下がりを拾うのはOKですが・・・

2014/02/24(月) 18:46 櫻井彩子 コメント (1)


みなさんこんにちは、櫻井です。
ソチオリンピックが終わってちょっと寂しいMAチームです。
選手のみなさんに沢山感動を頂き、励まされたので
我々も引き続きがんばりたいと思います!

■今週のストラテジー
株価、前場では戻りました。
ただ、まだVIが高いのが気になるところで、
すんなりとは行かないような気がしますと岡崎さん。


先週は見送りという戦略を立てましたが、
貸出支援基金への増額等、次の金融緩和への地ならしという雰囲気から
一気にショートカバーが入り、高値を取りに行ったという結果に。
買っておけば良かった・・・とも言えますが、
14,000円台のレンジの中にいたわけですのでまだまだ。


今週も「表シナリオ」は15,000円一気に抜けて行くとはなりにくく、
14,500〜15,000円の中での細かい値動きとなりそうです。


もし外れるなら「裏シナリオ」は2つ。
1)一気に抜ける。取ろうと思ったら今買わなくてはいけませんが、体力のある人のみ。
2)もう1回下値トライ。売り手にもうひとつ理由ができた場合はこれ。
  (ただし、G20が問題なく終わったので可能性は低いようです)


日本固有の問題を考えてみても、さしあたり大きな穴があいているわけではないし、
VIも高いということで、引き続き日本株だけを誰かが売っている状況です。
VIを下げるのは時間だけだそうで、下がるのをしばらく待つしかないようです。


ちなみに先週の値動きの大きさを見ても、この構造が伺えます。
「多数の売り手←→多数の買い手」ではなく
「多数の買い手←→少数の売り手」という形だそう。

機関投資家グループが
保険をかけている、あるいは、保険をかけているように見せている
この形はリーマンショックの時と同じなので心配ではあります。

ただ、今回の場合は3月限が終わるSQまでには解決しそうです。
(SQは3月第2週ですが、その前、第1週には決着が)


日米中のマクロ経済統計で良くない結果が出ていることを
マーケットの乱高下の理由としがちですが、
本当のところは需給にあるとみています。

出所はナゾですがとくにヨーロッパ勢の売りに注意。
恐らくは裁定の大きな解消売りを目指す空売り戦略。
2月いっぱいSQまで・・・ということを繰り返しておきます。


良い状況なのは、日本の個人投資家グループが
14,000円で最終ラインを決めてじりじり切り上げていること。
買い手が逃げなかったことが、昨年5月に比べて半分程度の下げで済みました。


このような状況下での戦略はまたまた難しいところですが、
先週は最終ラインが14,200円くらいで
おそらく今週は14,500円くらい。
しかし本当に本当の最終ラインは14,000円なので、
下げを拾うのはOKですが、フルボリュームでは入らず慎重にいきましょう。



■先週の振り返り
ファンドアナリストの吉井さんをゲストにお迎えしました。
上場企業の本数を超える銘柄がファンドとして存在していますが、
中立公正に選ぶというのが難しいのも事実。
そこをスパッと優劣をつけて
ランキングにしてしまうという意味で反響も大きい回です。
また、NISA向けのファンドなども教えて頂き勉強になりました!



【今週の戦略】
・下げを拾うのはOKですが、フルボリュームはNG。慎重に。
・イエレンFRB議長の発言に注目。
・ニュースは穏やかですが、マーケットが同じように穏やかになるかどうかは・・・。


----


番組FBではデータやレポートが盛りだくさん。
チェックしないと損ですよ!!
http://www.facebook.com/MarketAnalyze




<豊商事セミナー@岡崎さん出演>
■豊商事 資産運用セミナー in 大阪 「異次元の金融政策と株式市場」

3月15日(土) 13:30〜(13:00開場)
会場:地下鉄御堂筋線 本町駅徒歩2分「シキボウホール 7F 大ホール」
お問い合わせ:豊商事 大阪支店 0120-441-377



<豊商事セミナー@鈴木さん出演>
■豊商事 資産運用セミナー in 札幌「2014年相場・アベノミクスの真価を問う!」
3月1日(土) 13:00〜(12:30開場)
会場:豊商事 札幌支店
お問い合わせ:豊商事 札幌支店 0120-191-365


<BS12chTwellVセミナー>
■リアル・マーケット・アナライズ 2014 春の陣!
3月8日(土)
会場:東京証券会館 8F ホール
締切:2月24日(月)@抽選
お問い合わせ: 0120-953-255
https://www.twellv.jp/1402market-analyze/



