「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:エスエルディー<東証JQ・3223>2019.6.20 [番組放送後記]
2019.06/20 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証JASDAQ上場
株式会社エスエルディー 代表取締役社長CEO 伴直樹さん でした。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:シルバーライフ<マザーズ・9262>2019.6.13 [番組放送後記]
2019.06/13 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
株式会社シルバーライフ 代表取締役社長 清水貴久さん でした。


高齢者を対象とした配食サービスを行っているシルバーライフ。
年齢を重ね買い物や食事の支度を自ら行うことが困難になっている高齢者や
要介護の方にとって毎日欠かすことなく安心して食事ができるかどうかという
ことは日常生活の中の優先順位としてはかなり高く、"超"高齢社会を迎えつつある
日本にとってはまさに欠かせない事業に取り組んでいる企業といえるでしょう。

これまでFC加盟店を主流とし、料理はセントラルキッチンで集中調理後に
各店舗で盛り付け。店舗を各地域に密度高く配置することで一店舗あたりの
配達エリアを狭くし効率のよい配達を実現してきました。

さらに最近では配送回数を変更して運賃コストの削減を図るなどし、
2019年7月期の決算見通しは上方修正。売上高は前年比+17.9%、
営業利益+45%、経常利益+43.2%を見込んでいます。

食品価格が高騰する傾向にある中、仕入れ業者の協力も仰ぎつつ原材料費の
伸びの抑制を実現できたことは、売り上げ規模を活かしてのことでしょう。


日本の今後の将来にますます必要性が高まるであろう同社の今後の展望を
我らが櫻井所長が丁寧に掘り出していきます。



番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:GMOペパボ<東証JQ・3633>2019.6.6 [番組放送後記]
2019.06/06 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証JASDAQ上場
GMOペパボ株式会社 代表取締役社長 佐藤健太郎さん でした。


まず最初に、なんといっても耳に残るのは「GMOペパボ」という会社名。
もともと前身となった会社の社名が「ペーパーボーイ・アンド・コー」で
愛称で"ペパボ"と呼ばれていたのがその由来だそう。

そんな「GMOペパボ」が手掛けているのがホスティング事業、EC支援、そして
ハンドメイドマーケットの運営です。

ホスティング事業においては個人向けレンタルサーバの「ロリポップ!」を、
EC支援事業ではネットショップ開業・作成サービスである「カラーミーショップ」を、
そしてハンドメイドマーケット事業では「minne」の運営を行っています。
いずれも個人向けのインターネットサービスとしては国内最大級のサービスであり、
実際に利用されている方やサービス名を耳にしたことがある方も多いと思います。

創業当時から職種や年齢に関係なく面白くできることは無限にあるとして、
「もっとおもしろくできる!」という想いでサービスや企画を生み出し、
運営してきた同社。"おもしろさ"を追求したその先にある同社の展望を
我らが櫻井所長がわかりやすく導き出していきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<マザーズ・6090>2019.5.30 [番組放送後記]
2019.05/30 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 菅野隆二さん でした。


社名の一部"メタボローム"という言葉からメタボ対策を行っていると勘違いしている人、
いませんか?(笑)
 
「メタボローム」というのは生物実験のサンプル内で見つかった低分子化学物質の総体を
指す呼称です。生物というのは生きている限り何らかを"代謝"しているもの。
糖、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、ポリフェノールなどそれら代謝物を網羅的に解析することを
「メタボローム解析」といいます。このメタボローム解析により、
病気であるかどうかを
見極めたり、あるいは食べたものがどういったエネルギーに変わっていくのかを研究または
研究支援を行っているのが、まさに『ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)』
なのです。

さらにHMTを語る上で忘れてならないのが「バイオマーカー」。
「バイオマーカー」というのは、ある疾病についてその存在や進行具合を濃度に反映し、
血液中に測定されるタンパク質等の物質を指す用語のことだそうで、人の身体の
状態を客観的に測定して評価するための指標となるものです。
HMTは特にうつ病のバイオマーカー研究に定評があります。


