春分の日 FOMCとその後のマーケットは? [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/03/20(水) 21:00
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



明日は春分の日で日本の株式市場は休場(くりっく株365は営業日)です。そんな中、今週の一番の注目材料は20日(日本時間21日午前3時)のFOMCとイギリスのEU離脱の行方と考えています。(米中通商問題も火曜日あたりから再燃し始めてきています。)


イギリスについては、本来20日に再度メイ首相案の採決がおこなわれるかと思いきや、バーコウ英下院議長が大幅な修正がない限りメイ首相案の採決はしない方針と発表したことで、方向性が見えなくなってしまいました。

21日から22日にかけて行われるEU首脳会議では、メイ首相に対し4月半ばまでに「現在の離脱案を7月までにイギリス議会で承認させる」か「合意なき離脱」か、英国の離脱方針の決断を迫る見込みだと報じられています。

EUからのメイ首相への援護射撃(英議会に対する脅し)ととってもいいかもしれませんが、どちらにせよ、週明けまでイメージしていた「20日にメイ首相案の採決がおこなわれて承認され、週末のEU首脳会議でも承認される」という最短シナリオは、バーコウ下院議長の(20日に裁決をしないという)判断が覆されない限りなくなったということです。


一方、米国。FOMCについての注目点は主に次の3つです。

1つ目はバランスシート縮小がどうなるのか?

2つ目はこれまでFOMCで年4回に発表されていた金利見通し(ドットプロット)がどうなるのか?

3つ目は経済・物価見通しの結果と低インフレ時のFEDの対応策はどうなるのか?


まず、1つ目のバランスシートの縮小。バランスシートの縮小とはFEDがこれまで(量的緩和策において)買い入れてきた資産を売却していくということです。バランスシートの縮小は言い換えれば量的引き締め策とも言えますが、これを辞めたり縮小するスピードを緩めたりする場合はハト派的と捉えられます。

次に、2つ目の金利見通しの公表の仕方の変更。

これを今回から辞めるとなると、マーケットはびっくりしてしまいますので、マーケットとの対話を重視するパウエルFRB議長がそんなことはしないというのが私の考えです。

今回あるとすれば、フォーマットが少し変わるとかでしょうか?


最後に3つ目の低インフレ時のFEDの対応策。教科書的には低インフレやデフレ時の金融政策は状況にもよりますが緩和策といえます。

ただ、仮に記者会見時にパウエルFRB議長はそこを問われてものらりくらりとかわす可能性があるのかなと思っています。「辛抱強く」という表現で。


さらに、予想どおり政策金利に変更がなく、上記の3つともマーケットに与える影響はそれほどサプライズではない結果だったとしても、経済・物価見通しや雇用、金利見通しが前回12月時から大幅に修正されれば、それにマーケットが反応する可能性があります。

さらに、マーケットの中では、相場の格言「噂で買って事実で売る(Buy the rumor, sell the fact)」という思惑もあります。


今回のFOMCではこれらの点に注意をして見ておく必要があるということです。



ただ、これまでの世界経済を俯瞰してみると、「Buy America(アメリカ買い)」になっているということだけはわかります。

米ドル・米国債・金・米国株が買われているということです。

22日の祝日明け、日本のマーケットは休み明けでギャップを生じて取引が始まる可能性はありますが、中短期的な相場環境としては「Buy America(アメリカ買い)」が続くのではないかと考えています。


【フジトミからYoutubeチャンネルのお知らせ】
フジトミでは動画投稿サイトYoutube(ユーチューブ)でも相場に役立つ様々な動画を配信中です。フジトミのユーチューブチャンネルでは株式や為替動向、コモディティ情報だけでなく、お取引の基本やチャートの見方、トレードツールの「使い方や裏技」など、お取引に役立つ、様々な情報を動画で配信しています。是非、フジトミのYoutubeチャンネルもご活用ください。フジトミのYoutubeチャンネルはこちら
コモディティでもGW明けの価格乖離予想を算出 [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/03/15(金) 11:30
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



前回は、日経平均株価が今年のゴールデンウィーク明けにどのくらい価格乖離する可能性があるのかを過去の値動きから算出してお伝えいたしました。

なお、過去の統計から算出されるGW明けの日経平均の寄り付きは、GW前日の終値に対し以下となりました。



【商品市場はどうなる?】
前回お伝えのとおり、カレンダーどおりに10連休となるのは、JPX傘下の東京証券取引所と大阪取引所(OSE)に加え、合併が予定されている東京商品取引所(TOCOM)、また、札幌証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、大阪堂島商品取引所です。

それでは商品市場はどのようになるのでしょうか?以下の表は過去2,000営業日のそれぞれの銘柄の値動きから日経平均株価と同様に算出したものです。(2月28日の終値に変動率を乗じて算出)



【どのぐらいの余剰金が必要か】
それでは、今年のGW前からGW明けまでポジションを持ち越す場合にどのぐらいの余剰金を考えておく必要があるのでしょうか?

