[目指せ株資金倍増]北朝鮮リスクの暗雲晴れずながら、底値固まる兆し見えた。
2017/09/06(水) 15:37 北浜流一郎
日経平均は27・84円安。
北朝鮮リスクはなお晴れず、
投資マインドは盛り上がらぬままでしたが、
売り一色ではなくなりました。

今日の「株式宅配便」は寄付き前から、
「株が上がるぞ水曜日」にはなるまい。
こう予想していたため、27・84円安はむしろ歓迎したいくらいです。

北朝鮮の建国記念日が9月9日であることを考えると、
100円以上の下げがあってもおかしくなかったですからね。

しかしそれはありませんでした。
それどころか、意外に底固かったといえるのではないでしょうか。



明日は勢いがついて反発。
こうあって欲しいものですが、
それがないとしても、来週前半には落ち着きを取り戻すと考えられるため、
いまはそれを待ちたいですね。

私はこんな厳しい状況下では大抵、

自律反発を待とう

と提言します。
今日の番組でも同じ提案をさせていただきました。
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

なお今日の株価分析ソフト「卑弥呼の決断」コーナーでは、
株価が底値圏から立ち上がる銘柄を教えてくれる「谷のお告げ」が選んだ、
ニチアス株(4月17日選択)を紹介しました。

同社株を翌日寄付き1327円で購入したとすれば、
その後いくらになっているか。

1327円まで上がったので、286000円の利益が出たことになります。

その全額を確保するのは難しいものの、270000円は利益を得られたでしょう。
いまはこんな銘柄が結構、多数あるのです。
株式投資に真剣に取り組みたいですね。

株式市場は必ずそれにこたえてくれます。

ぜひ引き続きラジオ、お聞き下さい。

コメント