日本株を見る上でNYダウとユーロドルを確認しよう! [フジトミコラム] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/01/16(水) 16:00
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



2019年がスタートして既に1月も半ばに指しかかりました。

昨年末から今日までの主要株価指数と主要通貨ペアの動向についてチェックしてみました。

まず、下のチャートは昨年12月28日(大納会)からの各金融指標の推移です。(12月28日を100として指数化)



話を相場に戻しますが、通貨の上昇や下落をお伝えする際には、通貨の強弱に着目しています。

【今年一番強かったのは『日本円』】
例えば、今年1年間で強い通貨と弱い通貨を並べると、次のようになっています。



さらに、各指標それぞれの相関係数を算出したものが下のマトリックスになります。相関係数は‐1から1まで数値となり、1に近いほど相関関係が高く、-1に近いほど逆相関、

また、0に近いほど関係性が低いことを意味します。


(1に近いほど赤く、-1に近いほど緑色になるよう網掛けをしています)

マトリックスからわかることは、昨年末以降の値動きの推移を比較するとNYダウとFTSE100、DAXの株価指数どうし、また、ドル/円とユーロ/円の相関関係が高いことが伺えます。

また、日経平均においては、NYダウとユーロドルの相関係数がやや高めでることがわかります。

さらにユーロドルは、総じて主要な株価指数との相関がやや高めになっていることがわかります。

相関係数はたまたまこの時期は似たような動きになったということもあり、今後も継続するかどうかはわかりません。

その後の相関係数の変化もチェックが必要ですが、当面ということであれば、株価が上昇する際には、ユーロ/ドルはどちらかといえば買われやすい(ユーロ/ドルのBuySell)傾向があり、逆にユーロ/ドルが下落する場合は主要な株価指数も下がりやすいと考えられます。

米中通商問題だけではなく、Brexitをはじめユーロ圏においても政治的なリスクが燻っているため、目先の株式を見る上では米国の株式市場に加えてユーロドルの動向についてもチェックしておきたいところです。


【フジトミ公式Twitterのお知らせ】
フジトミではフジトミ公式Twitterで株式や為替に役立つ(役立たないことも有!)情報を配信しております。

月曜日の夕方には、Twitterで当番組でのテーマなどについてもつぶやいておりますので、是非、フジトミ公式Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!


また、フジトミでは大規模セミナーだけではなく、少人数のセミナーも東京本社ならびに大阪支店において開催しております。詳細につきましては弊社WEBサイトのセミナーカレンダーをご覧ください。

※セミナーでは、ご紹介した金融商品の勧誘をおこなう場合があります。
先週の金融市場から(1月7日~1月11日) [真壁昭夫の分析] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/01/15(火) 11:00

米国の金融市場において、利上げ予想が後退している。金融政策に関する市場参加者の期待などを反映しやすい2年金利は年初、2.3%台まで低下したのち、株価の持ち直しなどを受けて2.5%台まで水準を戻した。これは、政策金利(FFレート)の上限(2.5%)と同等である。従来に比べ、市場参加者の利上げ予想は大きく後退した。そのため、ドルの上値も抑えられている。

また、欧州経済の減速懸念、ブレグジット交渉の先行きなど、不透明感を高める要因も増えている。主要通貨のドルに対する為替レートを考えた場合、追加利上げを理由にドル高を期待することは難しくなっていると考えられる。同時に、ユーロとドル、英ポンドとドルの為替レートを考えると、政治リスクに為替レートが振り回される展開も否定はできない。一筋縄ではいかない為替相場動向が続きそうだ。

米2年金利の推移


(記:真壁昭夫)

【お知らせ】1月7日放送分のアーカイブはこちらからご覧ください [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/01/07(月) 17:45
1月7日の番組アーカイブは こちら でご覧ください!
(YouTubeのサイトへ移動します)


今日の深堀りコーナーは、真壁さんと大橋さんのじっくりトークでお送りしました。トークのテーマは「年初の株価下落&ドル/円急落をどうみる?」。



来週はお休みです。次回の放送は21日月曜日です。どうぞお楽しみに!
先週の金融市場から(12月31日~1月4日) [真壁昭夫の分析] [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/01/07(月) 12:00

1月2日の米国時間夕刻、アップルのティム・クックCEOは投資家向けの書簡を発表し、2018年10~12月期の売上高が従来の予想を下回る約840億ドルになったとの見通しを示した。この業績見通しは市場参加者の失望を買った。

アップルの業績拡大のモメンタムは鈍化している。このマグニチュードは軽視すべきではない。重要なことは、リーマンショック後の米国および世界経済を支えてきたアップルをはじめとする米IT先端企業のイノベーションが停滞しつつあると考えられることだ。

雇用統計を見る限り、米国経済は好調さを維持してはいる。その中で、GAFAをはじめとするIT先端企業の業績および経営戦略がどうなっていくかは今後の世界経済を考える上で重要である。

アップルの株価推移



(記:真壁昭夫)

全9件中 6件〜9件目を表示 [ 前の5件 1 2 ]