"相場の福の神"藤本誠之さんがホストを務める「この企業に注目!相場の福の神」 [相場の福の神(木)]

2021/07/29(木) 15:10 番組スタッフ 


"相場の福の神"こと財産ネット・藤本誠之さんがホストを務めるコーナー
『この企業に注目!相場の福の神』(火曜11:15頃~、木曜14:30頃~、金曜14:30頃~)
本日ON AIR!

毎回藤本さんが独自の視点で厳選した注目の上場企業1社が出演し、
藤本さんと対談します。

聴き逃した方は
当番組コーナーwebサイト http://market.radionikkei.jp/fukunokami/
火曜放送分は12:30、木曜・金曜放送分は18:00から配信の
ポッドキャスト/オンデマンドでお聴きください。


■7/29(木)ゲスト:ネツレン・高周波熱錬
(5976・東証1部)
代表取締役社長執行役員 大宮 克己 さん



7月30日(金)前場の予定 [今日の放送内容]

2021/07/29(木) 15:10 ディレクター1号 

「マーケットプレス」、本日もよろしくお願いします。


※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について

☆☆朝8時からは「こちカブ」☆☆
ラジコタイムフリー、ポッドキャスト配信中!
『こちカブ』番組ツイッター @kochikabu
※ハッシュタグ #kochikabu





◎今日の前場の放送内容と出演者


キャスター鎌田伸一


進行 岸田恵美子 

  • 9:00
    「寄り付き情報&海外市場サマリー」
  • 9:15
    「今日の相場概況」
  • 9:30
    「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
  •  ピクテ投信投資顧問 運用・商品本部 投資戦略部  ストラテジスト 糸島 孝俊 さん
  • 9:45
  • 「マーケットデータ」
    「ランキング」
  • 10:00
    「マーケットデータ」
    「FXショートコメント」
  •  岡三証券 投資情報部 シニアストラテジスト 武部 力也 さん
  • 10:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:30
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 10:45
    「マーケットデータ」
  • 10:50
  • みんなで予防!感染症ワンポイントアドバイス
  • 11:00
    「マーケットデータ」
  • 11:15
  • 「カカクドットコム流トレンドウォッチング」
  •  カカクコム 執行役員 鎌田   剛 さん
  • 11:30
    「前引け」
7月29日(木)後場の予定 [今日の放送内容]

2021/07/29(木) 12:00 ディレクター1号 

~「マーケットプレス」~後場も宜しくお願いします!

※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について
ラジオNIKKEIやradikoへのお問い合わせはこちらです。

番組ツイッター @market_press

※ハッシュタグ #market_press

番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。


◎本日後場の放送内容と出演者


キャスター 和島英樹



進行 飯村美樹

  • 12:30
    「後場寄り付き情報」
  • 12:35
  • 「マーケットデータ」
  • 12:53
  • 「日経電子版NEWS」
  • 13:00
    「マーケットデータ」
    「レバレッジ・ヴィレッジ」
  •  フィスコ 株式チーフアナリスト 小林 大純 さん
  • 13:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 13 : 30
  • 「マーケットデータ」
  • 「業界ピックアップ」
  •  QUICK企業価値研究所 調査部 シニアアナリスト 原田 大輔 さん
  • 13:45 
    「マーケットデータ」 
  • 「キャスターの視点」
  • 14:00
  • 「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
     証券ジャパン 調査情報部長 大谷 正之 さん
  • 14:15
    「マーケットデータ」
  • 「特別コーナー」
  •  みずほ証券 シニアテクニカルアナリスト 中村 克彦 さん
  • 14:30
    「マーケットデータ」
  • 「この企業に注目!相場の福の神」
  •  財産ネット 企業調査部長 藤本 誠之 さん
  • 14:45
  • 「マーケットデータ」
  • 15:00
  • 「大引け」
【質問大募集!】 7/29(木)後場、和島英樹さん登場!ご質問はこちら! [和島さんへの質問はこちらへ(木)]

2021/07/29(木) 10:30 番組スタッフ コメント (7)
7月29日(木)後場のキャスターは、
ラジオNIKKEIコメンテーターの和島英樹さんが登場!













豊富な取材経験と、国際認定テクニカルアナリスト(CFTe)の知識を活かし、
マクロからミクロまで、多角的な視点で回答していきます。
マーケットに関する疑問・質問をどしどしお寄せください。



右上の「コメント」という箇所をクリックするとコメント投稿フォームが出てきます。
皆さんからのご質問をお待ちしています!