■「マーケット・アナライズ・プレミアム VOD」第1回配信中。
「米国雇用統計と投資戦略」についてたっぷりお伝えしています。
初回は無料です。視聴方法は簡単!下記URLをクリックして下さい。
※視聴には パソコン、iPhone iPad iPod Touch、
またアンドロイドなどのスマートフォンで視聴することができます。
http://www.twellv.co.jp/event/market_analyze/ondemand/




<シグマインベストスクールセミナー>
「インプライド・ボラティリティから導かれる新たな株式投資
                〜株365を使った習慣戦略の立て方〜」
2)2014年 3月 1日
3)2014年 3月21日
各回13:00〜16:00(3時間)
※一度IVセミナーを受講された方向けリピーターセミナーは
別日で設けています。HPをご確認ください。
↓↓↓
http://www.sigmabase.co.jp/school/seminar/investor/okazakiiv1312new.htm



休めるならば休みたい局面。

2014/02/17(月) 23:47 櫻井彩子 コメント (0)


まさかの2週連続大雪、大変なことになっていますね。
アメリカの雇用統計などに大寒波が影響しているということ、
日本でも実感できる状況です。



■今週のストラテジー

高く始まると予測していたのですが、朝から大きな売りが出て始まりました。
これにはファンダメンタルズではなく、
何か日本株固有の売りモノがあると考えられるようです。

金曜の終わり方と月曜のスタートの悪さをみると
SQの売りというだけではなく
大口の売りが出て吐き出すのに時間がかかっていると考えられるとのこと。

従って、スタンスとしては休めるものなら休みたいところ。
途中から切り返してくる可能性もありますが、
大口の売りの実態(恐らく外国人)を見極めてからが良さそうです。

量的緩和もゆっくり減らすというメッセージで、
イエレン議長の議会証言はそつなくこなしたと評価できます。

大寒波の影響も大きく
アメリカの景気は急加速での回復も停滞もないという
予想通りのパターンで推移しているなかで
株も戻って来ています。
信用リスクの高いものの調整が2月3-4日で一段落しました。
(ソフトバンクも戻っています)


・・・となると、残りは日本株特有の需給の問題ということに。
突出して日本が大きく下げている理由は
SQ、昨年上げすぎ、アベノミクスの期待剥げなど色々考察されています。
ただ、アベノミクスのせいにするのは簡単ですが、
別の理由も探さなくてはいけないという状況であるということです。


マンション販売等消費税増税のかけこみ需要が剝げ落ち、
景気ウォッチャー調査も下げました。
この調査は株価と連動すると言われているので、
ここは株の下げが影響したとも考えられますが、
ほかにも心配なこととして
先行き判断指数が14ヶ月ぶりに50を割り込むという数字が出ました。
もちろん来月以降も見ないと判断は難しいのですが、
「メニューコスト」が来ているのかもと岡崎さん。
増税の際に、メニューの値段をいくらにしようか、
そこのコストを悩んで先行きを不安視しているのかもしれないというものです。


こういった不安要素を勘案すると、
日本国内の景気動向、期待形成に関する
政治的なアナウンスメントはますます重要になりそうです。
こう考えると、やはり日銀の追加緩和は絶対必要だと言う結論にたどり着きました。



■先週の振り返り
機関投資家の議決権投資について開示情報をもとに考察しました。
株主議決権を行使しているかどうか、反対意見を出しているかどうかですが、
日本では、あまり使われていないことが分かります。

政治だけでなく、民間企業も変わっていなかったということ。
日本株の構造的な問題のひとつですので、引き続き追って行きたい問題です。



【今週の戦略】
・休めるものなら休みたいところ。途中から切り返してくる可能性もありますが、
 大口の売りの実態(恐らく外国人)を見極めてからが良さそう。
・17-18日:日銀金融政策決定会合→総裁会見
・19-20日:住宅統計
・  20日:FOMC議事録
・第三四半期決算の集計結果を要チェック。


----


番組FBではデータやレポートが盛りだくさん。
チェックしないと損ですよ!!
http://www.facebook.com/MarketAnalyze



<豊商事セミナー@岡崎さん出演>
■豊商事 資産運用セミナー in 東京 「異次元の金融政策と株式市場」
2月22日(土) 13:00〜(12:30開場)
会場:日本橋蠣殻町 豊商事本社ビル9F
お問い合わせ:豊商事 本店 0120-770-100