下の表は、上記表から各銘柄の倍率(銘柄の下に表記)を乗じたもので、上記の値動きで1枚あたりどのくらいの損益が生じるかを計算したものになります。



したがって、銘柄にもよりますがGW明けまで1枚のポジションを保有しておくためには少なくとも必要証拠金を含め1枚あたり必要証拠金の約2倍から3.5倍の預託額を考慮しておいた方がいいかもしれません。
(※±2σの損益で大きい額を利用して計算、必要証拠金は3月18日よりフジトミで適用される証拠金額を利用)


【フジトミからYoutubeチャンネルのお知らせ】
フジトミでは動画投稿サイトYoutube(ユーチューブ)でも相場に役立つ様々な動画を配信中です。フジトミのユーチューブチャンネルでは株式や為替動向、コモディティ情報だけでなく、お取引の基本やチャートの見方、トレードツールの「使い方や裏技」など、お取引に役立つ、様々な情報を動画で配信しています。是非、フジトミのYoutubeチャンネルもご活用ください。フジトミのYoutubeチャンネルはこちら
今年のGWは10連休! 連休明けリスクはどう見る? [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/03/01(金) 00:00
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



昨年12月8日に、皇太子様が新天皇に即位される今年5月1日と新天皇即位を公に示す「即位礼正殿の儀」がおこなわれる10月22日を祝日とする法律が成立しました。

その結果、今年のゴールデンウィークは皆さんもご存知のとおり10連休になります。

4月27日(土)から5月6日(月)までが10連休になるのは、法律(祝日法第三条第3項)で「祝日と祝日に挟まれた平日は祝日になる」となっている為です。

具体的にカレンダーで見ると以下のように「昭和の日」と「即位の日」に挟まれる「4月30日」と「新天皇即位の日」と「憲法記念日」に挟まれる「5月2日」が国民の休日になるということです。



【マーケットは基本的に休み】
それではマーケットのお休みはどうなるのでしょうか?

カレンダーどおりに10連休となるのは、JPX傘下の東京証券取引所と大阪取引所(OSE)に加え、合併が予定されている東京商品取引所(TOCOM)、また、札幌証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、大阪堂島商品取引所です。

一方で、東京金融取引所(TFX)の「くりっく365(取引所外国為替証拠金取引)」と「くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)」は、通常通り土日を除き取引がおこなわれます。※OTC取引(店頭取引)については、各FX会社などにお問い合わせください。

【6営業日でどのくらいの価格変動があるのか】
心配なのは4月26日から5月7日まででどのぐらい価格が変動する可能性があるかということです。

4月29日から5月3日までの5日間と5月6日をあわせた計6日間、海外の株、為替、債券、コモディティ市場はオープンしているのに、日本では一部の取引所を除いて取引ができません。

海外マーケットの値動きは連休明けの日本のマーケットに影響を与えると考えられます。例えば、米国の株式市場が高ければ日本の株式市場も高くなり易いですし、海外の為替市場が円高に振れると日本の株式市場は上値を抑えられ易くなります。

そのため、日本の連休中に海外のマーケットが大きく動いてしまうと、連休明けの日本のマーケットは大きく反応してしまう可能性があるということです。

それでは6日間で相場はどれぐらい変動してしまうのでしょうか?仮に6営業日休業だった場合に当日の始値と7営業日前の終値の価格差がどの程度だったのかという実績を確認してみようと思います。

下のグラフは1999年1月以降2019年2月26日までの約20年間の日経平均株価の日足チャートに、「7営業日の値幅(当日の始値と7営業日前の終値の差)」をプロットしたものです。



最大値は2,210.75円(2008年11月6日)
最小値は‐2,746.82円(2008年10月14日)
平均値は14.89円
標準偏差は479.98円

過去の価格差から見れば、日経平均株価においては仮に6営業日休みだったとすると、10連休明けの始値における上昇リスクは最大で2,210.75円、下方リスクは‐2,746.82円となります。

また、確率分布的には平均値が14.89円で標準偏差が479.98円ですので、過去の統計からは、連休明けの始値は連休前の終値に対し68%の確率で-465.9円から+494.87円の間に、約95%の確率で‐945.07円から+974.85円の間に納まる可能性が考えられます。

値幅では上記のような計算になりました。しかし、例えば株価が10,000円のときと20,000円のときを同じ値幅で扱っていいでしょうか?

