"相場の福の神"藤本誠之さんがホストを務める「この企業に注目!相場の福の神」 [相場の福の神(木)]

2022/06/02(木) 15:10 番組スタッフ 


"相場の福の神"こと財産ネット・藤本誠之さんがホストを務めるコーナー
『この企業に注目!相場の福の神』(火曜11:15頃~、木曜14:10頃~、金曜14:10頃~)
本日ON AIR!

毎回藤本さんが独自の視点で厳選した注目の上場企業1社が出演し、
藤本さんと対談します。

聴き逃した方は
当番組コーナーwebサイト http://market.radionikkei.jp/fukunokami/
火曜放送分は12:30、木曜・金曜放送分は18:00から配信の
ポッドキャスト/オンデマンドでお聴きください。


■6/2(木)ゲスト:アピリッツ
(4174・東証スタンダード)
代表取締役社長 執行役員 CEO 和田 順児 さん

6月3日(金)前場の予定

2022/06/02(木) 14:30 ディレクター1号 

「マーケットプレス」、本日もよろしくお願いします。


※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について

番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。


◎今日の前場の放送内容と出演者


キャスター鎌田伸一


進行 岸田恵美子 
  • 9:00
    「寄り付き情報&海外市場サマリー」
  • 9:15
    「今日の相場概況」
  • 9:30
    「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
  •  DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 アナリスト 田中 一実 さん
  • 9:45
  • 「マーケットデータ」
    「ランキング」
  • 10:00
    「マーケットデータ」
    「FXショートコメント」
  •  岡三証券 投資情報部 シニアストラテジスト 武部 力也 さん
  • 10:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:30
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 10:45
    「マーケットデータ」
  • 10 : 50
  • みんなで予防!感染症・健康アドバイス
  • 11:00
    「マーケットデータ」
  • 11:15
  • 「カカクドットコム流トレンドウォッチング」
  •  カカクコム 執行役員 鎌田 剛  さん
  • 11:30
    「前引け」
6月2日(木)後場の予定 [今日の放送内容]

2022/06/02(木) 12:00 ディレクター1号 

~「マーケットプレス」~後場も宜しくお願いします!

※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について
ラジオNIKKEIやradikoへのお問い合わせはこちらです。

番組ツイッター @market_press

※ハッシュタグ #market_press

番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。


◎本日後場の放送内容と出演者


キャスター 和島英樹



進行 飯村美樹

  • 12:30
    「後場寄り付き情報」
  • 12:35
  • 「マーケットデータ」
  • 12:53
  • 「日経電子版NEWS」
  • 13:00
    「マーケットデータ」
    「レバレッジ・ヴィレッジ」
  •  ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ アナリスト 小林 大純 さん
  • 13:15
    「マーケットデータ」
  • 13 : 30
  • 「マーケットデータ」
  • 「業界ピックアップ」
  •  QUICK企業価値研究所 調査部 シニアアナリスト 伊藤 健悟 さん
  • 13:45 
    「マーケットデータ」 
  • 「キャスターの視点」
  • 14:00
  • 「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
     岩井コスモ証券 投資情報センター 堀内 敏一 さん
  • 14:10
  • 「マーケットデータ」
  • 「この企業に注目!相場の福の神」
  •  財産ネット 企業調査部長 藤本 誠之 さん
【質問大募集!】 6/2(木)後場、和島英樹さん登場!ご質問はこちら! [和島さんへの質問はこちらへ(木)]

2022/06/02(木) 10:28 番組スタッフ 

毎週木曜・後場のキャスターは、ラジオNIKKEIコメンテーター和島英樹さんです。


豊富な取材経験と、国際認定テクニカルアナリスト(CFTe)の知識を活かし、マクロからミクロまで、多角的な視点で回答していきます。
マーケットに関する疑問・質問をどしどしお寄せください。
最近投資を始めた、という方からの質問でも構いません。初心者大歓迎です!

※全てのご質問にはお答えできないこと、ご了承下さい。

質問は下記の投稿フォームから、ラジオネーム・投資歴・質問内容・メールアドレス(送信確認のため)の入力だけで完了します。

6月2日の株式市場を前に。 [鎌田伸一記者編]

2022/06/02(木) 07:29 S.K 

 

 

 

「1日の米国株は下落」

「5月ISM製造業景況指数、強めの数字」

「5月のサプライチェーンの混乱継続」

「長期金利上昇に合わせて株価が下げる」

 

 

1日の米国株は下げました。下落率は、ニューヨークダウが0.5%、ナスダック総合指数が0.7%でした。ニューヨークダウは一時400ドルほど下げる場面もありました。

 

 

強い景気指標を受けて、長期金利が上昇し、それを気にする形で株価が下げる場面が見られました。株式市場では、金利の上昇を気にしています。

 

 

米国10年債利回りは、2.95%台まで上昇しました。前の日と比べると、0.1%超の上昇です。長期金利が上昇に進んだ米国時間午前10時から、米国株の下げが見られています。長期金利上昇に歩調を合わせた、株価下落です。

 

 

5月のISM製造業景況調査は、強めの内容となりました。以下に示します。

 

 

 

5月ISM製造業景況調査

景況指数(PMI)   56.1(+0.7)

新規受注       55.1(+1.6)

生産         54.2(+0.6)

雇用         49.6(-1.3)

配達遅延       65.7(-1.5)

在庫         55.9(+4.3)

顧客在庫       32.7(-4.4)

価格         82.2(-2.4)

 

 

雇用指数が50を割り込み、2020年11月以来の低い数字となりました。しかし、それ以外は比較的強めの数字です。各業界の担当者のコメントには、供給不足を指摘する声が引き続き目立っています。以下に紹介します。

 

 

 

「半導体部品供給が遅れるトンネルの中で、わずかな光が差してきた。」 [コンピュータ&エレクトロニクス製品]

 

「受注は依然好調。受注残も存在する。しかし、先行指標的な顧客の受注予測は軟化している 」[化学製品]

 

「半導体の課題は軟化していない、中国のロックダウンで状況が悪化した」 [輸送用機器]

 

「穀物、油脂、乳製品、タンパク質を中心とした投入コストは、小売・外食で転嫁できる以上のペースで上昇している。緩和の兆しはない」 [食品・飲料・タバコ製品]

 

「受注は依然として好調。材料価格は引き続き上昇している。コスト上昇の根本にはエネルギーと運賃が影響している」 [機械類]。

 

「上海は3月中旬から閉鎖されている。すべてが封鎖されており、生産活動も港湾活動も行われていない。エレクトロニクスのリードタイムは12ヶ月以上。」[加工金属製品]

 

「サプライチェーンの問題により、リードタイムが劇的に伸びている。今月は毎週、生産ラインに必要な部品が不足している。[雑貨]

 

「値上げが止まらない。2022年は良くなると思っていたが、そうはなっていない。サプライチェーンの乱れが続く」 [プラスチック・ゴム製品]

 

 

5月においては、サプライチェーン混乱継続が確認されました。物価上昇継続の認識から、長期金利が上昇して株価が下げました。足元の株式市場では、景気指標がやや緩み、ほどほどの需要減少の中で価格の上昇が収まるような指標を望んでいるようです。