■豊商事 資産運用セミナー in 大阪 「異次元の金融政策と株式市場」
3月15日(土) 13:30〜(13:00開場)
会場:地下鉄御堂筋線 本町駅徒歩2分「シキボウホール 7F 大ホール」
お問い合わせ:豊商事 大阪支店 0120-441-377


<豊商事セミナー@鈴木さん出演>

■豊商事 資産運用セミナー in 札幌「2014年相場・アベノミクスの真価を問う!」
3月1日(土) 13:00〜(12:30開場)
会場:豊商事 札幌支店
お問い合わせ:豊商事 札幌支店 0120-191-365


<BS12chTwellVセミナー>

■リアル・マーケット・アナライズ 2014 春の陣!
3月8日(土)
会場:東京証券会館 8F ホール
締切:2月24日(月)@抽選
お問い合わせ: 0120-953-255
https://www.twellv.jp/1402market-analyze/


■「マーケット・アナライズ・プレミアム VOD」第1回配信中。
「米国雇用統計と投資戦略」についてたっぷりお伝えしています。
初回は無料です。視聴方法は簡単!下記URLをクリックして下さい。
※視聴には パソコン、iPhone iPad iPod Touch、
またアンドロイドなどのスマートフォンで視聴することができます。
http://www.twellv.co.jp/event/market_analyze/ondemand/


<シグマインベストスクールセミナー>
「インプライド・ボラティリティから導かれる新たな株式投資
                〜株365を使った習慣戦略の立て方〜」
2)2014年 3月 1日
3)2014年 3月21日
各回13:00〜16:00(3時間)
※一度IVセミナーを受講された方向けリピーターセミナーは
別日で設けています。HPをご確認ください。
↓↓↓
http://www.sigmabase.co.jp/school/seminar/investor/okazakiiv1312new.htm

今週は戻りシナリオ。

2014/02/10(月) 18:22 櫻井彩子 コメント (0)


みなさんこんにちは、櫻井です。
先週末の大雪、大丈夫でしたか?
吹雪のなか横浜で開催された豊商事セミナーは
満員だったということで、岡崎さんも大感激。
足元の厳しいところご参加頂いた皆さん、
どうもありがとうございました!!!!



■今週のストラテジー
ようやく株価が戻ってきました。
現物指数は朝型から大きく上昇。
今年に入って月曜日は株が上がって始まったことがないのですが、
そのイヤなジンクスを破ることができました。

木曜日からV字にじわじわ回復していますが、
水曜日はソフトバンクが切り返しているあたりから始まっています。

そして金曜日の雇用統計は11万人しか増加しなかったことで
為替・株ともに一度大きく売りが出たのですが、
ここで冷静に状況判断。
ブラジル株、新興国、VIX指数・・・どれも安定ということで、
今回は「裏シナリオ」で来ました。
 (詳細は現在配信中の「マーケット・アナライズ・プレミアム VOD」
  "雇用統計と投資戦略"をご覧下さい。
  http://www.twellv.co.jp/event/market_analyze/ondemand/

表シナリオとは、20万人増加で景気が良く、企業業績の上昇で株が上がるというもの。
そして裏シナリオとは、
景気が悪いのだから急速なテーパリングはしない判断
→新興国からの資金流出ストップ
→新興国通貨安定
→新興国株UP
=ソフトバンクの株回復。これは格付けの問題と考えられます。
リスクの高いものから順番に崩れて来たので、その崩れが止まるという流れでした。

先週火曜日日経平均が610円安を付けた日に、ソフトバンクは逆行高。
日本ではソフトバンクの無担保社債は個人投資家に売れますが、
アメリカでの資金調達は難しく、
財務、資金調達の面ではソフトバンクは日本でしか調達出来ない企業といえます。


トルコやインドネシア、南アフリカと根っこは同じ。
それぞれが各国・各通貨においてトップであったとしても、
グローバルでいくと格付け的には下がってしまうというもの。


それが、日本の場合はソフトバンクの株価に顕著に出ました。
ジャンク、ハイイールド、新興国など格付けの低いものが
テーパリングスタートから崩れて来たのですが、
この一ヶ月間の調整が戻りつつあるという流れでした。


とにかく全体を見てみると、
雇用統計の数字が悪かったことが、結果良かったということになるようです。


さてこのような状況で、戦略としては今週は戻りの週を意識です。
15,000円まで回復する可能性がありそう。
株式売買で見ると27日の週に外国人投資家が7,400〜7,500億円売っており、
ストップロスの売りが戻ってくる場合、買い戻す可能性がありそうです。
ちなみに外国人投資家の売りとは
年末に先を見越して買い込んだもののシナリオが
崩れたことによる調整売りと考えられます。


