その投資、どのくらいのリスクがあるの? ~リスク管理について~ [フジトミコラム] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/15(金) 19:30
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



日本の連休明けの市場動向については、年明けのフラッシュクラッシュ以来、「Once Bitten Twice Shy(一度かまれると二度目から用心する=あつものに懲りてなますを吹く)」という心理から連休前には、「フラッシュクラッシュの可能性も?」という情報が見受けられます。

特にレバレッジの効いた取引をしている人にとっては、休み明けなどで前営業日の終値から大きく価格が乖離して取引が始まると、大きな利益が上がる場合もあるかもしれませんが、逆に値段が思惑と反対に乖離して始まってしまうと大きな損失となってしまいます。

それではこのようなことに対し、どう事前に対処しておけばいいのでしょうか?

答えは簡単で、余剰金でリスクコントロールをおこなうということです。

FXなどを含め証拠金取引は、高いレバレッジを効かせて取引ができますが、自分でレバレッジをコントロールすることも可能です。

例えば、東京金融取引所で取引されているCFD、くりっく株365の「日経225証拠金取引」。

相場が21,150だとして、2019年2月14日時点での1枚の必要証拠金は71,450円となっています。

1枚の取引単位は100倍ですから、価格×100という計算から実際は「2,115,000円」のものを「71,450円」の証拠金で取引できるということです。

レバレッジは、約30倍(29.6011・・・=2,115,000円÷71,450円)ということになります。

証拠金取引では、
「有効証拠金(全部決済したら残る金額)が必要証拠金を下回ってはいけない」
というのが一般的ですから、必要証拠金に対して余剰金を持たせる形でリスク管理をおこなう必要があります。

例えば、1,000円の値下がりに耐えられるように、1枚(必要証拠金=71,450円)買いポジションを持つのであれば、必要証拠金の71,450円に対して※10万円(値幅1000円×取引単位100)+手数料分の余剰金が必要ということです。
※配当や金利は考慮せず

もう1つ例をあげれば、日経225の必要証拠金が1枚71,450円だとしても、価格が21,150円のときに2,115,000円預けて1枚売買すれば、2,115,000円の資金に対して必要証拠金として使っているのは71,450円だけですが、レバレッジ1倍で取引しているのと同じことになります。 蛇足ですが上記の実質的にレバレッジ1倍で買いポジションを持った場合、「21,150円」の仮に日経225の価格が、「715円」まで下がっても耐えられるということです。(ただし、金利配当相当額と手数料は加味していません。)


【実質的なレバレッジが高すぎる】
実質的なレバレッジが1倍というのは、証拠金取引において資金効率が悪すぎるかとは思いますが、売買をおこなう前にリスクシナリオを考えて、その分の余剰金以上は考慮して取引することは重要です。

ところが、実際に今回のフラッシュクラッシュ時に大きな損失を出した方の取引状況や投資金に対するポジションサイズ(取引量)などを見ていると、余剰金が極端に少なく、実質的なレバレッジも高い状況で取引されている方が多いことがわかります。

リスクシナリオとは、相場が逆に動いた場合のことですが、具体的にはフラッシュクラッシュ時や週明けの窓明け相場は最低でも想定しておくべきではないでしょうか?


【過去の終値とその翌営業日始値の差は】
下の表は過去10年間の日々の終値に対する翌営業日始値のギャップ(差)の大きいものトップ10です。


値幅では約400円程度、価格に対しては2%程度の余剰金は少なくとも考えておかないといけないことがわかります。

こういった値幅を考えてポジションサイズを考慮して取引することが重要です。
【お知らせ】2月11日放送分のアーカイブはこちらからご覧ください [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/11(月) 17:30
2月11日の番組アーカイブは こちら でご覧ください!
(YouTubeのサイトへ移動します)


今日は16:00から60分のスペシャル生放送! 「休日特別対策スペシャル」と題して、坂本慎太郎さん(こころトレード研究所・所長)と上野茂さん(東京金融取引所)をお招きしてお話を伺いました。年初からここまでの流れを受けてのBコミさんの2019年の相場展望や注目セクターなどをお伺いするほか、上野さんには休日でも取引可能な「くりっく株365」の特徴やその魅力を教えていただきました。





本日の資料
2019年2月11日東京金融取引所資料.pdf

2019年2月11日坂本慎太郎さん資料.pdf

来週18日は通常放送です! どうぞお楽しみに!
先週の金融市場から(2月4日~8日) [真壁昭夫の分析] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/11(月) 14:00
年初以降、日経平均株価は持ち直しているが上値は重い。背景には、企業業績の下方修正の増加がある。それを理由に、わが国の株価動向に大きな影響を与える海外投資家は日本株購入に慎重なようだ。

日本証券取引所のデータを見ると、昨年、東証第一部上場株に関して、海外投資家は5.4兆円を売り超した。年初以降、海外投資家は株式先物を買戻している。一方、現物株の取引に関して、海外投資家は依然慎重だ。業績下方修正の影響は大きい。

今後の展開を考えると、中国政府の政策効果が表れるにつれ、わが国企業の業況は改善する可能性がある。その期待が高まった際、海外投資家がどう動くかは当面のわが国株価の動向を考える一つのポイントとなるだろう。


日経平均株価の推移



(記:真壁昭夫)
【11日月曜のMV】16時から「休日対策特別スペシャル」放送! [次回予告] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/09(土) 16:00
いつも「真壁昭夫のマーケット・ビュー」をお聴き頂き有難うございます。

次回の「マーケット・ビュー」は、11日(祝・月)16:00から「休日対策特別スペシャル」を放送! ゲストに、坂本慎太郎さん(こころトレード研究所・所長)と上野茂さん(東京金融取引所)をお招きしてお話を伺います。年初からここまでの流れを受けてのBコミさんの2019年の相場展望や 注目セクターなどをお伺いするほか、上野さんには休日でも取引可能な「くりっく株365」の特徴やその魅力をしていきます。

どうぞお聴き逃しお見逃しなく!

質問はTwitterや番組の質問フォーム(このブログの右側をごらんください)からお願いいたします。

次回の11日16:00からの「マーケット・ビュー」をお見逃しお聴きのがしなく!
3連休は、どのように過ごされますか? [フジトミコラム] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/08(金) 17:30
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



週明け2月11日の月曜日は建国記念日で祝日となります。

みなさんは、この三連休どのようにお過ごしですか?

連休であっても、ぼーっと過していると、誰かさんに叱られてしまいますので、有意義に過したいものです。

マーケットに関しては、以前から「連休の日本の個人投資家が狙われる」なんて話もあります。

例えば、

今週末のような三連休。株式市場においては、週明け最初に取引が始まるのは月曜日の海外市場です。

三連休中に何かしらマーケットに影響を与える事件が発生し、月曜日の海外株式市場が大暴騰や大暴落となった場合、火曜日の日本の株式市場には大きな影響が生じます。

今年は10連休も控えています。

以前にもお伝えいたしましたが、東京金融取引所に上場されているくりっく株365は、FX取引のくりっく365同様、日本の祝日でもお取引が可能です。

3連休でも、時間があるときには、マーケットのニュースだけではなく、くりっく株365のレートの動きもチェックしてみてください。

※くりっく株365のレートの動きは、フジトミに口座をお持ちの方は取引ツールからご覧いただけるのはもちろんのこと、口座をお持ちで無い方でもフジトミHPや東京金融取引所のHPでご確認いただけます。
全15件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 次の5件 ]