8月2日(月)前場の予定 [今日の放送内容]

2021/07/30(金) 16:00 ディレクター1号 

「マーケットプレス」~よろしくお願いします。


※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について

番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。

◎朝8時からは「こちカブ」
ラジコタイムフリー、ポッドキャスト配信中!
『こちカブ』番組ツイッター @kochikabu
※ハッシュタグ #kochikabu



◎今日の前場の放送内容と出演者


キャスター 和島英樹


進行 岸田恵美子

  • 9:00
    「寄り付き情報&海外情報サマリー」
  • 9:15
    「今日の相場概況」
  • 9:30
    「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
  •   SBI証券 投資調査部長 鈴木  英之  さん
  • 9:45
  • 「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:00
    「マーケットデータ」
    「FXショートコメント」
  •   FXプライムbyGMO 営業推進部 崔  敏樹  さん 
  • 10:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:30
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 10:45
    「マーケットデータ」
  • 10:50
  • みんなで予防!感染症ワンポイントアドバイス
  • 11:00
    「マーケットデータ」
  • 11:10
    「10分で読み解くマネーの潮流」
  •   日経ヴェリタス 記者 斎藤 正弘 さん 
  • 11:30
    「前引け」
8月2日~6日の出演者(予定) [今週の出演者]

2021/07/30(金) 15:30 ディレクター コメント (1)

今週の出演者(予定)

8月2日(月)
<前場>解説:和島英樹さん 進行:岸田恵美子
<後場>解説:鈴木一之さん 進行:叶内文子     
   
   

8月3日(火)

<前場>解説:和島英樹さん 進行:岸田恵美子

<後場>解説:崔真淑さん 進行:浜田節子
   

      
8月4日(水)

<前場>解説:国際テクニカルアナリスト 福永博之さん 進行:岸田恵美子

<後場>解説:岡崎良介さん 進行:叶内文子


8月5日(木)

<前場>解説:鎌田伸一 進行:津田麻莉奈

<後場>解説:和島英樹さん 進行:飯村美樹
     

8月6日(金)

<前場>解説:鎌田伸一 進行:岸田恵美子

<後場>解説:DZHフィナンシャルリサーチ 東野幸利さん 進行:浜田節子  
     
                  

"相場の福の神"藤本誠之さんがホストを務める「この企業に注目!相場の福の神」 [相場の福の神(金)]

2021/07/30(金) 15:10 番組スタッフ 


"相場の福の神"こと財産ネット・藤本誠之さんがホストを務めるコーナー
『この企業に注目!相場の福の神』(火曜11:15頃~、木曜14:30頃~、金曜14:30頃~)
本日ON AIR!

毎回藤本さんが独自の視点で厳選した注目の上場企業1社が出演し、
藤本さんと対談します。

聴き逃した方は
当番組コーナーwebサイト http://market.radionikkei.jp/fukunokami/
火曜放送分は12:30、木曜・金曜放送分は18:00から配信の
ポッドキャスト/オンデマンドでお聴きください。


■7/30(金)ゲスト:チノー
(6850・東証1部)
代表取締役 社長執行役員 豊田 三喜男 さん

7月30日(金)後場の予定 [今日の放送内容]

2021/07/30(金) 12:00 ディレクター1号 

~「マーケットプレス」~後場も宜しくお願いします。


※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について
ラジオNIKKEIやradikoへのお問い合わせはこちらです。


番組ツイッター @market_press
※ハッシュタグ #market_press

番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。



◎本日後場の放送内容と出演者

 

キャスター NSN アナリスト 宇野沢茂樹さん



進行 叶内文子

  • 12:30
    「後場寄り付き情報」
  • 12:45
  • 「マーケットデータ」
  • 12:53
  • 「日経電子版NEWS」
  • 13:00
    「マーケットデータ」
    「レバレッジ・ヴィレッジ」
     フェアラインパートナーズ 代表取締役 堀川  秀樹  さん
  • 13:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 13:30
    「マーケットデータ」
  • 「スケジュール総まとめ」
  • 13:45
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 14:00
    「マーケットデータ」
  • 「市場関係者の目」
  •  マネックス証券 チーフストラテジスト 広木   隆 さん
  • 14:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 14:30
    「マーケットデータ」
  • 「この企業に注目!相場の福の神」
  •  財産ネット 企業調査部長 藤本 誠之 さん
  • 14:45
  • 「マーケットデータ」
  • 15:00
    「大引け」
7月30日の株式市場を前に。 [鎌田伸一記者編]

