2018.11.10(土)「くりっくフェスティバル2018 in 福岡」 [取材レポート]

2018.11/12 番組スタッフ 記事URL 

11月10日、博多・福岡ファッションビルで、「くりっくフェスティバル2018 株×FX 投資戦略フォーラム」(外部サイト)が開催されました。
くりっくフェスタは東京金融取引所(金融取)が主催する、株、為替、今後の経済・マーケット動向を解説・分析していく年に一度のスペシャルイベントで、今年度も東名阪・福岡の4会場で開催予定。第3弾の福岡開催には、多くの投資家が集まりました。

進行は大橋ひろこキャスター


会場では、主催の東京金融取引所(金融取)から「くりっく株365」「くりっく365」の説明がありました。「くりっく株365」は、金融取に上場する取引所株価指数証拠金取引の愛称で、日経225やNYダウなどの株価に連動して取引を行います。日経平均が投資対象となるので、銘柄選定の必要がないなど初心者でも投資がしやすく、また配当が受け取れる・レバレッジ取引で少額から始められるなどのメリットも。
さらにほぼ24時間取引ができるだけでなく、土日を除く祝日も取引が可能で、来年のゴールデンウィークは10連休となりますが、その期間に取引ができるのは「くりっく株365」のみとなるところは、大きなポイントとなります。
「くりっく365」(取引所FX)も同様で祝日も取引可能です。こちらは高金利通貨といわれるトルコリラやメキシコペソなど取引可能な通貨ペアが多いことも特徴で、各取り扱い会社に預けた証拠金は取引所が全額保管される点は、安心して取引ができる点とも言えるでしょう。
来場した投資家は、これらの商品について、「銘柄に左右されず日経平均の値動きでできるのは、売買のデメリットが少ないのが大きい」「スワップの大きいトルコリラはこの商品で初めて耳にしたので、気になっている」とコメント。「よく耳にするけど自分がやっていないものも知識として知っておきたい」と、ブースに足を運んで話を聞く投資家の姿も見られました。

今回講演した(左から)坂本慎太郎さん、尾河眞樹さん、エミン・ユルマズさん



登壇者も、それぞれの商品の活用法も踏まえた講演を展開。
坂本慎太郎さん(こころトレード研究所所長)は、インデックス・為替投資における投資家が陥りやすい行動パターンを取り上げ、失敗しない投資法を伝授。さらに、来年の日米株式市場の見通しから、「くりっく株365」では「配当」を狙った投資戦略を解説。
尾河眞樹さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部長)とエミン・ユルマズさん(エコノミスト/為替ストラテジスト)は、為替相場の現状分析から、ドル高は今後どう進んでいくのか?、アメリカの景気後退のシグナルは?、金利や原油といった各国の為替相場を左右しそうな事柄をくわしく分析。「くりっく365」に絡んで、やはり高金利通貨はおすすめといったコメントも。

休憩中には、来場者から坂本さんの自著にサインを求められる場面も。


「くりっくフェスティバル2018」は11月23日東京で開催されます。ラジオNIKKEIのコメンテーターでもお馴染みの真壁昭夫さん、岡崎良介さんほか豪華講師陣が登場!ぜひお越しください。


詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.radionikkei.jp/news/event/clickfes2018.html

2018.10.13(土)「くりっくフェスティバル2018 in 愛知」 [取材レポート]

2018.10/17 番組スタッフ 記事URL 

10月13日、名古屋・吹上ホールで、「くりっくフェスティバル2018 株×FX 投資戦略フォーラム」(外部サイト)が開催されました。
くりっくフェスタは東京金融取引所(金融取)が主催する、株、為替、今後の経済・マーケット動向を解説・分析していく年に一度のスペシャルイベントで、今年度も東名阪・福岡の4会場で開催予定。オープニングの名古屋開催には、300人の定員を上回る多くの投資家が集まりました。

金融取主力商品の数字「365」人に達し、会場は大盛況!


