「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アドソル日進(3837・東証1部)2018.03.29 [番組放送後記]
2018/03/29(木) 23:57 番組ディレクター



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場アドソル日進株式会社 上田富三 代表取締役社長 でした。


「IoT」から「IoX」へ。
インターネットを活用してあらゆる機器や装置をつないでいくのが
IoT=Internet Of Thingsだとすると、さらにその先は人やサービスと
いったあらゆるカテゴリーをつないでいくという概念が「IoX」であると
言えます。

そしてこの「IoX」を全面に打ち出す先進企業こそが
アドソル日進です。


アドソル日進の主軸事業は次の3つ。

まず一つは電力、ガス、道路、防災などのライフラインに関わる
社会インフラについてコンサル・開発・設計・保守をワンストップで行う
社会システムのインフラシステム開発。
次に挙げられるのが IoTにおける産業機器、医療機器などの装置・機器の
ソフト開発。
そして三つ目がサイバー攻撃におけるソリューション提供を行っている
インターネットセキュリティです。

これら三事業におけるアドソル日進の顧客は、まさに日本を代表する
トップ企業や公共機関などとなっており、国内(というより世界的にみても)に
おけるIT技術の高さはトップクラスを誇っています。

その技術力の高さはインテルの半導体や英アーム社の半導体にも
対応するセキュリティソリューション「LynxSecure」の日本総代理店で
あることからも窺い知ることができます。

産業機器や医療機器、さらに宇宙や防衛関連など高度なIT技術を
必要とされる事業では一般で愛用されている"Windows"のようなOSではなく
リアルタイムOSと呼ばれるOSが採用されています。このようなOSは
事業の機密性も非常に高いことが多いことから、一般のネットワークから
隔離・遮断を行う特殊なセキュリティ機能のあるソリューションが必要です。

「LynxSecure」は、まさにこのリアルタイムOSに対応する国内では唯一の
組み込み型セキュリティソリューションなのです。


......ここまで書くと、ITが苦手な方にはその実態を掴むのが難しく感じられて
しまうかも知れませんが、そこは我らが櫻井所長! 日本を代表するIoTの
総合エンジニアリング企業である同社の魅力や今後の注目点を、経営トップ
である上田社長からわかりやすく聞き出してくれています。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。

コメント