「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:インフォテリア<東証1部・3853>2018.06.28 [番組放送後記]
2018/06/28(木) 18:30



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場インフォテリア株式会社 平野洋一郎 代表取締役社長/CEO でした。


6月18日に発表した同社の新・中期経営計画。2年後となる2020年度の
売上高を前期の約1.6倍となる50億円、営業利益を1.7倍となる10億円、
さらに海外比率50%、そして営業利益率20%とするという頼もしい数字を
掲げたものの、中期経営計画発表後の株価はいまひとつ冴えず。

実はその原因が2018年度(今期)業績予想で、営業利益を前期5億8000万円に対し
今期2億5000万円としたため。
未来の成長力よりも目先の業績予想に反応する結果となってしまったのでした。

しかし。
この減益については、まさに新・中期経営計画を実現するための布石であると
声を大にして指摘する櫻井所長。というのもこの減益の背景にあるのが、
まさにこれから勝負をかけるための開発費や人材採用などへの投資や、今後
国内のみならずグローバル展開をしていくための新製品・新領域のマーケティングの
強化にあるからなのです。

企業用の汎用ソフトの開発・販売を主軸とするインフォテリア。
特に主力製品の「ASTERIA WARP」は前年度のライセンスを15%以上上回る
好調ぶり。さらにも一つの主要製品である「Handbook」も安定成長を続け、
この2製品の粗利は現在8割にも及ぶのだそう。

その一方でソフトウェアの領域はもはや国内にとどまらず、グローバルに、
そしてクラウドベースでの競争が展開されつつあります。競合企業も
世界的な名だたる企業が相手となってきます。

これについて平野社長は新・中期経営計画の中で
「変化が激しく世界的な成長が繰り広げられる環境で、投資なくして成長なし!」と
おっしゃっています。

だからこそ、今回目先を減益としつつも先行投資に力点をおいたわけです。


ちなみに。
今回「新・中期経営計画」を打ち出したのも、2016年5月に発表した(旧)中期系計画を
前倒しでほぼ達成してしまったため。

たしかな製品力と攻めの経営姿勢で新たなステージに踏み出す同社の
今後の事業展開と魅力を、我らが櫻井所長が徹底的に深掘りしていきます。


番組をお聴きになった方も、まだこれから......という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ランドコンピュータ<東証1部・3924>2018.6.21 [番組放送後記]
2018/06/21(木) 23:30



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社ランドコンピュータ 代表取締役社長 諸島伸治さん でした。


5月30日付で東証2部から東証1部に市場変更となったランドコンピュータ。
金融系や公共系を中心としたPCソフトが中核事業ですが、昨今では単なる
ソフトにはとどまらず、コンサルからシステム基盤、保守といったところを
ワンストップで行っていくというスタイルが特色となりつつあります。

デジタルビジネスが主流になる中でこれまでの既存のやり方では通じず、
ビジネスモデルそのものを変えていかなけれならなくなった今、
実は当初から明確に必要なものが見えているわけではない場合も多く
なっています。だからこそ部分部分を切り取った形ではなく、トータルで
お客様に寄り添うことを目指しているとのこと。


こうした中 同社が中期経営計画として掲げているのが「アタック100」。
2021年3月期までに売上高100億円を目指すというものです。

この中期経営計画達成のため、同社は人材育成への重点投資を積極的に
行っています。
システムやソフトを主力としている企業ではハード面での技術に
目がいきがちですが、こういったものを企画し、作り出していくのは
最終的に"人"です。

技術力、業務知識、品質に裏付けされた強固な顧客基盤。
同社の強みであるこれらを支え続けているのはやはり人の力であり、
だからこそ同社では社員自らも1名あたりなんらか3件の有資格者で
あるといったふうに、社員一人一人が強い向上心をもって業務に
あたっているのです。


システム技術の分野で先端を走りつつも、同社の社是が
「こころできまる」という点に深い感銘を受けた我らが櫻井所長が、
気になる同社の今後の事業展望を丁寧に紐解いていきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから......という方も、ぜひオンデマンドで
CHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:京浜急行電鉄<東証1部・9006>2018.6.14 [番組放送後記]
2018/06/14(木) 18:31