今回は、株・為替それぞれのスペシャリストが、徹底解説。
堀古英司さん(ホリコ・キャピタル・マネジメントCEO)は、インデックスでの投資戦略としてS&P500に絡めた取引タイミングのポイントを伝授。また、アメリカを拠点とする堀古さんの視点から、中間選挙の行方や長期金利動向やドル円相場など日米経済の見通しを解説。来場者からの、今後のアメリカの株式市場に対して不安視する質問に対しては、「みんな大らかに見るほうが儲かる」とリスクをとることの重要性を解説しました。
為替のスペシャリスト、植野大作さん(三菱UFJモルガンスタンレー証券チーフ為替ストラテジスト)エミン・ユルマズさん(エコノミスト/為替ストラテジスト)は、円・米ドル・ユーロ・豪ドル・トルコリラといった様々な通貨を各国の現状を踏まえながら分析、今後の為替相場を多角的に解説しました。


今回講演した(左から)堀古英司さん、植野大作さん、エミン・ユルマズさん、叶内文子キャスター


また、金融取からは主力商品である「くりっく株365」「くりっく365」の紹介も。

「くりっく株365」は日経225はもちろんのこと、NYダウをはじめとする世界の株価指数にも投資ができる商品です。祝日や夜間も取引可能なのが特徴で、トランプ大統領が当選した2年前の米国大統領選当日の値動きを例に解説。
また「くりっく365」は取引所が上場したFX取引の愛称で、各業者のFX取引との比較やくりっく365で取引できる通貨のうち、メキシコペソ/円など、高金利通貨と呼ばれるものの魅力が伝えられました。
すでにこの取引を活用している浜松市の男性は「長期保有をしていて、資金効率が良い」とくりっく株365の魅力を話しました。 
来年は新しい天皇の即位に合わせてゴールデンウィークは10連休。その10連休でも土日を除き祝日でも「くりっく株365」「くりっく365」は取引可能となります。
取材に対し「東証も大証もやっていないので、チャンスと捉えている。デリバティブ商品なのでこれからも来場者にきっちり説明していきたい」とコメント。

「くりっくフェスティバル2018」は今後、10月27日大阪、11月10日福岡、11月23日東京で開催されます。ラジオNIKKEIのコメンテーターでもお馴染みの真壁昭夫さん(東京)
、岡崎良介さん(東京)、西山孝四郎さん(大阪)、坂本慎太郎さん(福岡)が登場!ぜひお越しください。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.radionikkei.jp/news/event/clickfes2018.html

協賛社ブースにも多くの人だかりができ、熱心に説明を受けていました

サクソバンク証券「海外株の取り扱いを開始」 [取材レポート]

2018.09/20 番組スタッフ 記事URL 

デリバティブ取引の世界的大手サクソバンク(Saxo Bank A/S、デンマーク)の100%子会社であるサクソバンク証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊澤フランシスコ、以下:当社)は、9月初旬より海外株式銘柄(米国・中国・欧州)の取扱いを開始いたしました。

リリース内容はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000023116.html

和島記者が取材してきました。


2018.2.3(土)「くりっくフェスティバル in 名古屋」 [取材レポート]

2018.02/05 番組スタッフ 記事URL 

2月3日、名古屋国際会議場で、「くりっくフェスティバル2017 株×FX 投資戦略フォーラム」が開催されました。
くりっくフェスタは東京金融取引所(金融取)が主催する、株、為替、今後の経済・マーケット動向を解説・分析していく年に一度のスペシャルイベントで、今年度は10月の福岡を皮切りに、大阪・東京とのべ1,500人を集めました。そのトリを飾る名古屋開催にも、多くの投資家が集まりました。

当日はくりっくフェスタのほかに、「ラブライブ!サンシャイン」のイベントや大学入試も同会場で行われ、大勢の人が集まりました。

司会は叶内文子キャスターです。


イベント開催直近のNYダウがリーマンショック以来の大幅下落となり、有識者がどういう見解を示すのか注目され、定員を上回る約270名の来場者は最後まで話を聞き入っていました。

今回講演した(左から)岡崎良介さん、石川久美子さん、尾河眞樹さん


また、講演の中では東京金融取引所が上場する「くりっく株365」「くりっく365」の紹介と、小次郎講師がその魅力について語りました。

小次郎講師

「くりっく株365」は日経225はもちろんのこと、NYダウをはじめとする世界の株価指数にも投資ができる商品です。祝日も取引可能なことや「売り」から入れるのが特徴で、
「口座開設して売りから入ってみたい」(名古屋市・女性)と、直後の休憩中に早速協賛社のブースに問い合わせる来場者がいたり、かなりの反応がありました。
すでに「くりっく株365」を取引しているという浜松市の男性は、「日経225やNYダウの値動きに連動しているのでわかりやすい」と、為替の影響を受けない簡単な商品設計である、同商品の魅力について話しました。