先週のV字回復の豫熱が残っているなか
価格、ボラティリティのリバーサルが入っているので15,000円は期待できるのでは
というシナリオですが、ただし、それ以上爪を伸ばすのは危険でしょう。


先週で結局14%のマイナスまで行きましたが、
この調整は終了するのか?それとも二番底があるのか?気になるところです。
14,000円の支えとなったのは為替の調整が軽かったということで、
為替で100円割れしなかったことが構造変化の証だと岡崎さん。
日本の経済、貿易、お金の流れの構造などの変化、
そして日本からのポートフォリオリバランス効果が引き続き
継続していく=円安が続くということ。


今回の14,000円割れというのは
明らかに期待が剥げてしまったこと、さらに
今までのマネーの流れが逆流してしまうことへの恐れに対する動きですが、

一方で、この構造変化でみると
企業業績、実体経済も変化し、100円以上の円安水準が安定的に見えて来たこと、
14,000円というのも、企業業績に裏打ちされて割安に見えたことなどが挙げられます。
また、個々の銘柄では非常に強い基調のものが目立つことや、
先週売られたマザーズが戻って来たことからも伺えます。



■先週の振り返り
大和証券投資戦略部の塩村さんをお招きして
JPX日経インデックス400の選定銘柄について解説頂きました。
時価総額が高く、ROEが高く、国際会計基準に基づいているか等、
非常に厳しい選定基準があります。
従って、この400銘柄に入れるか入れないかというのが
今後は非常に注目されることになりそうです。

これを受けて、日本の株主が「物言わぬ株主」だったのに代わり、
この新しい指数が「物言う指数」となり得るのではないかと
岡崎さんも期待を寄せていました。

また、年金の制度改革についても興味深く比較分析して頂きました。
日本は海外の公的年金と比べても国債比率が多く、超保守運用。
さらに、年金運用人数も比べ物にならないくらい少ないということが
分かりました。制度だけでなく構造改革にも期待したいところです。



【今週の戦略】
・15,000円への戻りシナリオ。爪は伸ばしすぎないように!
・イエレンFRB議長に対する公聴会に注目。
・アメリカ1月小売売上高発表。
・今週が決算の山場です。ひととおり出揃うので要チェック。


----


番組FBではデータやレポートが盛りだくさん。
チェックしないと損ですよ!!
http://www.facebook.com/MarketAnalyze



<豊商事セミナー@岡崎さん出演>
■豊商事 特別経済セミナー in 大阪 「異次元の金融政策と株式市場」
3月15日(土) 13:30〜(13:00開場)
会場:地下鉄御堂筋線 本町駅徒歩2分「シキボウホール 7F 大ホール」
お問い合わせ:豊商事 大阪支店 0120-441-377


<豊商事セミナー@鈴木さん出演>

■豊商事 札幌支店セミナー
3月1日(土) 13:00〜(12:30開場)
会場:豊商事 札幌支店
お問い合わせ:豊商事 札幌支店 0120-191-365

<BS12chTwellVセミナー>
■リアル・マーケット・アナライズ 2014 春の陣!
3月8日(土)
会場:東京証券会館 8F ホール
締切:2月24日(月)@抽選
お問い合わせ: 0120-953-255
https://www.twellv.jp/1402market-analyze/


■「マーケット・アナライズ・プレミアム VOD」第1回配信中。
「米国雇用統計と投資戦略」についてたっぷりお伝えしています。
初回は無料です。視聴方法は簡単!下記URLをクリックして下さい。
※視聴には パソコン、iPhone iPad iPod Touch、
またアンドロイドなどのスマートフォンで視聴することができます。
http://www.twellv.co.jp/event/market_analyze/ondemand/


<シグマインベストスクールセミナー>
「インプライド・ボラティリティから導かれる新たな株式投資
                〜株365を使った習慣戦略の立て方〜」
2)2014年 3月 1日
3)2014年 3月21日
各回13:00〜16:00(3時間)
※一度IVセミナーを受講された方向けリピーターセミナーは
別日で設けています。HPをご確認ください。
↓↓↓
http://www.sigmabase.co.jp/school/seminar/investor/okazakiiv1312new.htm

リバウンド期待!でもホームラン狙いはNGです。

2014/02/03(月) 23:54 櫻井彩子 コメント (0)


ソチオリンピックが近づいてきましたが
なかなかお祭り気分になれないようなマーケット状況が続いていますね。
分からないことが多いと不安になりますが、
不安を解消するためにもひとつひとつ紐解いていきましょう!


