番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日 18:15~18:45
提供:フジトミ

テレビのコメンテーターでもお馴染みの真壁昭夫がラジオNIKKEIに登場! 株式、為替、商品の今を30分にまとめ、マーケットファンの期待に応えます!

新着記事

2月19日、きょうも18:15から生放送! 深堀りテーマは「NYダウと金・原油の相関関係」

2018.02/19 番組スタッフT 記事URL

「真壁昭夫のマーケット・ビュー」はUSTREAMでもお楽しみいただけます
(USTREAMでは、事前放送を18:05頃からスタート!)。

今日は真壁さんと大橋さんでじっくり30分トークします。"深堀りコーナー"は、「NYダウと金・原油の相関関係」と題して、フジトミアナリスト 齋藤 和彦さんにお聞きします




番組で使用する資料も合わせてご活用ください。

【セミナーのお知らせ】3/3 真壁さん広島、2/27山口アナリスト東京 [フジトミコラム]

2018.02/19 番組スタッフT 記事URL

フジトミでは、3月3日(土)広島で、日経新聞大阪本社主催、株式会社フジトミ協力のもと、当番組メインパーソナリティの真壁昭夫先生を講師にお迎えし、セミナーを開催いたします。詳細は、以下のリンクをご覧ください。

3/3 広島「日経資産運用セミナー in 広島 ~超低金利時代の投資戦略~」
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=2254&TYPE
(※上記リンクはnikkei4946.comの4946セミナーサイトとなります)


また、2月27日(火)には、東京・大手町の金融取引所において、当社チーフテクニカルアナリストの山口哲也を講師に、『「くりっく365」と「くりっく株365」の上手な活用術』と題したセミナーも開催します。このセミナーでは、投資において重要なリスク管理の方法についてもお伝えする予定です。

セミナーのお申し込み等、詳細につきましては、下記URLをご覧ください。
https://www.fujitomi.co.jp/seminar/180227/tfx/
(※フジトミのWebサイトに移動します)

フジトミアナリストが発信するマーケット情報 
https://www.fujitomi.co.jp/market/
もよろしくお願いします!

先週の金融市場から(2月12日~16日) [真壁昭夫の分析]

2018.02/19 番組スタッフT 記事URL

足許の為替相場では、ドル安が進んでいる。米国の株式市場が徐々に落ち着きを取り戻しつつある中、米金利の上昇につられてドルの為替レートが反発してもおかしくはない。

しかし、市場ではドルが軟調に推移し、主要通貨に対するドルの水準を示す"ドル・インデックス"は、2014年12月上旬の水準まで下落した。この背景には、投機筋がドルのロング(買い持ち)ポジションの整理を進めているとみられることに加え、米国政府の為替レートに関する考え方(為替政策)の影響がありそうだ。

今週、トランプ大統領は米国に対する貿易黒字を抱えている国に報復的な関税措置を発動する考えを示した。中間選挙を控える中、トランプ政権は米国の輸出拡大を目指す政策を進め、有権者の支持を取り付けたいはずだ。そのために、ドル安は重要だ。1月にムニューシン財務長官がドル安を歓迎したこともあり、為替相場の参加者の間では米国の為替政策がドル安重視に転じたとの警戒感が増え、対円などでのドル安につながっているのだろう。

ドル/円の下落はやや急であり、短期的にドルが円に対して反発する可能性はある。その場合、円安がどの程度の期間、どの程度の水準まで続くかは、市場参加者のドル安観測の強さを確認する重要なポイントとなるだろう。

(記:真壁昭夫)

日経平均はどこまで下げるのか?もうはまだなり、まだはもうなり! [フジトミコラム]

2018.02/15 番組スタッフT 記事URL

皆さん、こんにちは♪ 「真壁昭夫のマーケット・ビュー」提供の株式会社フジトミです。

【日経平均株価 日足チャート (2017/10/13~2018/2/14) 】

出所:ブルームバーグ

今年1月23日、日経平均株価はバブル崩壊後の最高値である24129.34を記録しましたが、2月2日に発表された米1月雇用統計の結果が市場予想より強かったことから、長期金利が上昇。これを受けて株式市場が急落し、2月14日には、昨年10月以来となる21,000円を一時割り込む展開となりました。

チャートを見ると日経平均は、2月14日の終値では200日移動平均線を上回って引けましたが、一時は2月6日の安値となる21078.71を割り込んで、出来高も平均値(出来高移動平均:期間200)より高い状況となっているので、もうしばらくは弱気継続?という見方もできる状況にあります。


今の市場の心理状態は、「売り一辺倒」と言うまでには至っていないのではないか、言い換えれば、「まだ下がる可能性があるのでは?」と思えるのは私だけでしょうか?