一方、「くりっく365」は取引所が上場したFX取引の愛称で、各業者のFX取引との比較やくりっく365で取引できる通貨のうち、メキシコペソ/円など、高金利通貨と呼ばれるものの魅力が伝えられました。
普段はFXを中心に取引しているという、岐阜県の男性は「スワップポイントが一本値(※)であることを初めて知った。これから検討してみたい」(※受取額と支払額が同額)と魅力を十分に感じた様子でした。

各会場定員を上回る来場者を記録した、今年度のくりっくフェスタ。主催の金融取は「昨秋は株の関心が高かったが、今日はこの先動きそうということで、為替の関心が強い印象だった。皆さん投資マインドが高く非常に良かった。」と振り返りました。

来年度も東名阪を中心に開催が予定されるこのくりっくフェスタ。今回開催都市を増やしたように、活況なマーケットの後押しを受けて、開催都市が増えるのか注目されるところです。

休憩中は、各ブースに問合せが殺到!

2017.10.14(土)「くりっくフェスティバル2017 in 福岡」 [取材レポート]

2017.10/16 番組スタッフ 記事URL 

10月14日、福岡天神・レソラホールで、「くりっくフェスティバル2017 株×FX 投資戦略フォーラム」が開催されました。
くりっくフェスタは東京金融取引所(金融取)が主催する、株、為替、今後の経済・マーケット動向を解説・分析していく年に一度のスペシャルイベントで、今年度は福岡を新たに加え全国4ケ所で開催されます。
 

司会はおなじみ大橋ひろこキャスター(今週木曜日から大橋さんMCの新番組スタートします!)

満員の会場


開催前日の日経平均株価終値が、21年ぶり高値をつけるなど活況なマーケットの後押しも受け、当日は急遽いすを追加し、およそ200名の会場は熱気に包まれました。
ロビーの様子


金融取主催の福岡セミナーは5年ぶりの開催で、豪華講師の講演を一目見ようと友人同士・家族連れなどでの参加が目立ちました。
「知り合いに勧められて、いとこと初めてセミナーに参加した」(50代・女性)
「相場の具合がいいので、この先どうなるか武者さんの発言が楽しみ」(50代・男性)
「一流どころの方々の、為替や株の話が聞きたい」(40代・女性)

熱心な投資家を前に、各講師の講演にも力が入ります。
(左から)武者陵司さん、尾河眞樹さん、石川久美子さん

(左から)武者リサーチ代表・武者陵司さん
ソニーフィナンシャルホールディングス金融市場調査部長・尾河眞樹さん
ソニーフィナンシャルホールディングス為替アナリスト・石川久美子さん

(左から)東京金融取引所・大房弘憲さん、東京金融取引所・岡田貴司さん、東京金融取引所・甕川誇章さん、小次郎講師

(左から)東京金融取引所・大房弘憲さん
東京金融取引所・岡田貴司さん
東京金融取引所・甕川誇章さん
小次郎講師(手塚宏二さん)

「くりっく365」にメキシコペソ/円が仲間入り


各講演に加え、金融取の商品「くりっく365」「くりっく株365」の説明と、商品の魅力を小次郎講師がわかりやすく解説。
「いままで株だけだったが、小次郎講師の話を聴いて興味を持った」(60代・男性)という声も。
各ブースの様子

(写真右下)各協賛社1分プレゼンを前に、緊張の様子な舞台裏


ブースを出展する協賛社も、「九州の人たちは投資意欲が高く、多くの方が足を止めてくれた」と好感触を得た様子。
金融取は取材に対し、「投資を始めたばかりで教えて欲しいとブースに来てくれて、知名度が上がっていると感じた。
皆さんリアクションがよく、真剣に話を聞いてくれた。5年ぶりの福岡は成功したと思う」と話しました。

来場者には、「くりっく365」の焼印入りどら焼きがプレゼント



くりっくフェスタは、11月大阪と東京、来年2月名古屋で開催されます。
お近くにお住まいの方は、日本を代表する経済学者・ストラテジスト・アナリストが語る2018年の見通しにぜひご期待ください。
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)

大発会の日に素敵なゲストが!! [取材レポート]

2017.01/04 ディレクター 記事URL コメント (0)
なんとも華やかなゲストがマーケットプレスにいらっしゃいました。


マネックス証券 営業企画室 マネージャー PR担当の松﨑 裕美さんです。
東京証券取引所から駆けつけてくださいました!