下のグラフは、先ほどのグラフの値幅の部分を騰落率で示したものです。(当日の始値と7営業日前の終値の価格差を7営業日前の終値で除したもの)



最大値は30.9%(2008年11月6日)
最小値は‐24.6%(2008年10月14日)
平均値は0.2%
標準偏差は3.51%

過去の変動率から見れば、10連休明けの始値における上昇リスクは、仮に日経平均株価の連休前の終値が21,500円だとすると最大で6,643.5円(21,500円×30.9%)、下方リスクは-5,289円(21,500円×24.6%)となります。

また、確率分布的には平均値が43円(21,500円×0.2%)で標準偏差が754.65円(21,500円×3.51%)ですので、過去の統計からは、連休明けの始値は連休前の終値に対し68%の確率で-797.65円から+711.65円の間に、約95%の確率で‐1466.3円から+1552.3円の間に納まる可能性が考えられます。

【10連休中をどう楽しむか】
3月1日が期限だった米国の中国への関税引き上げは延長となりました。いつまで延長するのかはまだ決まっていませんが、これまでには具体的に2ヶ月という報道がありました。これは、5月1日までということになります。それ以外に、スペインの総選挙が4月28日(日)にあり、経済指標においては4月26日(金)には米第1QGDP(速報値)、5月1日(水)には米ISM製造業景況指数、5月3日(金)には米4月雇用統計、米ISM非製造業景況指数などの発表もあります。

こういった中で、10連休にプライベートを楽しむには、10連休中に海外市場がどのような値動きになっていても対応できるようにしておく必要があるのではないでしょうか?

そのためには、例えば上記で計算したような不測の値動きになったとしても連休明けに対応できるポジションサイズにしておくことが大切です。

また、「くりっく365」や「くりっく株365」など、連休中も取引できる市場を上手く活用するなども1つの方法かもしれません。
投資をする上で守ることは? ~自身の売買ルールを確立しよう~ [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/22(金) 18:00
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。




【資産運用をおこなう上でのリスクとは】

経済学的な観点で金融商品におけるリスクというのは、一概に損をすることではありません。一般的に金融商品におけるリスクとは、「期待値に対する分散、又は、標準偏差」と言われます。全然意味わかりません。難しいですよね。

下の図は、まずは「期待値」をイメージしたものです。

ある投資対象があり、赤い線のような収益が上げられそうだとすれば、これが「期待値」です。

なお、黒い線は実際のその投資対象の収益の上げ方を示しています。



次に、上の図を元にリスクをイメージしてみます。

上の図に対し下図では、実際の収益が期待値に対してどのぐらいのブレがあるかを示したものになり、ブレを青い線で示しています。



この青い線が、乱暴な言い方をすれば「期待値に対する分散、又は、標準偏差」です。

この投資においては、青い線のようなリスクがあると想定できるということです。

期待値に対して上振れする場合は上方リスク(想定以上に儲かるリスク)、下振れする場合は下方リスク(想定を下回る結果になるリスク)ということになり、一概に損失=リスクというわけではないというのはこのためです。投資をする上での本来のリスク管理はこのブレを小さくすることになります。

こういった観点で、様々なアセットクラスに資金分散(=ポートフォリオを組む=分散投資)させて、このブレを小さくするのが重要なのです。


【トレーディングにおけるリスクはちょっと違う?】

上記の例は、ある程度の長期投資を想定したもので、いくつかのアセットクラスに資金を分散させることで、上下の分散度合いを小さくするというリスク管理の方法になります。

しかしながら、ことトレーディング(株式投資やFXなどの売買差損益を狙った投資)においては、株式や為替相場など個々の金融市場を利用して個々のトレーダーがどれぐらいのリスクをとれるのか(=1回の取引でどれだけの損失を許容できるか)が問題になります。


【自分自身の投資の履歴を振り返る】

この問題を解く鍵は、個々のトレーダーの過去の取引履歴からどのような傾向があるのかを探るということです。具体的には、以下のような項目を調べます。

・過去の売買損益の合計額
・利食いの金額の合計額
・損切りの金額の合計額
・プロフィットファクター(利食いの金額の合計額÷損切りの金額の合計額)
・利食いの回数
・損切りの回数
・勝率(利食いの回数÷全取引回数×100)
・利食いの平均金額(利食い金額の合計額÷利食いの回数)
・損切りの平均金額(損切り金額の合計額÷損切りの回数)
・平均取引時間
・利食い時の平均取引時間
・損切り時の平均取引時間


これらを調べると、自身の投資の「傾向」がわかります。

例えば、
1.利食いが早いのか、遅いのか
2.損切りが早いのか、遅いのか
3.利食いの額が大きいのか、小さいのか
4.損切りの額が大きいのか、小さいのか
5.勝率が高いのか、低いのか

その上で、「平均損失(=リスク)は許容できる範囲なのか?」「期待値をあげるためにはどうすればいいか?」「リスクを減らすためにはどうすればいいか?」「勝率を上げるようにするにはどうすればいいか?」などの問題点がわかるはずです。もしかしたら、短期売買やスウィングトレードのような投資スタイル自体が合っていないという場合もありえます。


