先週の金融市場から(1月14日~1月18日) [真壁昭夫のマーケット・ビュー]
2019/01/21(月) 11:00

米国の株価や低格付け(非投資適格級)社債の価格が持ち直している。昨年12月の株価の下落を受けたリスクオフによって価格が下落(利回りは上昇)した米国の非投資適格級社債市場では、信用スプレッド(国債利回りに対する上乗せの金利)が縮小基調にある。

株価をはじめ、相対的にリスクが高いと考えられる金融資産の価格が持ち直している背景には、米国での政策期待がある。FRB関係者が利上げに"忍耐強くなれる"との見解を共有し始めたことは大きい。従来に増して、FRBは利上げへの慎重姿勢を強めている。それに加え、米中間の通商交渉への期待もある。特に、ムニューシン米財務長官が対中関税の取り下げを検討しているとの報道がなされたことのマグニチュードは大きかった。

一方、ブレグジットの動向や中国経済の減速懸念など、リスク要因は増えている。米中の交渉に関しても、決め打ちはできない。引き続き、相場は不安定に推移する可能性がある。

米非投資適格級債券スプレッドの推移


(記:真壁昭夫)

コメント