7月14日(水)前場の予定 [今日の放送内容]

2021/07/13(火) 15:10 ディレクター1号 

「マーケットプレス」、本日もよろしくお願いします。


※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について

☆☆朝8時からは「こちカブ」☆☆
ラジコタイムフリー、ポッドキャスト配信中!
『こちカブ』番組ツイッター @kochikabu
※ハッシュタグ #kochikabu





◎今日の前場の内容と出演者


キャスター 国際テクニカルアナリスト 福永博之


進行 岸田恵美子

  • 9:00
    「寄り付き情報&海外サマリー」
  • 9:15
    「今日の相場概況」
  • 9:30
    「マーケットデータ」
    「市場関係者の目」
     楽天証券経済研究所 アナリスト 今中 能夫 さん
  • 9:45
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:00
    「マーケットデータ」
  • 「FX ショートコメント」
  •  IG証券  シニアFXストラテジスト 石川 順一 さん
  • 10:15
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 10:30
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 10:45
    「マーケットデータ」
  • 10 : 50
  • みんなで予防!感染症ワンポイントアドバイス
  • 11:00
    「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 11:30
    「前引け」
7月13日(火)後場の予定 [今日の放送内容]

2021/07/13(火) 12:00 ディレクター1号 

「マーケットプレス」~後場もよろしくお願いします!



※【参考情報】
パソコンでradiko.jpをご利用中に音声の途切れなどが見られた場合について
ラジオNIKKEIやradikoへのお問い合わせはこちらです。


番組へのご意見は右側のグレーのバナー「番組宛メール送信フォーム」からお願い致します。


◎本日後場の放送内容と出演者

キャスター 鎌田伸一 



キャスター 崔真淑


進行 浜田節子

  • 12:30
    「後場寄り付き情報」
  • 12:45
    「マーケットデータ」
  • 12:53
  • 「日経電子版NEWS」
  • 13:00
    「マーケットデータ」
    「レバレッジ・ヴィレッジ」
     みずほ証券 エクイティ調査部 シニアテクニカルアナリスト 三浦 豊 さん
  • 13:15
    「マーケットデータ」
    「さいますみのオイコノミクス」
  • 13:30
    「マーケットデータ」
  • 「新興国マーケット情報」 
  •  国際大学 特別招聘教授 林 秀毅 さん
  • 13:45
    「マーケットデータ」
  • 「キャスターの視点」
  • 14:00
    「マーケットデータ」 
  • 「市場関係者の目」
  •   大和証券 投資情報部 日本株シニアストラテジスト 石黒 英之 さん
  • 14:15
  • 「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 14:30
  • 「マーケットデータ」
  • 「ランキング」
  • 14:45
  • 「マーケットデータ」 
  • 「1日の振り返り」
  • 15:00
  • 「大引け」
"相場の福の神"藤本誠之さんがホストを務める「この企業に注目!相場の福の神」 [相場の福の神(火)]

2021/07/13(火) 11:16 番組スタッフS 


"相場の福の神"こと財産ネット・藤本誠之さんがホストを務めるコーナー
『この企業に注目!相場の福の神』火曜11:15頃~、木曜14:30頃~、金曜14:30頃~
本日ON AIR!

毎回藤本さんが独自の視点で厳選した注目の上場企業1社が出演し、
藤本さんと対談します。

聴き逃した方は
当番組コーナーwebサイト http://market.radionikkei.jp/fukunokami/
火曜放送分は12:30、木曜・金曜放送分は18:00から配信の貴雄
ポッドキャスト/オンデマンドでお聴きください。



■7/13(火)ゲスト:AI CROSS
(4476・東証マザーズ
代表取締役社長 原田 典子さん



「市場関係者の目」香川睦さんの資料です! [香川睦さん編]

2021/07/13(火) 09:25 ディレクター2号 コメント (0)

「市場関係者の目」火曜日コメンテーター、楽天証券経済研究所・香川睦さんの資料です。
↓↓↓↓↓をクリックし、放送とあわせてご覧ください。

20210713_1.pdf

7月13日の株式市場を前に。 [鎌田伸一記者編]

2021/07/13(火) 07:15 S.K コメント (0)



