「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アドソル日進<東証1部・3837>2018.11.15 [番組放送後記]
2018.11/15 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
アドソル日進株式会社 代表取締役社長 上田富三さん でした。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:白鳩<東証JQ・3192>2018.11.8 [番組放送後記]
2018.11/08 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証JASDAQ上場
株式会社 白鳩 代表取締役社長 池上正さん でした。


数年前 櫻井所長が京都にある物流センターを見学して以来、目にしたその圧巻の光景を
忘れられずに事あるごとに「あれはとにかくすごい!!」と言っていた白鳩。

京都に本社と物流センターを構える下着専門のeコマースを展開する小売企業です。

女性のリスナーの方であればおわかりかと思いますが、女性向けインナーというのは
実に多種多様にとんでいます。たとえばブラジャー一つとっても、カップサイズと
アンダーサイズの組み合わせだけで相当数あり、さらにそのカップの種類も機能や形
などによって数種類存在していたりします。そこに加えてカラーバリエーションもある
わけですから、"品揃え"という言葉で片付けるのが安易なことにすら感じてしまうほど
なのです。

そんなインナー商品を、白鳩では商品アイテム数としては1万2800アイテム、
メーカーでいうと165社、ブランドで180種類近く揃えているというのですから
必然的に物流センターでの光景も圧巻、壮観といった言葉がふさわしくなるわけです。

10月25日に発表した中期経営計画では2023年までに売上げ100億円を目指す、
としている同社ですが、同社の展開するeコマースサイトは確かに商品が探しやすく
選びやすい、さらにサイズ・カラー展開も豊富という、インナー専門にこだわった
工夫が数多くなされており、目標達成はかなり現実的なものであるのではないかと
思われます。


ちなみに同社の本社屋は京都拘置所の正面ということで、ある意味24時間
セキュリティーも万全!(笑) さらにこの付近には任天堂、京セラ、さらに日本電産と
日本を代表する名門企業が名を連ね、"伏見バレー" "京都バレー"とも言うべき一画。

そんな"京都バレー" から飛び出した企業として将来的には日本の名門企業と
肩を並べるだけのポテンシャルを秘めた同社の魅力や今後の展望を、我らが櫻井所長が
一つ一つ引き出していきます。


番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:キャピタル・アセット・プランニング<東証2部・3965>2018.11.1 [番組放送後記]
2018.11/01 番組ディレクター 記事URL




今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』、みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証2部上場
株式会社キャピタル・アセット・プランニング 代表取締役社長 北山雅一さん でした。



金融サービス企業IDC Financial Insightsが発表する世界の金融ITサービス企業のランキング
「FinTech Rankings(フィンテック・ランキングス)」で88位にランクインした
キャピタル・アセット・プランニング[以下、CAP]。TOP100にランクインしている日本の
企業は野村総合研究所等わずか5社のみという中でのまさに快挙といえます。

そんなCAPは先日9月18日に、東証JASDAQから東証2部に市場変更を果たし、
企業ミッションである「フィンテックで豊かな老後と円滑な相続・事業承継を創造すること」を
実現すべく、日本におけるフィンテックの牽引者として着実な成長を遂げています。

毎回ご出演の度に、フィンテックにおける最先端の概念をお話してくださる北山社長ですが、
今回新たにキーワードとして挙げていただいたのが「金融ジェロントロジー」です。
今 金融庁も注目する「金融ジェロントロジー」とは、金融老齢学のこと。
"人生100年時代" と言われる日本において、それに合わせた金融サービスやシステムの構築は
必要不可欠かつ急務であるといえます。

金融庁が10月11日に発表した『高齢社会における金融サービスの在り方』という
レポートによると、現在60歳の人が90歳まで生きる確率はなんと47%、さらに95歳まででも
25%にいたるのだとか!!

