コモディティでもGW明けの価格乖離予想を算出 [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/03/15(金) 11:30
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



前回は、日経平均株価が今年のゴールデンウィーク明けにどのくらい価格乖離する可能性があるのかを過去の値動きから算出してお伝えいたしました。

なお、過去の統計から算出されるGW明けの日経平均の寄り付きは、GW前日の終値に対し以下となりました。



【商品市場はどうなる?】
前回お伝えのとおり、カレンダーどおりに10連休となるのは、JPX傘下の東京証券取引所と大阪取引所(OSE)に加え、合併が予定されている東京商品取引所(TOCOM)、また、札幌証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、大阪堂島商品取引所です。

それでは商品市場はどのようになるのでしょうか?以下の表は過去2,000営業日のそれぞれの銘柄の値動きから日経平均株価と同様に算出したものです。(2月28日の終値に変動率を乗じて算出)



【どのぐらいの余剰金が必要か】
それでは、今年のGW前からGW明けまでポジションを持ち越す場合にどのぐらいの余剰金を考えておく必要があるのでしょうか?

下の表は、上記表から各銘柄の倍率(銘柄の下に表記)を乗じたもので、上記の値動きで1枚あたりどのくらいの損益が生じるかを計算したものになります。



したがって、銘柄にもよりますがGW明けまで1枚のポジションを保有しておくためには少なくとも必要証拠金を含め1枚あたり必要証拠金の約2倍から3.5倍の預託額を考慮しておいた方がいいかもしれません。
(※±2σの損益で大きい額を利用して計算、必要証拠金は3月18日よりフジトミで適用される証拠金額を利用)


【フジトミからYoutubeチャンネルのお知らせ】
フジトミでは動画投稿サイトYoutube(ユーチューブ)でも相場に役立つ様々な動画を配信中です。フジトミのユーチューブチャンネルでは株式や為替動向、コモディティ情報だけでなく、お取引の基本やチャートの見方、トレードツールの「使い方や裏技」など、お取引に役立つ、様々な情報を動画で配信しています。是非、フジトミのYoutubeチャンネルもご活用ください。フジトミのYoutubeチャンネルはこちら

コメント