[目指せ株資金倍増]日経平均は下げたけれど、底難い銘柄が案外多数だった。
2016/02/24(水) 21:59 北浜流一郎

仕事&投資、お疲れさまでした。北浜です。

日経平均、136円安と続落。
今日は私はラジオ日経の株番組「北浜の株式宅配便」出演日だったため、
「株が上がるぞ水曜日」とシャウトしたかったのですが、
もちろん単なる願望に終ってしまいました。

もちろん今日は寄付き前から下落予想。
そのため下げたことに意外性はなかったものの、
一時15753円まで下げたのには正直ドキリとさせられました。

幸いそこから戻って15915円まで戻ってくれたものの、
16000円の大台を割りこんでしまったのは残念でした。

ただ中味を見ると、意外な動きが見られました。

地合が悪化しているのは確かなので、当然主力株もほとんど厳しい動きになる。
こう見るのが自然ながら、案外下がらない銘柄が多数でした。

私は弱い銘柄のリストを作っています。
それらが必ず下がるというわけではないものの、
上がりにくいと見て、市場の底固さを判断する一種の指標にしているのです。

日経平均が下げても、それらが下がらなければ市場は案外底堅い。
こう判断されます。

では、どんな銘柄がどんな動きになったか。

日本郵政、

コマツ、

三菱UFJ、

JUKI、

などがごく小幅でしたが、上昇しました。

今日のような日に下げない。
これは、下げに対して強くなっている。
こう判断してもよいのではないでしょうか。

ここからは、円の対ドルでの下落を待つのみです。
その円は、この原稿を書いている時点では111・79円前後。

日経平均が上昇するためには、112円台に下げてくれなくてはなりません。
当面はそれ待ちです。

なお番組では、「株が上がるぞ水曜日」とシャウトしたいところでしたが、
「株は買い準備だぞ水曜日」に。

大岩川氏の月末応援出演もあったのに残念です。
ただ先週の注目銘柄は1週間で着実上昇、お叱りなしでした。

ところで番組を聞き漏らした方は、オンデマンドをお聞き下さい。

北浜流一郎の株式宅配便(2016.2.24放送)

コメント