長寿化の進展はもちろんのこと、さらに人生モデルの多様化(家族構成の変化、離婚家庭や
生涯独身者の増加など)も相俟って、銀行や対面証券をはじめとした金融サービスを取り扱う
金融関連企業では、今以上に商品の見える化やパーソラナイズされたサービス提供が求められて
いくようになります。

これらを実現するカギが、まさに身近なスマホだったりIoTといったインフォメーション
テクノロジーにあるのですが、この分野についてはまさにCAPがこれまで様々なノウハウを
蓄積してきたところでもあります。



なんと28年も前から(それこそ"フィンテック"という言葉ができる前)フィンテックに取り組んで
きた同社の次なる一手を我らが櫻井所長が鋭く斬り込んでいきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoのタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。




「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:JSR<東証1部・4185>2018.10.25 [番組放送後記]
2018.10/25 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
JSR株式会社 代表取締役社長 小柴満信さん でした。


「可能にする、化学を。」をスローガンに掲げるJSR。
もともとは合成ゴム事業を柱とした「日本合成ゴム」でしたが、1997年に
創立40周年を機に「JSR」に社名変更しました。

合成ゴムはもちろんですが、合成ゴムで培った技術を応用し、現在は半導体や
製薬事業にまで進出している同社は、スローガンにある通りゴムやポリマーだけ
でなく、いまや日本の"化学"という大きなカテゴリーを担う企業の一つなのです。

一見 "化学"と聞くとなんとなく一般の私たちからすると遠い存在? と思われがち
ですが、同社が手掛けている製品には液晶テレビやタブレットPC、そしてスマホに
関わるものも多く、むしろ私たちの生活にはなくてはならないものが多数あります。

こんなふうに、私たちの生活からは一見 見えにくいように見えて実は
味方にすれば心強いし、なくてはならない存在であるところから、小柴社長は
同社の存在を「ステルス・カンパニー」だと称されていました。


ついつい最終形である製品にばかり目がいきがちですが、素材がなければ
製品は成り立ちません。その素材を支えるのは紛れもなく"化学"の技術なのです。
そんな目には見えない"ステルス"的な同社の事業や今後の展開を、我らが櫻井所長が
わかりやすくつまびらかにしていきます。


番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:システムインテグレータ<東証1部・3826>2018.10.18 [番組放送後記]
2018.10/18 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社システムインテグレータ 代表取締役社長 梅田弘之さん でした。


1995年というインターネット黎明期の会社創業以降、日本で
初めてとなるeコマースのパッケージ「Web Shopping」を開発して
販売。さらに基幹業務システムのパッケージソフト「GRANDIT」を
開発・販売するなど常に一歩以上先を見据えた自社プロダクトを
アウトプットしてきた「システムインテグレータ」。

そんな梅田社長曰く、世界中が注目し、その動向を注視している「AI」を
自社事業やプロダクトに取り入れるのにあたりに心がけていることは
AIを活用することで自分たちの力が十二分に発揮されることであるかを
見極めることなのだそう。

そしてその心がけは同社の加速度的な成長を支える大きな礎と
なっています。

目を見張る同社の成長性をその期待度を、我らが櫻井所長が
丁寧かつ鋭く迫っていきます。





番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:丸和運輸機関<東証1部・9090>2018.10.11 [番組放送後記]
2018.10/11 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社 丸和運輸機関 代表取締役社長 和佐見勝さん でした。


いまや世界最大のEコマースサイトである「Amazon」の国内物流の担い手として
その名を馳せる丸和運輸機関。「桃太郎便」といえばすぐに頭に思い浮かぶ方も
多いかと思います。

ひと口で"物流"といっても、低温食品物流、医薬医療物流、そして常温物流とその種類も
様々ありますが、同社はそれぞれの分野において成長する市場・成長する顧客に経営資源を
集中的に投下することに成長戦略の主眼をおいてきたといいます。
裏を返せば同社と組んでいる企業を探せば、優良銘柄を見つけることができるとの考え方も!?
(番組内で櫻井所長&正木研究員がそのことに気付いて、目をキラリと輝かせていました・笑)

その結果 1970年にトラック一台で創業した小さな小さな運送会社は、
世界の企業と手を組む日本を代表する物流企業の一つにまで成長しました。

でも和佐見社長のお話をうかがっていると、事業の中で大切にしていることは
意外とシンプルであることに気付かされます。

たとえば配送の際のスタッフの意識付けとして、お客様に"配達する"のではなく"お届けする"
という意識。和佐見社長ご本人も「人の成長なくして、企業の成長はない!」と断言されて
いることからも、実は生身の人間に非常にフォーカスされていることがうかがえます。
多くの経営者がシステムや最先端設備などに言及することが多い中で、和佐見社長のお話は
いい意味で、なんだかとても"血の通った"印象です。