岡崎さんもにっこり!?







田中俊英のフォトレポ~「CP+2016」に行って来ました!~ [取材レポート]

2016.02/28 ディレクター1号 記事URL コメント (0)

今年も行ってまいりました!「CP+2016」!!

 

例年、「タッチ&トライコーナー」には長蛇の列が出来、1時間待ち、2時間待ちは当たり前。
それならばと今年は初日のプレスタイムに入場して、たっぷりゆっくり見て来ようと思ったのですが...、
会場に着いたとたんに当てが外れた予感...

「プレスタイム招待者」用の受付が用意されているのです。
プレス以外の方も大勢来られているのですね。
実際入場してみると大変な入場者数で、プレスタイムならゆっくり見られるだろうとの当ては完全に外れました。

 
さて、今年はオリンピックイヤーという事で、各社フラッグシップ機のニューモデルをCP+開催直前に次々と発表。
ニコンのD5、キャノンのEOS1DX MarkⅡなどなど。
どこから見ようかと迷ったのですが、私はフイルム時代から中判のPENTAX645NⅡを愛用、元々は風景写真を中心に撮っていたものですから、まずはファン待望の「フルサイズを初めて発売」と発表したばかりのリコーペンタックスから見てきました。

ここは「タッチ&トライ」コーナーも10分待ち程度で入れました。

これがそのPENTAX初のフルサイズ「K-1」です。

外観は昨年のCP+で展示されていたモックとほぼ一緒。

ここで改めて昨年のCP+で展示されていたモックを写真で振り返ってみると...

去年から気になっていたのは液晶ですね。
モックでは、どのような形状なのか良く分からず、何やらベールに包まれているようでした。
いざ発表になって明らかになったその液晶はと言うと...


これです。
光軸上にフレキシブルチルト式の液晶を搭載しています。
これがかなり便利そうで...、確かに撮影していると撮影者がカメラの真後ろに立てない場合も出てきますよね。
ユーザー側の立場で考えられたペンタックスらしいアイデアです。

ステージではこんなパフォーマンスもしていました。


重量5キロ以上あるレンズを、液晶部分を掴んで持っています。

4本の細いワイヤーでカメラ本体と繋がれた液晶の強度をアピールしているのです。
確かに最初見た目に「強度が心配」と思われた方もいることでしょう。
そのような考えをお持ちの方向けに、その辺りは万全の策を施している事は強調しておきたかったようです。

ブースでは、「手振れ補正効果」のデモも行われていました。

5軸のボディ内蔵手振れ補正はかなり強力なようです

あともう一つ、実際に触ってみて強く感じたのが、「肌色補正」の効果です。
元々、私は風景をメインに撮っていたことは前述したとおりですが、最近は専らポートレート中心に撮っています。
ペンタックスさんとしては、企業的戦略もあって、「ポートレートに向く」と全面的に強く推せないのかもしれませんが、私は色作りにこだわるペンタックスらしさが出ていると感じました。
その効果をここではお見せ出来ないのが残念ですが、私はもし購入したら是非ポートレートに使用してみたい、いや、ポートレートを撮るために、このK-1を購入したいと強く思いました。



続いてSIGMA!
上場企業ではありませんが、記憶に新しいところで、N社から裁判に訴えられた際、その日を境に上場しているライバル社の株価が急伸した過去があり、投資家目線からも、その動向が気になるところです。

デジタルになって以降、これまで風景写真はシグマのSD15を長く使用してきた私としてもワクワクする情報が飛び込んできました。
CP+直前になってシグマが発表したのが「SD Quattro」!
既に発売されて人気の短焦点のレンズ一体型「DPQuattro」のレンズ交換式です。
「DPQuattro」発売直後から「一眼レフでQuattroを!」といった要望は多かったと思われます。
かく言う私もその一人です。

待望のレンズ交換式は何と、ミラーレスでした。
シグマ初のレンズ交換式ミラーレス一眼です。
しかも従来のAPS-Cサイズより、やや大きいAPS-Hサイズのセンサーを搭載するモデルも発売するとのこと。
これは見て来なければ!
ということで「タッチ&トライ」コーナーへ!
ここでも「ただ今、大変込み合っております。お時間はお一人3分までとさせていただきます」との表示がありましたが、待って触ってきました。

実物はこれ!

