【 質問大募集~♪ 】本日9/22(水)前場、馬渕治好さん登場~! ご質問はこちらからどうぞ [馬渕さんへの質問はこちらへ(水)]

2021/09/22(水) 08:45 番組スタッフS コメント (10)



馬渕さん、9月22日(水)の前場キャスターとして登場です!

いつものように、質問にもたっぷりお答えいただきます。

丁寧な解説に定評がある馬渕さんに、
あなたの疑問・質問をぶつけてみませんか?

前場はなかなか時間がとれないことも多いですが、
時間を見つけてみなさんの質問に答えていただきますよ~。
みなさん、どしどしお寄せください!

当記事右上にある"コメント"というところをクリックしていただくと
投稿フォームが出てきますので、そちらからご参加ください。


【コメントの投稿】投稿内容は番組等で随時ご紹介させていただきます。番組ブログの記事上部にある「コメント」というリンクをクリックしていただきますと、コメントの投稿や閲覧が可能となります。

【コメント投稿~パスワードについて】パスワードを設定する欄がありますが、こちらはご自身でコメントを編集したり削除したりするためのパスワードです。ご自身で設定してください。

◎当ブログ管理者からのお知らせ
他者を中傷する内容・表現等の書き込みはご遠慮くださるようお願いいたします。また、テーマと関係ない内容の投稿もお控え下さい。当ブログ管理者の判断で、削除を行うことがありますのでご了承ください。
番組へのご意見は「問い合わせフォーム」からお願いします。
コメントされる際は必ず「コメントに関する注意」をお読みいただいた上でご投稿ください。
投資家のみなさんが気持ちよく意見交換できるようなブログにしましょう。

9月22日の株式市場を前に。 [鎌田伸一記者編]

2021/09/22(水) 06:34 S.K コメント (0)

 




「21日の米国株、NYダウ小幅安、ナスダック総合指数は小幅高」

「米国時間22日にFOMCの結果発表」

「2022年末の政策金利、利上げ予想人数は?」

「2023年末の金利見通しに変化は出るか?」

「金利見通しから、テーパリングのペースを予想する」

 

 

 

 

21日の米国株は、ニューヨークダウが小幅下落、ナスダック総合指数は小幅上昇となりました。ニューヨークダウの下落率は0.15%、ナスダック総合指数の上昇率は0.22%でした。

 

 

21日は、3連休明けの取引が行われた日本株が下落したものの、香港ハンセン指数は0.5%の上昇、ヨーロッパ株も高くなりました。米国株も高く始まりましたが、反発は限定的でした。

 

 

今週は、中国・恒大集団の利払い契約履行状況、中国政府の対応に引き続き、高い関心が寄せられます。

 

 

米国時間22日には、FOMCの結果も公表されます。量的金融緩和規模の縮小(テーパリング)については、11月以降の会合において、雇用統計の結果を踏まえて決定されると予想されます。今回の発表内容では、FOMCメンバーの金利見通しが、6月時点の予想と比べて、どのように変化しているのか、焦点になります。

 

 

まず、「2022年末の政策金利(FFレート)」について、6月時点の見通しでは、メンバー18人のうち、11人が利上げなしと予想していました。以下に示します。

 

 

2022年末の政策金利(6月予想)

利上げなし 11人

1回利上げ  5人

2回利上げ  2人

 

 

ここに変化が出るかどうか、注目されます。利上げはテーパリングの後に実施されると考えられます。従って、メンバーが2022年末の金利をどのように考えているのか、それがわかると、テーパリングのペースもつかめるようになります。

 

 

現在、FRBは毎月1200億ドルの債券を購入しています。FOMC1回の会合において、150億ドルの債券購入額の削減に動くならば、1200億ドル÷150億ドル=8回という計算で、8回のFOMCの末に、債券購入額はゼロになります。

 

 

FOMCは年間8回行われます。従って、1度の会合に150億ドルの削減ならば、テーパリングは1年に渡って行われます。利上げは、その後ということになります。

 

 

1度の会合毎に100億ドルの削減ならば、購入額がゼロになるまでに12回の会合が必要になります。200億ドルの削減ならば、6回の会合でゼロになります。

 

 

FOMCメンバーが来年末のFFレートをどのように予想しているか、そこを知ることにより、テーパリングのペースを読むことも可能になります。

 

 

次に、6月時点におけるFOMCメンバーの2023年末の予想を以下に示します。

 

 

2023年末の政策金利

利上げなし   5人

1回利上げ   2人

2回利上げ   3人

3回利上げ   3人

4回利上げ   3人

6回利上げ   2人

 

 

2023年末の金利についても、テーパリング終了後の利上げのペースを考える上で注目されます。6月時点の予想と比べて、利上げの時期が後ろ倒しの傾向になった場合、株式市場が「金利引き上げ時期が先に延びた」と安心するのか、それとも「米国景気は3か月前と比べて勢いが弱まっている」と懸念するのか、興味深い点です。

 

 

物流大手のフェデックスが21日、6-8月期の決算を発表しました。売上高は220億ドル(前年同期比+13.9%)、営業利益は14億9000万ドル(同-9.1%)となりました。

 

 

フェデックスでは6-8月期決算の事業環境について「労働力の確保に影響が出た。ネットワークの非効率性や賃金の上昇、購入費・輸送費の増加などで、前年同期比では約4億5000万ドルのコスト増加になった」としています。物流企業におけるコスト上昇圧力が明らかになりました。フェデックスは、第1四半期の業績が予想を下回ったとして、業績見通しを下方修正しました。フェデックスの時間外取引における株価は、日本時間の午前6時30分の段階で、約4%下落しています。

 

 

 

全7件中 6件?7件目を表示 [ 前の5件 1 2 ]