「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:日本システムウエア<東証1部・9739>2019.4.25 [番組放送後記]
2019/04/25(木) 18:10




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
日本システムウエア株式会社 企画室長 太田由香さん でした。


マーケットでは「NSW」と言えば馴染み深い人も多いであろう同社。
日本のITの黎明期と言われた1966年に創業し、日本のソフトウエア開発の
草分け的存在でもあります。

システム開発ソリューションや組み込み・制御システム、業務アプリケーションや
デバイス開発、システム運用にいたるまでソリューション・サービスについて
網羅し、日本ンのITインフラを様々な形で支えている、まさに私たちの
現代の生活にはなくてはならない企業なのです。

受注も堅調に推移し、先月4月19日には2019年3月期の業績予想を
上方修正し、過去最高益更新と増配見込みとなることを発表しています。


今後の受注拡大も期待されると同時に、ソフトウエア開発の老舗として
ここまで成長を続けてきた同社の新時代に向けた気になる次なる展開に
ついて、我らが櫻井所長が丁寧に掘り下げていきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:システムインテグレータ<東証1部・3826>2019.4.18 [番組放送後記]
2019/04/18(木) 18:00




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社システムインテグレータ 取締役管理本部長 山田ひろみさん でした。


先日4月12日に発表した2019年2月期決算では売上高・利益ともに過去最高を
更新したシステムインテグレータ。今期についても売上高は増収、経常利益でも
増益を見込んでいる一方、純利益が減益見込みとなっていることで「ん?」と
思った方もいらっしゃるかも知れません。

......が、もともと前期の純利益は特別利益の計上があっての数字だったので、
たしかに前期と比較すれば今期は減益とはなるものの、実際のところは着実な
成長ぶりに変わりはないようです。

そんな中、インターネット黎明期の創業から主要部門が着実に成長している
ところで同社が今後 力を入れたいことの一つとして挙がってきたのが、先日
東京大学入学式で話題となった上野千鶴子先生の祝辞の中にもあった
「20%の壁」と同じく理系の女性社員(リケジョ)の積極採用だそう。

もともと時代の一歩先のその先までをも見据えて経営の舵取りを行ってきている
同社なだけに、こうした取り組みの効果についても今後期待すべき点が
多くありそうです。


堅実かつ一歩も二歩もその先を視野に入れた同社の今後の
展望を、我らが櫻井所長が丁寧に掘り下げていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:日本取引所グループ<東証1部・8697>2019.4.11 [番組放送後記]
2019/04/11(木) 18:15




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社日本取引所グループ 広報・IR部長 宮司和幸さん でした。

東京証券取引所と大阪証券取引所が2013年1月に経営統合してできた
日本取引所グループ。
遡ればその歴史は古く、明治初期の1878年、創設者の一人として渋沢栄一が
名前を連ねる東京株式取引所と、五代友厚が創設者の大阪株式取引所が
それぞれのルーツです。

企業に対しては機動的な資金調達の場を、
投資家には有効な資産活用の機会を提供、そして価格発見機能を果たす同社は
日本の資本市場を支える存在といっても過言ではないでしょう。

株式取引所創設から140周年を迎え、さらに今後 東証では市場再編も
予定されておりその動向は大いに気になるところ。

その市場再編も含め、なにかと注目ポイントの多い同社の今後の注目点や
展望を我らが櫻井所長がズバリ聞き出していきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ANAP<東証JQ・3189>2019.4.4 [番組放送後記]
2019/04/04(木) 18:00




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証JASDAQ上場
株式会社ANAP 代表取締役社長 家髙利康さん でした。


「楽しくないとモチベーションは上がらないから!」
そう言い切って創業当時からとにかく楽しい空間を創造することに徹して
いるという家髙社長。

多くの女性が "洋服を買う" ことにトキメキを感じる一方、SNSやネットの
普及により、その買い方は大きく変化しました。

......が。時代は単なる消費からイベント型のコト消費へ。
そんな流れもあってかここへきてネットだけではなくリアルの実店舗の
売上げも好調をキープ。ネットからリアルにお客さんが戻ってきてるのだそう。

リアルな店舗が、色々なものを詰め込んだ楽しいイメージであることを
何よりも大切しているという家髙社長ですが、そのためには働いている側の
作業負担も考えて、業務効率化のためのAI・IT化にも積極的に取り組んで
います。

売り方も製品ラインナップなど、時代に合わせて買えていかなければ
ならないこの時代で、単に変化するのではなく"創造して進化"しなければ
生き残ってはいけません。

流行に最も敏感な業種の一つであるからこそ、柔軟かつ斬新な視点での
経営で今後も目が離せない同社の魅力を、我らが櫻井所長が鮮やかに
切り出していきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。