られた
ことのない最強サイバーセキュリティシステム「AppGuard」の日本国内における
マスターディストリビューターとしても注目を集めています。


基幹事業であるエンベデットソリューションとともに究極のセキュリティと謳われる
AppGuardを加え、同社の掲げる"安心・安全・豊かな社会"を来るIoT/IoE社会に
おけるリーディングカンパニーとなることで実現すべく、未来志向の取り組みを着々と
進めています。

そんな同社の気になる今後の事業展開を、バックグラウンドの雰囲気なども交えながら
我らが櫻井所長が鮮やかに切り出していきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:立教中学・高等学校数理研究部 2018.12.27 [番組放送後記]
2018.12/27 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』、今年最後となるゲストは年末恒例!
立教池袋中学・高等学校数理研究部
から高等学校3年の橋本世央くん、高等学校2年の神野優紀くん
そして高等学校1年の大日蒼くん
でした。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひradikoのタイムフリーもしくはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。



「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:グレイステクノロジー<東証1部・6541>2018.12.20 [番組放送後記]
2018.12/20 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場グレイステクノロジー株式会社  代表取締役 松村幸治さん でした。


BtoB製品の技術者向けマニュアルに特化し、創業当初からマニュアル
制作専門会社として業界内でも唯一無二の存在である「グレイステクノロジー」。


たかだかマニュアルと思うなかれこのマニュアルというのは実は大切な
存在で、マニュアルさえきちんとしていれば、今ある苦情やコストの約7割が
カットできるのだそう。

某半導体製造で有名な大手企業では、このマニュアル制作の重要性は
認識しているため、工場の稼働を一日ストップしてまでマニュアル制作に
時間を割いているのだとか。

そしてそのマニュアルも時代の変化とともに進化し、いまやAIを活用しての
完全誘導型マニュアルへと発展を遂げています。


これまでペーパーに記載されていたマニュアル・データをAIに認識させる
ことで、事故やミスなども減って従業員教育の期間も圧縮が可能に。
さらに蓄積された技術の伝承が可能になり、時代や世代を超えて技術や
知識を共有できるというメリットも。そして何より、これまで膨大な量の
ペーパーを要しそれなりに場所もとっていたマニュアルがクラウド化できるのは
最大の魅力の一つと言えるでしょう。


一見アナログ的存在の「マニュアル」が、いまやAIやITなどを融合させた」
最先端の存在にまで進化を遂げ、同社の成長をさらに加速させようとしている
その過程を、我らが櫻井所長がググッとフォーカスしていきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アステリア<東証1部・3853>2018.12.13 [番組放送後記]
2018.12/13 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
インフォテリア株式会社から10月1日に商号変更した
東証1部上場アステリア株式会社 平野洋一郎 代表取締役社長/CEO でした。

10月1日付で社名を「インフォテリア」から「アステリア」に商号変更。
以前からグリーンをシンボリックカラーとしていた同社ですが、未来感のある
青みのあるグリーンから、よりナチュラルグリーンを基調とし未来永劫反映が
続くことを表現。

そもそも社名の「アステリア」も"星座"を意味する言葉。
何億光年も続く星の命のごとく、という平野社長の思いが込められている
ことを強く感じることができます。

そんな同社はこれまでも"つなぐソフトウェア"をコンセプトに
ソフト開発を行ってきましたが、新たに「新Gravio」を開発。
これまで工場や屋外で専門的に使われがちだったIoTを
誰でも使える・専門家でなくとも使えるものとして、なんとハードウェアまで
一緒につけて普及を加速させようという一手に出たのでした。


ソフトウェアの会社がハードウェアまで一緒にしてソフトウェアを
世に送り出すという、ある意味"コペルニクス的発想"の裏側に秘められた
想いと次世代の戦略とは?
我らが櫻井所長が要所をつきながらわかりやすく解明していきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから......という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ランドコンピュータ<東証1部・3924>2018.12.6 [番組放送後記]
2018.12/06 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社ランドコンピュータ 代表取締役社長 福島嘉章さん でした。


金融系や公共系を中心としたPCソフトを中核事業にしつつ、コンサルからシステム基盤、
保守といったところまでをワンストップで行っていくランドコンピュータ。

実は学校法人からスタートした会社で、20以上の学校関連校を母体にしているの
だそうです。それだけに"教育"というものに対する想いも強く、社員は様々な
業務系有資格者の方が多いそうで、会社もそうした社員ひとりひとりの強い
向上心を積極的に後押ししているとのこと。

システム技術を主軸に据えながらも、最終的にはそれらを支える"人"を
フィーチュアーすることで、2021年3月期までには売上高100億円を
目指すことを掲げた中期経営計画「アタック100」の実現に着実かつ
一歩一歩近づいています。

「こころできまる」というある種アナログ的ともいうべき社是の込められた
想い、同社の心意気が導き出すシステム技術の先端を走る同社の今後の展望を
我らが櫻井所長がひとつひとつ丁寧に掘り下げていきます。


番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。


 全9ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件