「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:フロイント産業<東証JQ・6312>2018.05.31 [番組放送後記]
2018/05/31(木) 18:07



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

本日のゲストは 東証JASDAQ上場
フロイント産業株式会社コーポレート・コミュニケーション部 部長 津久井弘昭さん でした。


"薬をつくるための機械をつくる"という世界でも稀有な存在のフロイント産業。
稀有な存在であるからこそ、もちろんその技術も他社には真似できない高度なものを
たくさん保持していらっしゃいます。

その技術を駆使し、まず医薬に関わる分野では、錠剤への印刷機や薬を製造する際の
工程を効率化するための連続生産装置の開発を積極的に進めています。

さらに医薬製造というミクロン単位での粉砕・コーティングなどの技術は
緻密かつ高度であるがゆえに産業用としても応用され、いまやリチウムイオン電池の
製造工程にまで同社の基礎技術が使われているのです。


こうした高度な技術をもとに、同社が打ち出した「第7次中期経営計画」は
3つ1(ワン)を通して成長していく、フロイントグループの将来に向けた
"こうありたい姿"を表したもの。

具体的には......、
★ナンバー1 特別な価値の創造
★オンリー1 完全顧客視点
★ビー1   ネットワーキング(グループの一体化)

これらを実現しつつ、2020年2月期には売上高300億円、営業利益30億円、
営業利益率10%、そしてROE8%という数値目標の達成を掲げています。

医療費削減が叫ばれ製薬業界にとっては逆風が吹く時代ですが、
その一方で日本国内では高齢化が進んで薬そのものの需要は確実に増加。
さらに海外では中国、インドという世界1位、2位の人口数を誇る両国が
現在著しい経済成長を遂げる中で、経済的余裕から薬への需要が着実に
伸びつつあります。

こうした社会現象を背景に好機到来ともいえる同社の今後のさらなる
成長の行方を、我らが櫻井所長が徹底解剖していきます。


番組をお聴きになった方はもう一度復習がてらに、そしてまだこれから......という方も、
ぜひオンデマンドをCHECKしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アイビーシー<東証1部・3920>2018.05.24 [番組放送後記]
2018/05/24(木) 18:00



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場アイビーシー株式会社 加藤裕之代表取締役社長 でした。


先日5月18日に2018年9月期第2Qの決算を発表したアイビーシー。
なんと10期連続増収という絶好調ぶりとのことで、その好調の起因を聞きだすべく
我らが櫻井所長&正木研究員も気合いを入れて本番に臨みました。

本来 "ネットワークインフラを可視化する" というのが主な事業である同社は
可視化するためのツールを自社開発し、性能情報を溜め込んだりそれらを
利用してコスト削減できるソリューションを提案・コンサルティングしています。

そんな同社にとって現在、主力となりつつあるのがシステム情報監視システムである
「System Answer G3」、ネットワーク性能監視ツールとして次世代MPSサービスである
「SAMS」、そしてブロックチェーン技術を利用したIoTディバイス向けのセキュリティ
システムである「kusabi」です。

単なるクラウンド化ではなくいまや"ハイブリッドクラウド"となり、
より高度なネットワークインフラの可視化が求められるようになってきた中で、
同社は新たな成長エンジンを次々と生み出しながら「ITど真ん中」企業として果敢に
未来への布石を打ち続けています。


進化のスピード感もさることながら、クオリティの維持には越えなければならない
既存システムの高い壁があったり、開発にあたってコスト面での効率性の見極めが
何かと難しいIT業界にあって、新たな成長エンジンを絶やさずさらに稼働させる
ための発想や今後の戦略を、加藤社長から櫻井所長が余すことなく聞き出していきます。

番組をお聴きになった方はもう一度復習がてらに、そしてまだこれから......という方も、
ぜひオンデマンドをCHECKしてみてくださいね。


「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アンジェス<マザーズ・4563>2018.5.17 [番組放送後記]
2018/05/17(木) 18:57




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
アンジェス株式会社 代表取締役社長 山田 英さんでした。


今年1月、重症虚血肢を対象とした遺伝子治療薬の国内承認申請を
行ったアンジェス。
これが承認されれば国内初の遺伝子治療薬になるのだそう。

承認されるかされないかが判明するのには1年ほどかかるとのことですが、
アンジェスは遺伝子医薬のグローバル・リーダーを目指し、日夜
研究開発に取り組んでいます。


同社の事業展開の特徴は大きく分けると3つ。
まず一つは遺伝子医薬の研究開発に特化していること、
二つ目は現状 有効な治療法のない疾患・病気を対象としていること、
そして三つ目は国内外の製薬会社と戦略的提携を行っていることです。

本来 医薬品の開発は多くの場合、10年前後の月日を必要とするものです。
そういった意味では目先の動きに捉われがちな株式市場においては
なかなか評価が難しいかも知れません。

ただ医薬品開発の成功を一番に願っているのは、現状有効な治療法が
見つからず途方に暮れていたり、新薬の効能に一縷の望みをつないでいる
患者の方々のはず。

アンジェスではこうした患者の方々の期待に応えるため、限られた
資源を有効活用するための製薬会社との戦略的提携や、研究開発のための
安定した資金調達にも取り組んでいるそうです。



現時点では研究開発の途上であるものも多いものの、先述した重症虚血肢の
遺伝子治療薬の承認申請を皮切りに今後も積極的な事業展開を目指して
いきたいとする同社の注目点に、我らが櫻井所長が鮮やかに斬り込んで
いきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。



「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ディップ<東証1部・2379>2018.05.10 [番組放送後記]
2018/05/10(木) 19:00



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場ディップ株式会社 岩田和久 取締役COO でした。


「バイトル」や「はたらこねっと」など日本最大級の派遣求人サイトを
運営しているディップ。

"ディップ=dip"というその社名はdream、idea、passionの頭文字を
組み合わせたものだそうで、実際 社内ではプロモーションなどのアイデアを
社員から募る仕組みがあったり社風そのものにも夢とアイデアと情熱が満ち溢れて
いる様子がうかがえます。

求人サイトはこれまでにも多く存在していましたが、ディップが創業当初から
一貫しているのが紙媒体での展開を行わず、ネット媒体やスマホなどの
モバイル媒体での展開にその的を絞ってきたこと。

様々な業界で人手不足が叫ばれる中、いまや若い人の多くはネット媒体から
情報を得る時代。当初からネットやスマホ媒体での展開に照準を合わせてきた
同社には、まさに現状は追い風と言えます。

さらにこの追い風の勢いのまま、ネット展開に優位性があるからこそできる
職場の現場の動画の公開を行ったり、業界初となる仕事体験応募・職場見学応募
機能をリリースするなど積極的に新規展開を行っています。


某アイドルグループのCM起用により若者からの圧倒的認知度を誇る同社の
魅力や気になる今後の展開を、我らが櫻井所長が丁寧に切り出していきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。