"相場の福の神"藤本誠之さんがホストを務める「この企業に注目!相場の福の神」 [相場の福の神(木)]

2021/09/02(木) 15:10 番組スタッフ 


"相場の福の神"こと財産ネット・藤本誠之さんがホストを務めるコーナー
『この企業に注目!相場の福の神』(火曜11:15頃~、木曜14:30頃~、金曜14:30頃~)
本日ON AIR!

毎回藤本さんが独自の視点で厳選した注目の上場企業1社が出演し、
藤本さんと対談します。

聴き逃した方は
当番組コーナーwebサイト http://market.radionikkei.jp/fukunokami/
火曜放送分は12:30、木曜・金曜放送分は18:00から配信の
ポッドキャスト/オンデマンドでお聴きください。


■9/2(木)ゲスト:フォースタートアップス
(7089・東証マザーズ)
代表取締役社長  志水 雄一郎 さん

9月3日(金)前場の予定 [今日の放送内容]

2021/09/02(木) 15:10 ディレクター1号 

「マーケットプレス」、本日もよろしくお願いします。


※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について

☆☆朝8時からは「こちカブ」☆☆
ラジコタイムフリー、ポッドキャスト配信中!
『こちカブ』番組ツイッター @kochikabu
※ハッシュタグ #kochikabu





◎今日の前場の放送内容と出演者


キャスター鎌田伸一


進行 岸田恵美子 

  • 9:00
    「寄り付き情報&海外市場サマリー」
  • 9:15
    「今日の相場概況」
  • 9:30
    「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
  •  金融・貴金属アナリスト 亀井 幸一郎 さん
  • 9:45 
  • 「マーケットデータ」
    「ランキング」
  • 10:00
    「マーケットデータ」
    「FXショートコメント」
  •  岡三証券 投資情報部 シニアストラテジスト 武部 力也 さん
  • 10:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:30
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 10:45
    「マーケットデータ」
  • 11:00
    「マーケットデータ」
  • 11:15
  • 「カカクドットコム流トレンドウォッチング」
  •  カカクコム 執行役員 鎌田 剛 さん 
  • 11:30
    「前引け」
【質問大募集!】 9/2(木)後場、和島英樹さん登場!ご質問はこちら! [和島さんへの質問はこちらへ(木)]

2021/09/02(木) 13:28 番組スタッフ コメント (9)
9月2日(木)後場のキャスターは、
ラジオNIKKEIコメンテーターの和島英樹さんが登場!













豊富な取材経験と、国際認定テクニカルアナリスト(CFTe)の知識を活かし、
マクロからミクロまで、多角的な視点で回答していきます。
マーケットに関する疑問・質問をどしどしお寄せください。



右上の「コメント」という箇所をクリックするとコメント投稿フォームが出てきます。
皆さんからのご質問をお待ちしています!



【コメントの投稿】投稿内容は番組等で随時ご紹介させていただきます。番組ブログの記事上部にある「コメント」というリンクをクリックしていただきますと、コメントの投稿や閲覧が可能となります。

【コメント投稿~パスワードについて】パスワードを設定する欄がありますが、こちらはご自身でコメントを編集したり削除したりするためのパスワードです。ご自身で設定してください。

◎当ブログ管理者からのお知らせ
他者を中傷する内容・表現等の書き込みはご遠慮くださるようお願いいたします。また、テーマと関係ない内容の投稿もお控え下さい。当ブログ管理者の判断で、削除を行うことがありますのでご了承ください。
番組へのご意見は「問い合わせフォーム」からお願いします。
コメントされる際は必ず「コメントに関する注意」をお読みいただいた上でご投稿ください。 投資家のみなさんが気持ちよく意見交換できるようなブログにしましょう。




9月2日(木)後場の予定 [今日の放送内容]

2021/09/02(木) 12:00 ディレクター1号 

~「マーケットプレス」~後場も宜しくお願いします!

※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について
ラジオNIKKEIやradikoへのお問い合わせはこちらです。

番組ツイッター @market_press

※ハッシュタグ #market_press

番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。


◎本日後場の放送内容と出演者


キャスター 和島英樹



進行 飯村美樹

  • 12:30
    「後場寄り付き情報」
  • 12:35
  • 「マーケットデータ」
  • 12:53
  • 「日経電子版NEWS」
  • 13:00
    「マーケットデータ」
    「レバレッジ・ヴィレッジ」
  •  フィスコ 株式チーフアナリスト 小林 大純 さん
  • 13:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 13 : 30
  • 「マーケットデータ」
  • 「業界ピックアップ」
  •  QUICK企業価値研究所 調査部 シニアアナリスト 伊藤 健悟 さん
  • 13:45 
    「マーケットデータ」 
  • 「キャスターの視点」
  • 14:00
  • 「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
     証券ジャパン 調査情報部長 大谷 正之 さん
  • 14:15
    「マーケットデータ」
  • 「特別コーナー」
  •  水戸証券 投資情報部 情報課長 岩崎 利昭 さん
  • 14:30
    「マーケットデータ」
  • 「この企業に注目!相場の福の神」
  •  財産ネット 企業調査部長 藤本 誠之 さん
  • 14:45
  • 「マーケットデータ」
  • 15:00
  • 「大引け」
9月2日の株式市場を前に。 [鎌田伸一記者編]