2021/07/30(金) 06:49 S.K コメント (2)

 


「29日の米国株は小幅高」

「アマゾンの株価、時間外で急落」

「ファナック、村田製作所が増額修正を発表」

「本日はデンソー、アイシン等、取引時間中に決算発表」

 

 

 

29日の米国株は小幅高となりました。ニューヨークダウの上昇率は0.4%、ナスダック総合指数は0.1%でした。

 

 

アマゾンの株価が時間外取引で急落しています。アマゾンは米国時間29日、4-6月期の決算を発表しました。売上高は1130億ドル(前年同期比+27%)、税引き利益は77億ドル(同+48%)となりました。

 

 

前年同期との比較では大幅増収増益です。しかし、1-3月期の売上高は1085億ドル、税引き利益81億ドルでしたので、直前の四半期と比べると、利益が減少しました。7-9月期の売上高は1060ー1120億ドルと、4-6月期と比べて減少する見通しを発表しています。伸び悩みの決算内容を受けて、株価は、日本時間の朝6時50分、7%を超える下落率となっています。

 

 

 

29日に発表された日本企業の決算発表から、注目される内容をお伝えいたします。

 

 

村田製作所が29日発表した4-6月期の営業利益は、1051億円と前年同期との比較で約2倍となりました。1-3月期の733億円に対しても43%の増益です。自動車、スマホ、PC関連向けの需要増加を受けて、高いレベルの利益を実現しました。6月末の受注残高は4907億円で、過去最高を記録しました。

 

 

村田製作所では、今2022年3月期の営業利益の見通しについて、従来の3200億円を3650億円に上方修正しました。1株利益は423円の見通しです。

 

 

村田製作所の上半期の営業利益は2040億円、下半期は1610億円の見通しです。上半期が470億円増額修正されて、通期は450億円の増額修正ですから、下半期は20億円ほど引き下げられました。足元の強い需要動向が上半期の利益の大幅上方修正をもたらし、下半期はやや慎重な見地で業績が予想されています。部品不足に備えて、取引先の発注が上半期に急増し、下期はやや落ち着く動きが想定されます。

 

 

また、ファナックも今2022年3月期の業績見通しを上方修正しました。今通期の営業利益は従来の1484億円に対して1944億円に上方修正されました。通期の上方修正の幅は460億円です。従来の見通しに対して、上半期で142億円、下半期では、318億円上方修正されています。ファナックの場合は、下期の上方修正幅が上期よりも大きくなっています。

 

 

ファナックの四半期ごとの受注推移を見てみましょう。(単位億円)

 

      2020年             2021年

 4-6   7-9  10-12    1-3月  4-6月

1073  1255   1740    2071  2245

 

 

順調に伸びています。ただ、直前の四半期と比べた増加率は、昨年10-12月期が38%、今年1-3月期が19%だったのに対して、今回発表された4-6月期は8.4%と、2桁には届きませんでした。高い伸びが続いていた中国向けの受注は、4-6月期734億円となり、1-3月期比で1.5%の増加にとどまりました。代わって、欧州向けの受注が367億円(1-3月期比+27.5%)と、高い伸びになっています。全体をけん引してきた中国向けの伸びが一服する一方で、欧州向けの回復に拍車が掛かってきました。

 

 

本日は、取引時間中に、デンソー、アイシンなど、トヨタ系の有力自動車部品メーカーが相次いで決算を発表します。三菱自動車、日産に続いて、トヨタ系自動車部品メーカーに上方修正の動きが広がるか、注目されます。