今後の株式市場はどうなるのか!?

目先は弱気?でも中長期はどうなの?

そんな疑問を解決すべく、フジトミでは、3月3日(土)広島で、日経新聞大阪本社主催、株式会社フジトミ協力のもと、当番組メインパーソナリティの真壁昭夫先生を講師にお迎えし、セミナーを開催いたします。ラジオでは聞けないような話も聞けるかも!?
詳細については、以下のリンクをご覧ください。

3/3 広島「日経資産運用セミナー in 広島 ~超低金利時代の投資戦略~」
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=2254&TYPE
(※上記リンクはnikkei4946.comの4946セミナーサイトとなります)


また、2月27日(火)には、東京・大手町の金融取引所において、当社チーフテクニカルアナリストの山口哲也を講師に、『「くりっく365」と「くりっく株365」の上手な活用術』と題したセミナーも開催します。このセミナーでは、投資において重要なリスク管理の方法についてもお伝えする予定です。

セミナーのお申し込み等、詳細につきましては、下記URLをご覧ください。
https://www.fujitomi.co.jp/seminar/180227/tfx/
(※フジトミのWebサイトに移動します)

どんなに相場が荒れたとしても、事前に想定していたリスクの範囲なら乗り越えられる?
お時間がございましたら、是非、ご参加ください。

フジトミアナリストが発信するマーケット情報 
https://www.fujitomi.co.jp/market/
もよろしくお願いします!

【セミナー情報】真壁さんが3/3広島で講演、2/17は名古屋で武者さん登場! [フジトミコラム]

2018.02/13 番組スタッフT 記事URL

フジトミからセミナーのお知らせです!
日本経済新聞社大阪本社販売局主催、株式会社フジトミ協力で、当番組のメインパーソナリティ、真壁昭夫先生を講師にお迎えし経済セミナーが開催されます。

日程と開催地は
3月3日(土)広島 です。

セミナーのお申し込み等、詳細につきましては、下記URLをご覧ください。

3/3 広島「日経資産運用セミナー in 広島 ~超低金利時代の投資戦略~」
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=2254&TYPE

(※上記リンクはnikkei4946.comの4946セミナーサイトとなります)


また、2月17日(土)には、名古屋で株式会社フジトミ主催のセミナーも開催します。株式会社武者リサーチの武者陵司氏をお招きします!

セミナーのお申し込み等詳細につきましては、下記URLをご覧ください。
2/17 名古屋 「今後の日米経済と株式相場展望」
https://www.fujitomi.co.jp/seminar/180217/musya
定員50名(事前申込制・座席指定制)


フジトミアナリストのマーケット情報 
https://www.fujitomi.co.jp/market/
もよろしくお願いします!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

真壁 昭夫
まかべ あきお

法政大学大学院 政策創造研究科教授。
1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学ロンドン・ビジネススクール卒(MsC・経営学修士)、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向、みずほコーポレート銀行業務監査部参事役。1999年より有名大学の講師・教授を歴任し、法政大学大学院 政策創造研究科教授。執筆活動にも力を入れており、最新著書「仮想通貨で銀行が消える日(祥伝社)」2017年4月1日発売。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

山口 哲也
やまぐち てつや

(CFD)
株式会社フジトミ チーフテクニカルアナリスト
国内中堅証券会社にて、オンライントレードサービスの立ち上げや、主に株価指数と為替相場の分析に携わる。国際認定テクニカルアナリストとして幅広い分析手法を網羅しており、その知見を活かしたわかりやすい解説が好評。日経CNBC、東京MXテレビなど、多くのメディアに出演。国際テクニカルアナリスト連盟 国際認定テクニカルアナリストCFTe。

米倉 教公
よねくら のりまさ

(FX)
株式会社フジトミ 投資サービス事業本部
国内外銀行ディーラー・証券会社リテール営業・外資系投信のファンドマネージャー、債券ディーラーなど豊富な金融業界経歴を持つ。一目均衡表や60分足移動平均線など、各種テクニカル指標を組み合わせた独自の市場分析は、一般の投資家からわかりやすいと好評。商品・株式・FX・債券・デリバティブなどあらゆる金融商品分析を得意とする。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリストCMTA、ファイナンシャルプランナー

齋藤 和彦
さいとう かずひこ

(商品)
株式会社フジトミ 情報サービス室チーフアナリスト
独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミ情報サービス室チーフアナリストとして「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBC「ラップトゥディ(毎週金曜)」等、多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。

パーソナリティ一覧はコチラ