そんな中、今 同社が目標として掲げているのが「ECラストワンマイルのガリバー」。
サービス面も含めてEコマースにおける物流のトップを目指すとしています。

現在でもすでに調達から配送までワンストップ、しかも当日配送を全国で実現している同社。

ECラストワンマイルのガリバーの実現はそう遠くないうちに達成するように思える
同社の成長の軌跡、そして今後の展望を我らが櫻井所長がざっくばらんかつ丁寧に深掘り
していきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:シルバーライフ<マザーズ・9262>2018.10.4 [番組放送後記]
2018.10/04 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
株式会社シルバーライフ 代表取締役社長 清水貴久さん でした。


人間が生きている限り、心配し続けなければいけないこと。
その中でも上位にくることといえば「食事の支度」ではないでしょうか?
もちろん世代によって食事そのものの量や趣向は変化するものの、ほぼ毎日
必要不可欠であることに変わりはありません。

シルバーライフは、そうした"食"という日常生活の欠かせない要素の中でも
特に高齢者を対象とした配食サービスを行っている企業です。
歳を重ねて買い物や食事の支度を自ら行うことが困難になっている高齢者や
要介護の方に手頃な価格で毎日欠かすことなく安心して食事をしてもらう......、
"超"高齢社会を迎えつつある日本にとって欠かせない事業に取り組んでいる
企業であるといえます。

FC加盟店を主流とし、料理はセントラルキッチンで集中調理して各店舗で
盛り付け。店舗を各地域に密度高く配置することで一店舗あたりの配達エリアを
狭くし効率のよい配達を実現しました。

これにより2018年7月期の売上高は前期比24.8%増の65億4700万円、
営業利益は26%増の5億9900万円を達成しています。

一見 普通の企業であればさほど珍しくもない数字のように見えますが、
同社で販売されている弁当はまさに安心価格の"320円"から。
しかもこれは配送料込の値段です。もちろん食事内容によって料金は
異なるとはいえ、平均単価はそれほど高いわけではありませんから、
この数字で65億円超の売上げを実現したということは、それだけニーズの
高さをうかがわせます。

実際 顧客ニーズは右肩上がりで伸び続けているとのことで、FC展開だけで
なくOEM供給も実施しているという同社では、この伸びに対応すべく
設備投資として高稼働を可能とした工場増設も行っているとのこと。

さらにお話をうかがっていくと、こうした配食・配達で蓄積されたノウハウは
他方面やあらたな事業展開を多く予感させます。


今後の気になる同社の事業展望を我らが櫻井所長が一つ一つ丁寧に
掘り下げていきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひradikoタイムフリーまたはポッドキャストでcheckしてみてくださいね。


 

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:エル・ティー・エス<マザーズ・6560>2018.9.27 [番組放送後記]
2018.09/27 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
株式会社エル・ティー・エス 代表取締役社長 樺島弘明さん でした。


突然ですがみなさん、ただいま野良ネコ・野良イヌならぬ"野良ロボ"が増殖中であることを
ご存知でしょうか?

ちょうど2~3年前あたりからRPA=Robotic Process Automation、すなわち
AIなどを搭載したロボットによる業務自動化の取り組みが加速度的に普及。
けれども現実をみてみると、RPAを導入したはよいけれど、使いこなせずに費用対効果も
悪い......という企業がかなりの数、存在しているのです。

つまりRPAによって導入はされたものの、使いこなされずに放置プレイ上状態になって
しまっている彼ら(?)こそが、まさに"野良ロボ"たちというわけです。

エル・ティーエスは、こうした野良ロボを抱えている企業をはじめ、デジタルシフトを
図る企業の指南役となり支援を行う企業。
RPAやアルゴリズムをもったソフトウェアを売るというより、本来はこれらが
どうやって使われるべきなのかをきちんと説明した上で支援を行っていく...という
流れです。

国を挙げての「働き方改革」が叫ばれる中、AIやロボットを導入しての
作業効率化は企業の命題であると言えますが、単にそれらを導入しても使いこなせなければ
単なる無用の長物でしかないのです。