2021/09/02(木) 07:42 S.K コメント (3)

 




「1日の米国株は小動き」

「ADP発表の雇用者増加数は低水準」

「8月のISM製造業景況指数、前月比で上昇」

「在庫指数上昇、入荷遅延指数が低下」

 

 

 

昨日1日の米国株は小動きとなりました。ニューヨークダウは0.14%の下落率となる一方で、ナスダック総合指数は0.33%上昇しました。ニューヨークダウ採用銘柄における上昇率上位5社は、ディズニー、セールスフォース、P&G、コカ・コーラ、アップルです。一方で下落率上位5社はキャタピラー、シェブロン、アムジェン、アメリカンエクスプレス、ハネウエルでした。IT株やディフェンシブストックが高く、景気敏感株や資源株は比較的安くなる状況でした。

 

 

民間調査機関のADPが発表した8月の雇用調査によると、非農業部門の雇用者数は、37万4000人の増加となりました。業態別では「モノつくり」で45000人、「サービス業者」で32万9000人の増加でした。「サービス業者」のうち、「レジャー・観光」が20万1000人を占めました。

 

 

ADP発表の雇用者は伸び悩んでいます。労働省発表の非農業雇用者増加数と並べて時系列推移を見てみましょう。(単位1000人)

 

         ADP      労働省

5月       882     614

6月       741     938

7月       326     943

8月       374   (9月3日発表)

 

 

ADPと労働省発表のデータの乖離が大きくなっています。従って、1日に発表されたADPの内容を受けても、雇用伸び悩みの認識はさほど広がらなかったように見えます。

 

 

1日には、8月のISM製造業景況指数も発表されました。59.9と前月比で0.4%Pの上昇となりました。ニューヨーク連銀発表(8月16日)の8月製造業景況指数が大きく低下していたので、ISMの指数も低下することが考えられましたが、非常に強い数字となりました。項目別指数を以下に示します。

 

 

新規受注  66.7(+1.8)

出荷    60.0(+1.6)

雇用    49.0(-3.9)

入荷遅延  69.5(-3.0)

在庫    54.2(+5.3)

顧客在庫  30.2(+5.2)

価格    79.4(-6.3)

 

 

新規受注や出荷が増える一方で、雇用指数が低下しています。ADPの雇用調査と合わせ、ISMの雇用指数も低下して、かつ50を2か月ぶりに割ってきました。1日発表の米国経済指標は、週末発表の雇用統計に対しての投資家の視線をやや低めにした可能性があります。

 

 

そのほか、ISM項目別指数では、在庫指数が低下して、入荷遅延指数が上昇したことが注目点です。出荷が進み、足りなかった在庫が補充されて、かつ、顧客にモノが届く時間が短縮されたことがうかがわれます。サプライチェーンの混乱がやや落ち着いていることを示すデータと捉えられます。

 

 

ただ、購買担当者から紹介されているコメントは、材料不足、従業員不足、サプライチェーン問題を指摘する声で溢れている状況には変化はありません。以下に要約の一部を記載します。

 

 

「半導体不足が供給網に影響を与えている。」 [コンピュータおよび電子製品]

 

「COVID-19のケースで一部の工場が影響を受けている。マレーシア政府は、工場は60%の能力でしか操業できないとしている」 [コンピュータ・電子機器製品].

 

「港湾業務の遅延や海上コンテナの逼迫により、リードタイムの延長が続いている。製造能力は、労働者の不足による生産量の減少の影響を受けています」[化学製品].

「半導体の供給問題により生産が制限されている」 [輸送用機器]


「サプライチェーンは厳しい。陸路と海路の両方で、COVID-19による従業員の欠勤で、すでに逼迫した労働力がさらに悪化している」 [食品・飲料・たばこ製品]

 

「ビジネスは好調だが、原材料価格は価格圧力が高まっている」 [プラスチック・ゴム製品]

 

「顧客からの受注残が増え続けている。価格上昇が続き、物流は継続的課題」 [機械]


供給面の改善がなかなか進まないとの意見も多いようです。