APS-Hモデルはまだ出来上がっていませんでした。
3層式センサーで、実質5100万画素にも相当するAPS-Hで写した画像の解像度は、まだもう少し先の楽しみに取っておきましょう。


そして、もう一つシグマでお楽しみはレンズ!
最近でも焦点距離20ミリ開放F値1.4など大口径で魅力あるレンズを次々に発表してきているシグマが、直近、CP+直前の2/23になって発表したのが「50~100mm F1.8通し」のズームレンズ。

たまたま手にすることが出来たのが「EOS Kiss」に装着したデモ機。
それでもズッシリ来る重量感は「手持ちでポートレートにはやや重いかな」といった印象ですが、この重量が逆に高級感にもつながっているように思えてきて、欲しい1台となりました。

 


ここからは、これまで以上に私の趣味の世界に入りますが、ニコンです。
話題のフラッグシップ機「D5」にも触れてきましたが、発売前という事で、データの持ち出しは出来ませんでした。
既に発売されているD810、D750はメモリーカードを持参すればデータの持ち出し可という事で、撮影してきました!

奥に見えるのがモデルさんです。このように、D810やD750を使ってモデルさんを撮影できるのです。

私もD810を使って撮影してきました。
レンズは85mmF1.4です。
3635万画素を体感!
撮影した写真がこれです。

さすがにデータのサイズが大きい大きい、ピクセル等倍にまで拡大した際の解像度は圧巻です。(掲載した画像は圧縮していますが・・・)
肌の発色も綺麗です。

それにしてもお美しいモデルさんですね。
何と言う方なのか分かりませんが、一度作品撮りを申し出たい気になってしまいます。(不可能でしょうが...)

 

最後に、やはり今年もここ!
昨年は弊社と共催でセミナーを実施したニッシンジャパンです。



今年のウリは何と言っても「i60A」でしょう。
昨年発売された「i40」より僅かに大きい程度の小型サイズで、ガイドナンバー60、そして無線を使ってのオフカメラ撮影も出来るのです。
これは絶―っ対買いです。
既に私の頭の中では「こういう使い方がある」「ああいう使い方もある」と妄想が膨らんでいます。

ブースでは、どのようなな環境下でも見やすくなったという液晶表示や、(ごめんなさい、この写真では見えにくいのですが)

特徴ある形状を利用したこのような置き方も出来ることなどの説明をして下さいました。

 

以上、今年もかなり私の趣味に偏ったレポートで恐縮でしたが、レポートしてみました。

限られた時間の中で、実際にはもっともっと沢山の写真を撮ってきましたし(特にキャノンは)、キャノンもオリンパスも富士フイルムもレポートしたいことはあるのですが、それはまた機会がありましたら・・・。


長文を読んでいただき、有り難うございます。

 

12月3日(木)キャスターの視点「2015国際ロボット展」 [取材レポート]

2015.12/03 ディレクター1号 記事URL コメント (0)

和島記者が「2015国際ロボット展」のリポートに取材に行ってきました。
レポートします。


ファナックの大口ロボット

【続きを読む】
8月25日(火)キャスターの視点 [取材レポート]

2015.08/25 ディレクター1号 記事URL コメント (1)
ソニーモバイルコミュニケーションズとロボットベンチャーZMPの合弁会社「エアロセンス」の会見より

「エアロセンス」HPのURLです。↓
http://www.aerosense.co.jp/services


自律型無人飛行機2種類


その1「マルチコプター型無人飛行機」


垂直離着陸機「VTOL」①


左がZMPの谷口社長


2重反転プロペラ部分のアップ














2月26日(木)キャスターの視点「第11回 国際水素・燃料電池展」 [取材レポート]

2015.02/26 ディレクター1号 記事URL コメント (1)

和島記者が「第11回 国際水素・燃料電池展」(FC EXPO 2015)に取材に行ってきました。
レポートします。


大陽日酸の「ハイドロシャトル」(移動式水素ステーション)

【続きを読む】
全30件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]