「ニューヨークダウ、取引時間中に2か月ぶり35000ドル」

「決算発表控えるGSとJPモルガンが高い」

「日本では設備投資関連株が人気」

「工作機械受注増、好感されるか」

 

 

 

週明け、12日の米国株は上昇しました。ニューヨークダウ、ナスダック総合指数など、主要株価指数の終値における高値更新が続いています。ニューヨークダウは取引時間中に35000ドル台に乗せました。取引時間中の35000ドル乗せは、5月10日以来、およそ2か月ぶりのことです。

 

 

ニューヨークダウ採用銘柄における上昇率トップはディズニーでした。ディズニーは4.1%上昇しました。新作映画の「ブラック・ウィドウ」が劇場とストリーミング配信で、ともに好成績を上げたことが好感されています。

 

 

ブラック・ウィドウは封切りとなった先週末において、合計で約2億1500万ドルの収入があったと、ディズニー社HPに発表されています。この内訳は、米国国内興行収入が8000万ドル、海外興行収入が7800万ドル、ストリーミング収入が6000万ドルです。劇場公開と配信を同時に行う手法です。映画の視聴者の選択肢を増やすモデルが好感されているようです。

 

 

ニューヨークダウ採用銘柄で上昇率2位はゴールドマンサックス、3位はJPモルガンでした。この両社は13日に決算発表を予定しています。決算発表を控えた、この金融2社が上昇率の2位と3位に付けているのですから、「決算発表を受けて上昇する」ことを期待している投資家が多いという事なのでしょう。従って、12日の米国株式市場の上昇は「決算内容への期待から買われた」と説明されます。

 

 

3か月前に発表された1-3月期決算では、ゴールドマンの1株利益は18.60ドル、JPモルガンは4.5ドルでした。かなり乱暴な計算方法ですが、それを4倍して、年間1株利益を出すと、ゴールドマンが74ドル、JPモルガンが16ドルになります。

 

 

その1株利益に対して、12日の終値はゴールドマンが380ドル、JPモルガンが158ドルです。金融株がバリュー株として位置付けられることがわかります。

 

 

さて、次は日本株を見ましょう。昨日12日の東京株式市場では、設備投資関連株の上昇が目立ちました。TOPIXの業種別株価指数では「機械」の上昇率が3.17%と、全業種でトップとなりました。

 

 

12日に工作機械工業会から発表された6月の工作機械受注高は、1321億円となりました。前年同月と比べて、96.6%の増加、前月の5月と比べても6.6%の増加です。

 

 

内需が447億円、前年同月比91.5%増加、外需は873億円、同じく99.3%増加です。内需、外需とも前年同月と比べると、2倍近い伸びになっています。

 

 

前月5月との比較では、内需が34.7%増加となる一方で、外需は3.7%の減少でした。中国向けがけん引してきた外需がやや伸び悩んでいますが、内外需合計で極めて高いレベルです。

 

 

4-6月期の合計の工作機械受注額は、約3800億円となりました。四半期ベースでの3800億円の受注規模は、2018年10-12月期の4067億円以来の高水準です。

 

 

安川電機が先週金曜日に業績の増額修正を発表しました。株価全般が上昇に転じたこともあって、安川電機の株価が大幅上昇を見せたことで、12日は設備投資関連株全般の上昇につながりました。6月の工作機械受注高の高水準実績を確認して、本日も設備投資関連株の人気が続くか、注目されます。

 

 

同じく12日には、内閣府から5月の機械受注が発表されました。「船舶・電力を除く民需」は前月比7.8%増の8657億円となりました。

 

 

機械受注の業種別動向(季節調整値)を見ると、「電気機械器具」が892億円(前月比+33%)、「業務用機械」が177億円(同+11%)、「金属製品」が98億円(+35%)と好調でした。

 

 

ただ、細かい話をしますと、季節調整をしない5月の機械受注は7161億円で、これは4月の7803億円、3月の1兆3287億円よりもずっと低い水準です。つまり5月は、もともと機械受注のレベルが低い月です。従って、通常機械受注が少ない5月にしては、季節調整をすると、とても良い結果になったとの考え方もできます。1か月後に発表される6月の機械受注がさらに強い数字になれば、設備投資に対する企業の積極的な姿勢には、一段と信頼感が強くなります。