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
京急電鉄株式会社 取締役 渡辺静義さん でした。


昨年10月から創業120周年の様々なイベントや新たな取り組みを行っている
京浜急行電鉄。その一環として来年には本社社屋の横浜への移転を控えています。

現在、北は品川から南は三浦半島まで営業キロ数87kmほどですが、
空の玄関口である羽田空港や新幹線停車駅でもある品川駅といった
日本の交通の要所エリアをカバーしており、まさに重要路線を運行する
鉄道会社であるといえます。

陸の玄関・品川、空の玄関・羽田、海の玄関・横浜。
京急三都物語ならぬ、陸・空・海の日本の玄関口には京急あり!と
いった感じです。


そんな同社は前期2017年度は本業部分での運輸人員、運輸収入が
創業120年にあって過去最高を記録。沿線人口の増加やインバウンド効果が
寄与しました。さらに不動産事業、レジャー・サービス事業、流通業と、
好調な本業とともに積極的な多角化経営を推進。

ただここで忘れてはならないのが、あくまでもこの多角化経営は
本業である鉄道事業の沿線エリアの活性化につながるものであるという
こと。ゲストにお越しいただいた渡辺取締役も
「沿線の活性化なくして、我が社の発展はない」と言い切っていらっしゃい
ました。

沿線のホームでカメラを携え待ち構えている鉄道ファンが多いのも、
同社の沿線への熱い想いが伝わっているからこそなのかも知れません。


鉄道ファンのみならずとも、聞けばついついファンになってしまう
同社の魅力を、我らが櫻井所長が余すことなく徹底解剖していきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから......という方も、ぜひオンデマンドで
CHECKしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ウェルビー<マザーズ・6556>2018.6.7 [番組放送後記]
2018/06/07(木) 18:04




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
ウェルビー株式会社 代表取締役社長 大田誠さん でした。


ウェルビーは一般就労を希望する障がいのある方のための就労以降支援事業と
発達障がいのある児童発達支援事業を行っている企業で、2011年12月創業、
そして2017年10月に東証マザーズに上場しました。

今でこそ著名人が自ら発達障がいがあることを告白するなど"発達障がい"そのものに
対する一般的な認知も高まりつつありますが、2011年の創業当時にはまだまだ
社会的理解は低かったといいます。

また「障がい者雇用」といった場合、身体に障がいのある人や知的障がいの方の
受け入れ先は意外と多いものの、精神障がいとなるとその枠も格段に少なくなる
のが実情でした(とはいえ、日本における障がいのある方への雇用はまだまだ
開かれたものであるとはいえないと思いますが...)。


そういった中で同社は精神障がいや発達障がいがある方たちが社会に出て
自立していくことができるよう半年~1年かけて就労訓練などを行いつつ、
ひとりひとりの方の症状を細かく分析しまとめた"取扱い説明書"を作成し、
障がいのある方が実際に就労する際、雇用者にその取扱い説明書を
渡すことで、雇用する側・働く側の相互理解を深める取組みも行っています。

こうしたきめ細やかな支援が奏功し、これまで軽作業が多かった働き先も
同社を通じた場合は6割が事務職を占めるなど、障がいのある方の成長と
活躍の場の拡大に貢献しているといえます。


障がい者支援、障がい者福祉というと、一般的にはどうしてもボランティア的な
イメージが強いと思いますが、ボランティアであることによってその取り組みを
継続することが困難になってしまうケースが多々見受けられます。

だからこそ同社は敢えて「事業」として確立していくことで、障がい者支援に
継続的に取り組んでいきたいといいます。

こうした中、2019年3月期通期では売上高27.5%増、営業利益27.9%増、
そして純利益は18.4%増と2桁増収増益を見込んでします。


社会的存在意義の高さとさらなる成長が渇望される同社の今後を、
櫻井所長、正木研究員が徹底深掘りしていきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。