【伝説の投資家ギャンのルール】

1900年代に商品市場や株式市場で活躍した投資家の一人「ウィリアム・D・ギャン」は、28の価値あるルールの中で、「投資資金を10等分して投資をおこなうこと」や、「1回の投資でとるリスクは10%の損失」といった自身のルールを自分自身に課して、取引をおこなったとされています。

このように、1回ごとの売買についての損切り額を決めてしまうというのも、1つの方法かもしれません。


【個々の投資家で違う 売買ルール作り】

個々の投資家でもスキャルピングのような短期売買なのか、長期投資なのか、それともその時々により短期売買も長期投資もするのか、それぞれの投資家によって異なると思います。

それでも、個々の投資家の売買履歴を確認し、問題を見つけて改善していくことで、自分自身の投資のルールを作れるものと考えます。

ちなみに、ギャンの28のルールですが、これはもともと21のルールだったり、24のルールだったりしたものが、改善、修正されて最終的には28のルールに落ち着きました。

ご自身の売買ルールを見つけ、PDCAサイクルを回しアップデートしていくことが重要だと思います。
その投資、どのくらいのリスクがあるの? ~リスク管理について~ [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/02/15(金) 19:30
皆さんこんにちは。「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供、株式会社フジトミの山口です。



日本の連休明けの市場動向については、年明けのフラッシュクラッシュ以来、「Once Bitten Twice Shy(一度かまれると二度目から用心する=あつものに懲りてなますを吹く)」という心理から連休前には、「フラッシュクラッシュの可能性も?」という情報が見受けられます。

特にレバレッジの効いた取引をしている人にとっては、休み明けなどで前営業日の終値から大きく価格が乖離して取引が始まると、大きな利益が上がる場合もあるかもしれませんが、逆に値段が思惑と反対に乖離して始まってしまうと大きな損失となってしまいます。

それではこのようなことに対し、どう事前に対処しておけばいいのでしょうか?

答えは簡単で、余剰金でリスクコントロールをおこなうということです。

FXなどを含め証拠金取引は、高いレバレッジを効かせて取引ができますが、自分でレバレッジをコントロールすることも可能です。

例えば、東京金融取引所で取引されているCFD、くりっく株365の「日経225証拠金取引」。

相場が21,150だとして、2019年2月14日時点での1枚の必要証拠金は71,450円となっています。

1枚の取引単位は100倍ですから、価格×100という計算から実際は「2,115,000円」のものを「71,450円」の証拠金で取引できるということです。

レバレッジは、約30倍(29.6011・・・=2,115,000円÷71,450円)ということになります。

証拠金取引では、
「有効証拠金(全部決済したら残る金額)が必要証拠金を下回ってはいけない」
というのが一般的ですから、必要証拠金に対して余剰金を持たせる形でリスク管理をおこなう必要があります。

例えば、1,000円の値下がりに耐えられるように、1枚(必要証拠金=71,450円)買いポジションを持つのであれば、必要証拠金の71,450円に対して※10万円(値幅1000円×取引単位100)+手数料分の余剰金が必要ということです。
※配当や金利は考慮せず

もう1つ例をあげれば、日経225の必要証拠金が1枚71,450円だとしても、価格が21,150円のときに2,115,000円預けて1枚売買すれば、2,115,000円の資金に対して必要証拠金として使っているのは71,450円だけですが、レバレッジ1倍で取引しているのと同じことになります。 蛇足ですが上記の実質的にレバレッジ1倍で買いポジションを持った場合、「21,150円」の仮に日経225の価格が、「715円」まで下がっても耐えられるということです。(ただし、金利配当相当額と手数料は加味していません。)


【実質的なレバレッジが高すぎる】
実質的なレバレッジが1倍というのは、証拠金取引において資金効率が悪すぎるかとは思いますが、売買をおこなう前にリスクシナリオを考えて、その分の余剰金以上は考慮して取引することは重要です。

ところが、実際に今回のフラッシュクラッシュ時に大きな損失を出した方の取引状況や投資金に対するポジションサイズ(取引量)などを見ていると、余剰金が極端に少なく、実質的なレバレッジも高い状況で取引されている方が多いことがわかります。

リスクシナリオとは、相場が逆に動いた場合のことですが、具体的にはフラッシュクラッシュ時や週明けの窓明け相場は最低でも想定しておくべきではないでしょうか?


【過去の終値とその翌営業日始値の差は】
下の表は過去10年間の日々の終値に対する翌営業日始値のギャップ(差)の大きいものトップ10です。


値幅では約400円程度、価格に対しては2%程度の余剰金は少なくとも考えておかないといけないことがわかります。

こういった値幅を考えてポジションサイズを考慮して取引することが重要です。