そういった意味で、今後エル・ティー・エスのような役割を果たす企業の需要は、
今後ますます拡がっていくものと思われます。

IT用語やシステム用語が多々飛び出す中、みなさんが"野良化"しないように(笑)、
我らが櫻井所長が指南役となって同社の取り組みをわかりやすく紐解いていきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:プレミアグループ<東証2部・7199>2018.09.20 [番組放送後記]
2018.09/20 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場プレミアグループ株式会社 柴田洋一 代表取締役社長 でした。


突然ですが、みなさんは自動車を買われる際、どうやって買われますか?
現金一括、それともローンを組んでコツコツ返済???
プレミアグループの事業は、こうした自動車の買い方の概念を、今後大きく
変えていくものであるといえます。


プレミアグループの主力事業は、「オート・クレジット事業」と
「ワランティー事業」を主軸としたカーライフのトータルサポートです。

「オート・クレジット」は自動車ローン、そしてちょっと聴きなれない
「ワランティー事業」は一言で言うと自動車補償事業...、つまり自動車が
故障した際の修理代をすべて補償する、といったことになります。
特に補償のついていない中古車にとっては非常にありがたいサービスで
あるといえます。

プレミアグループの強みともいえるのが、同社がいわゆる銀行系の
子会社などではなく独立系であるということ。
というのも銀行系は親会社に帰属するゆえ銀行法などに縛られることが多く
サービス設定に大きな縛りが生じてしまうことが多いのですが、
同社のように独立系であることは、たとえば"カーライフ"に特化した
サービスを展開する際にそれにふさわしい商品設計が行いやすくなる、
と考えることができます。


ところで日本国内で自動車を買う場合、現在のところは圧倒的に現金払いで
買う人の方が多いのだそうで、ローンを組んで買う人は現状3~4割程度
なのだとか。

ただ同社では"現金がないからローンを組む"ということではなく、
他のことに資金を有効利用するために上手にこうしたローンを利用して欲しい......、
というのが本来の考え。


たしかに「車」は決して安い買い物ではないし、お金がかかる場面は多数ある
わけですから、車にかける月々の負担を軽くしてその分を他にまわせれば、
車も手に入れることができ、物質的にも精神的にも余裕ができるようになります。
(もちろんローンの返済は計画的に......、ではあります)



注目される同社の今後や事業展望などについて、我らが櫻井所長が丁寧かつ
わかりやすく柴田社長からうかがっていきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アイリッジ<マザーズ・3917>2018.9.13 [番組放送後記]
2018.09/13 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
株式会社アイリッジ 代表取締役社長 小田健太郎 さん でした。


先日9月7日に2018年7月期の決算発表を行ったアイリッジ。
増収減益となったその内容に、将来に向けた先行投資による前向きなコスト増を
みることができます。

インターネット関連の広告事業や決済関連事業を行っている「デジタルガレージ<4819>」
との資本業務提携により主力のO2O(=オンライン to オフライン)事業における
ターゲット顧客の拡大、さらにもう一つのアイリッジの看板事業ともいえる電子地域通貨
事業の分社化などを、ここ2ヶ月余りの間に次々と決行!!

そのスピード感は大小規模感こそ違うかも知れませんが、ソフトバンクの孫正義氏に
勝るとも劣らないほどです。

そして「Tech Tommorow =テクノロジーを活用して、わたしたちがつくったサービスで、
 昨日よりも便利な生活を創る」というミッションの下、アイリッジ・グループ全体で
一丸となって新しい事業の立ち上げと成長を遂げていこうとしています。

こうした動きについて小田社長ご本人は
「世の中の"半歩先"をいく」おっしゃっています。
世の中の先をいくといっても、2歩、3歩先だとなかなかビジネスになりにくい。
でも半歩先であれば、ちゃんとビジネスとして成り立つ現実的な流れである、と。

この表現に、単なるスピード感重視ではない、実現可能な着実な事業計画を
垣間見ることができます。

さらに今回は"O2O"、電子地域通貨に加え、国内初となるスマートスピーカー向けアプリ
「NOID(ノイド)」リリースについても!
スマートスピーカーすなわちAIスピーカーの存在は、今年に入って
よりクローズアップされているだけに、櫻井所長、正木研究員も興味津々でした。


前回 ご出演いただいた3月からまだ半年ほどしかたっていないとは
思えないほどの加速度的な成長を果たしているアイリッジの気になる今後の
展開を、我らが櫻井所長がぐぐーっと迫っていきます。


番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。


 全7ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 次の10件