日本株を見る上でNYダウとユーロドルを確認しよう! [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/01/16(水) 16:00
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



2019年がスタートして既に1月も半ばに指しかかりました。

昨年末から今日までの主要株価指数と主要通貨ペアの動向についてチェックしてみました。

まず、下のチャートは昨年12月28日(大納会)からの各金融指標の推移です。(12月28日を100として指数化)



話を相場に戻しますが、通貨の上昇や下落をお伝えする際には、通貨の強弱に着目しています。

【今年一番強かったのは『日本円』】
例えば、今年1年間で強い通貨と弱い通貨を並べると、次のようになっています。



さらに、各指標それぞれの相関係数を算出したものが下のマトリックスになります。相関係数は‐1から1まで数値となり、1に近いほど相関関係が高く、-1に近いほど逆相関、

また、0に近いほど関係性が低いことを意味します。


(1に近いほど赤く、-1に近いほど緑色になるよう網掛けをしています)

マトリックスからわかることは、昨年末以降の値動きの推移を比較するとNYダウとFTSE100、DAXの株価指数どうし、また、ドル/円とユーロ/円の相関関係が高いことが伺えます。

また、日経平均においては、NYダウとユーロドルの相関係数がやや高めでることがわかります。

さらにユーロドルは、総じて主要な株価指数との相関がやや高めになっていることがわかります。

相関係数はたまたまこの時期は似たような動きになったということもあり、今後も継続するかどうかはわかりません。

その後の相関係数の変化もチェックが必要ですが、当面ということであれば、株価が上昇する際には、ユーロ/ドルはどちらかといえば買われやすい(ユーロ/ドルのBuySell)傾向があり、逆にユーロ/ドルが下落する場合は主要な株価指数も下がりやすいと考えられます。

米中通商問題だけではなく、Brexitをはじめユーロ圏においても政治的なリスクが燻っているため、目先の株式を見る上では米国の株式市場に加えてユーロドルの動向についてもチェックしておきたいところです。


【フジトミ公式Twitterのお知らせ】
フジトミではフジトミ公式Twitterで株式や為替に役立つ(役立たないことも有!)情報を配信しております。

月曜日の夕方には、Twitterで当番組でのテーマなどについてもつぶやいておりますので、是非、フジトミ公式Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!


また、フジトミでは大規模セミナーだけではなく、少人数のセミナーも東京本社ならびに大阪支店において開催しております。詳細につきましては弊社WEBサイトのセミナーカレンダーをご覧ください。

※セミナーでは、ご紹介した金融商品の勧誘をおこなう場合があります。

コメント