【コメントの投稿】投稿内容は番組等で随時ご紹介させていただきます。番組ブログの記事上部にある「コメント」というリンクをクリックしていただきますと、コメントの投稿や閲覧が可能となります。

【コメント投稿~パスワードについて】パスワードを設定する欄がありますが、こちらはご自身でコメントを編集したり削除したりするためのパスワードです。ご自身で設定してください。

◎当ブログ管理者からのお知らせ
他者を中傷する内容・表現等の書き込みはご遠慮くださるようお願いいたします。また、テーマと関係ない内容の投稿もお控え下さい。当ブログ管理者の判断で、削除を行うことがありますのでご了承ください。
番組へのご意見は「問い合わせフォーム」からお願いします。
コメントされる際は必ず「コメントに関する注意」をお読みいただいた上でご投稿ください。 投資家のみなさんが気持ちよく意見交換できるようなブログにしましょう。




7月29日の株式市場を前に。 [鎌田伸一記者編]

2021/07/29(木) 07:42 S.K コメント (2)

 


「FOMC結果発表、米国株の反応は限定的」

「出遅れ株への物色意識、ラッセル2000は1.5%上昇」

「TDKの電池事業、原料コバルト上昇の影響受ける」

「日産が上方修正、自動車株全般への波及はあるか?」

 

 

 

28日の米国株は、ニューヨークダウが0.36%の下落率となる一方で、ナスダック総合指数は0.7%の上昇率となりました。動きの良かったのは小型株です。小型株全般の値動きを示す「ラッセル2000」は1.5%の上昇率となりました。

 

 

足元で、ニューヨークダウ、ナスダック総合指数、S&P500種指数が史上最高値を塗り替える一方で、「ラッセル2000」は、3月15日の2360Pの高値に対して、およそ7%も下の位置にありました。主要指数と比べて出遅れた「ラッセル2000」の上昇率が高くなったことを考慮すると、出遅れ株の買い付けを意識した動きが出ているのかもしれません。

 

 

米国時間28日には、FOMCの結果が発表されて、パウエル議長の記者会見が行われました。結果としては、新鮮な材料は提供されず、マーケットも大きな反応は示しませんでした。

 

 

今回の声明文の中で、新しい部分としては、次の文があります。

 

「Since then, the economy has made progress toward these goals, and the Committee will continue to assess progress in coming meetings.」

 

 

「経済はゴールに向かって進展してきた。FOMCは来るべき会合たち(複数の会合)において、進展を評価するだろう。」

 

 

「複数の会合」とあります。複数は2回以上です。次の会合は9月21日―22日です。その次は11月2日-3日です。少なくとも11月の会合までは、金融緩和の量的規模に対してテーパリングの決断は下されないというメッセージです。もちろん、進展を評価するので、評価の状況によっては、テーパリングは行われません。市場の考え方に沿ったメッセージなのでしょう。

 

 

 

 

さて、日本株です。昨日は、日本でも主力企業が決算発表を行っています。電子部品メーカーでは、TDKが4-6月期決算を発表しました。4-6月期の営業利益は、前年同期との比較で67%増益の308億円となりました。

 

 

67%増益というと、良好な決算に見えますが、会社側では「第1四半期における利益の進捗率は、期初計画と比べると下振れた」と話していました。つまり、あまり良くない決算結果です。半導体不足やASEANにおけるロックダウンにより、中国のスマホ生産が予想に届かなかったことが影響しています。ただ、この4-6月期の生産未達状況については、年後半に向けて、リカバリーができると見ています。通期業績見通しは修正していません。

 

 

TDKの事業の中で、近年、稼ぎ頭となっている事業は「エナジー応用製品」です。この分野の中心製品は、二次電池です。

 

 

この「エナジー応用製品」の4-6月期の売上高は1996億円(前年同期比+27%)と大きく伸びました。スマホ、タブレットPC、ノートPC向けの電池の出荷拡大は続いています。

 

 

しかし、同事業の営業利益は、前年同期比25%減少の234億円となりました。売上高が27%も増加えしているのに、営業利益は25%も減少している――かなり驚く結果です。

 

 

これは、電池の原材料価格が高騰しているためです。特にコバルトの価格が上昇して、原材料価格を押し上げ、利益の伸びを抑制しています。今後、原料の値上がり分を販売価格に反映させる努力をします。しかし、4-6月期については、大きく売上高は伸びているのに、減益を強いられる状況をもたらしました。

 

 

電池のメーカーは家電や通信機器、自動車メーカーを販売先にします。家電や通信機器、自動車メーカーは消費者を販売先にします。4-6月期については、より川上に位置する企業の方が利益動向は相対的に良くなると考えられます。

 

 

電池の場合は、川上から川下にかけて、

 

素材・化学メーカー(住友金属鉱山、旭化成、東レ等)→電池メーカー→家電・自動車メーカー、という取引の流れになります。

 

 

リチウムイオン電池の正極材と使用されるコバルト酸リチウムについては、コバルトの価格が急騰しているので、ニッケルなどの他素材を使用するケースが増えています。採用が増える素材を供給している企業などの収益が良くなってくるでしょう。

 

 

三菱自動車に続き、28日に4-6月期決算を発表した日産自動車も今3月期の営業利益を上方修正しました。営業利益は従来のゼロから1500億円に修正されました。既に、昨日、日産の株価は上昇していました。上方修正がここまでの株価に織り込まれてきたのかどうか、本日の株価動向が注目されます。三菱自動車や日産の上方修正が、他の自動車関連株全般にどの程度波及するのか、注目されます。