メタボローム解析などのメタボロニクス事業・受託解析ビジネスが利益エンジンであると
するならば、バイオマーカー事業は成長エンジンと捉えることができるでしょう。

現在 日本の製薬会社では国内で基礎研究を行わない傾向が強まっていますが、
同社においても製薬・バイオ産業の一角として端境期を迎えている時期と言えます。
そんな中でこれまでアカデミア的な意味合いの強かったメタボロニクス事業が
産業界向けに進展しつつあり、より事業と直結しやすくなっているのだそう。
つまりそれだけ利益を生みやすい構造になってきているとも考えることができます。


競争の舞台は国内のみにあらず世界的な規模になりますが、それだけに
桁違いの将来性と可能性を秘めた同社の今後の展望について、我らが
櫻井所長が鋭く深く迫っていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:グレイステクノロジー<東証1部・6541>2019.5.23 [番組放送後記]
2019.05/23 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
グレイステクノロジー株式会社 代表取締役 松村幸治さん でした。


創業以来 マニュアル製作専門会社として一貫してやってきたグレイステクノロジー。
マニュアルと聞くと分厚い冊子だったり、なんだか小難しいことが細かくぎっしり
書かれていたり、なにかと敬遠されがちなイメージを抱いている方も多いかも知れません。

でも"モノづくり"ということを考えた時、特に事業者が扱うような精密機器や
複雑な工業用機械にはやはりマニュアルが必要になってくるのです。さらに言うと
事業ということで考えれば、技術やノウハウといったものの共有や継承において
マニュアルの存在は非常に大切なものになってきます。

とはいえ。
ひと昔前のマニュアルとグレイステクノロジーが手掛けるマニュアルは
大きく異なるのも事実。AIやクラウドなどIT技術の目覚ましい進化により
その形態も、担う役割も、これまでの単なる"マニュアル"とは違った
大きな可能性を秘めたものになっているのです。

その証拠に、グレイステクノロジーが手掛けるマニュアルにいまや
国内のみならず国外からもオファーが殺到。実際 前期の営業利益率は
50%超という驚異の数字を誇っています。

昨年8月、東証マザーズから東証1部に市場変更。
そしていまや東証のみならず海外市場(米国)への上場までもが
視野に入りつつあるという同社の目覚ましい成長ぶりを、我らが櫻井所長が
徹底追跡していきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひポッドキャストでCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アステリア<東証1部・3853>2019.5.16 [番組放送後記]
2019.05/16 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
アステリア株式会社 代表取締役社長/CEO 平野洋一郎さん でした。


"インフォテリア"から社名変更し、マーケットでも「アステリア」という名称が
浸透しつつある同社。業績も順調に推移し、2019年3月期決算においても増収増益、
売上げ・最終利益とも上場来最高を更新。今期についてもさらなる上伸を
見込んでいます。

既存の「ASTERIA Warp」の導入社数は7783社にのぼり「Handbook」も
1500件以上の導入と堅調なことに加え、"デジタルトランスフォーメーション"即ち
企業が事業そのものをデジタル化していく上での経営コンサルティングを行う
デザインサービス事業では国内外の新規顧客を獲得するなど、今の時流をしっかりと
捉えた事業展開を行っています。

そんなアステリアは放送当日のこの日(5月16日)に、次なる一歩として
桃園空港や警察局での実績をもつ台湾のAI技術最大手の「ゴリラ・テクノロジー」社と
AI技術の普及に向けて戦略的業務提携を発表。
ゴリラ・テクノロジー社の画像認識のAIソリューションとアステリア製品を
組み合わせて日本国内で展開していくことになりました。

まさにホット・トピックスとなる気になるゴリラ・テクノロジー社との提携事業の
詳細も含めた今後の同社の気になる動向に我らが櫻井所長が鋭く斬り込んでいきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ナノキャリア<マザーズ・4571>2019.5.9 [番組放送後記]
2019.05/09 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
ナノキャリア株式会社 代表取締役社長 中冨一郎さん でした。


目覚ましい科学の進歩をもってしてもそう簡単にいかないのが創薬の世界。
人間の身体機能や性質そのものにまだまだ解明されていない部分もあるだけに
病気や症状も多岐にわたります。もちろん個人の体質によるところもあるでしょう。
だからこそ、ひと筋縄でいかないのが創薬であるともいえます。

そういった前提条件を前に「ナノテクノロジー」を活用して"選択と集中"を徹底し、
抗がん剤や不妊治療薬の創薬にあたっているナノキャリア。

ミセル化ナノ粒子、免疫チェックポイント阻害剤......と、文系人間には
なかなか理解の難しい言葉もありますが、これらが「新薬」という一つに形となって
結実した際には私たち人類の新たな未来が拓かれることになります。


人類の期待を一身に背負っているといっても過言ではない創薬企業の中でも
今後の躍進が期待される同社の展望を、我らが櫻井所長ができる限りわかりやすく
噛み砕きつつ丁寧に深掘りしていきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:日本システムウエア<東証1部・9739>2019.4.25 [番組放送後記]
2019.04/25 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
日本システムウエア株式会社 企画室長 太田由香さん でした。


マーケットでは「NSW」と言えば馴染み深い人も多いであろう同社。
日本のITの黎明期と言われた1966年に創業し、日本のソフトウエア開発の
草分け的存在でもあります。

システム開発ソリューションや組み込み・制御システム、業務アプリケーションや
デバイス開発、システム運用にいたるまでソリューション・サービスについて
網羅し、日本ンのITインフラを様々な形で支えている、まさに私たちの
現代の生活にはなくてはならない企業なのです。

受注も堅調に推移し、先月4月19日には2019年3月期の業績予想を
上方修正し、過去最高益更新と増配見込みとなることを発表しています。


今後の受注拡大も期待されると同時に、ソフトウエア開発の老舗として
ここまで成長を続けてきた同社の新時代に向けた気になる次なる展開に
ついて、我らが櫻井所長が丁寧に掘り下げていきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:システムインテグレータ<東証1部・3826>2019.4.18 [番組放送後記]
2019.04/18 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社システムインテグレータ 取締役管理本部長 山田ひろみさん でした。


先日4月12日に発表した2019年2月期決算では売上高・利益ともに過去最高を
更新したシステムインテグレータ。今期についても売上高は増収、経常利益でも
増益を見込んでいる一方、純利益が減益見込みとなっていることで「ん?」と
思った方もいらっしゃるかも知れません。

......が、もともと前期の純利益は特別利益の計上があっての数字だったので、
たしかに前期と比較すれば今期は減益とはなるものの、実際のところは着実な
成長ぶりに変わりはないようです。

そんな中、インターネット黎明期の創業から主要部門が着実に成長している
ところで同社が今後 力を入れたいことの一つとして挙がってきたのが、先日
東京大学入学式で話題となった上野千鶴子先生の祝辞の中にもあった
「20%の壁」と同じく理系の女性社員(リケジョ)の積極採用だそう。

もともと時代の一歩先のその先までをも見据えて経営の舵取りを行ってきている
同社なだけに、こうした取り組みの効果についても今後期待すべき点が
多くありそうです。


堅実かつ一歩も二歩もその先を視野に入れた同社の今後の
展望を、我らが櫻井所長が丁寧に掘り下げていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:日本取引所グループ<東証1部・8697>2019.4.11 [番組放送後記]
2019.04/11 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社日本取引所グループ 広報・IR部長 宮司和幸さん でした。

東京証券取引所と大阪証券取引所が2013年1月に経営統合してできた
日本取引所グループ。
遡ればその歴史は古く、明治初期の1878年、創設者の一人として渋沢栄一が
名前を連ねる東京株式取引所と、五代友厚が創設者の大阪株式取引所が
それぞれのルーツです。

企業に対しては機動的な資金調達の場を、
投資家には有効な資産活用の機会を提供、そして価格発見機能を果たす同社は
日本の資本市場を支える存在といっても過言ではないでしょう。

株式取引所創設から140周年を迎え、さらに今後 東証では市場再編も
予定されておりその動向は大いに気になるところ。

その市場再編も含め、なにかと注目ポイントの多い同社の今後の注目点や
展望を我らが櫻井所長がズバリ聞き出していきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

 全10ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件