■今週のストラテジー
今週は下げの余地が残ってはいますが、
ボラティリティが29%までupしていることを考えると、
買い戻しリターン、ボラティリティ両者において
リバーサルはかかりやすい状況とも言えるようです。


現在は、下げの理由について確信を持っていないことで
不安が助長されているような状況です。
しかし下げの要因として考えられるものを挙げてみると、
アルゼンチンペソ、トルコリラ、ソフトバンク、米国景気敏感株
・・・など、格付けの低いものが売られているという共通項が見られます。
(※ソフトバンクはアメリカでは格付けBBでジャンク債扱いです)


信用リスクが伸びているのは、
これまでリスクが減って来た分のunwind(巻き戻し)。
川上はQE3ですが、今回は縮小で折り返しとなり
リスクが元の水準まで戻りつつあると考えられます。


そんな中、戦略的にはリバウンドを見たいと岡崎さん。
ただしボラティリティが上昇した中でのリバウンドなので、
ポジションは小さめに。こつこつ狙う。
決してホームランは狙わないように!!とのこと。


IMFの高官の「これから激震がくる」というようなコメントが
報道され話題になりましたが、
あくまでも「大きな金融政策の変更に伴い
IMFが最終的に乗り出すような局面にならないで欲しい」
という牽制に過ぎないと考えてよさそうです。


また、リスクオフという状況で円全面安になり
今後の為替が気になりますが、
ある程度底堅いと見てよさそう。
経常赤字が続いているという円安サポートがある日本で
そこまでの円高は難しいのではないかとのこと。


昨年は「円安=株高」のドル買い日本株買いという構造でしたが、
今後のポイントは日銀の金融緩和が大きくなるのかどうか。
日本株が新興国よりも下げ、
先進国で飛び抜けてVIが高くなっている理由は主に2つ。
「米国QE3のターニングポイント」に加え
「日銀の金融緩和への期待が剥げている」ことが挙げられます。
その期待を上げて来たのも日銀なので、何かしないとダメ。
米国の量的緩和が縮小となり、代わって日本の量的緩和が継続ということは
ポートフォリオリバランスの担い手がアメリカから日本に移るということ。
従って、このあたりの施策が前向きに出てこないと
力不足だとマーケットが責めている状況と考えられます。


さて、今週は重要な米経済指標がいくつも出てきます。
FED(米国連邦準備制度)の言う通り景気は回復基調にあるのか、
1月の雇用統計の下げは大寒波によるノイズに過ぎなかったのか否か
などに注目です。


それにしてもここまで値動きが激しいマーケットだと、
この番組の基本主旨である「週間戦略」で大丈夫なのかと
不安になることもあると思います。

こういう状況では戦略に加えて、戦術も非常に重要です。

戦術とは、場を見て状況をみてニュースを見て判断するという日々の動き。
動くためにはデータを頭の中に入れておかなくてはいけません。
そして戦略は事前にプログラムを決めておいてその通りに動くというもの。
番組ではラジオ、テレビ、VODなどを駆使して、
出来る限り戦略と戦術のヒントをご紹介していきます。
両者を臨機応変に組み合わせて対応させていきましょう!




■先週の振り返り
東京証券取引所マーケット営業部 兼
大阪証券取引所市場企画課
松本さんと山脇さんをゲストにお迎えして、
ROEの高さなどこれまでにない選定基準で選ばれた指数

「JPX日経インデックス400」について伺いました。


企業が株主に対して目を向けたというのはここ5年くらいの話。
グローバル化が進むほど、ROE抜きには語れなくなりますので
JPX日経400は意識を高める良いきっかけになりそうです。


また、定性判断としては
国際的なガバナンスがきているか、
外国人投資家向けのIRレポートがあるかなどが
基準になっていることも非常に有意義なので、
今後の指数の動きに注目です。



【今週の戦略】
・リバウンド期待。ただしボラティリティが上昇した中でのリバウンドなので、
 ポジションは小さめに。こつこつ狙う。
・今週発表の米国重要指標を要チェック。
・東京都知事選に注目。

----


番組FBではデータやレポートが盛りだくさん。
チェックしないと損ですよ!!
http://www.facebook.com/MarketAnalyze



<豊商事セミナー@岡崎さん出演>
■豊商事 特別経済セミナー in 横浜 「円安・株高をどう見る?! 新時代の投資戦略」
2月8日(土) 13:00〜(12:30開場)
会場:東武立野ビル「第1会議室」
お問い合わせ:豊商事 横浜支店 0120-997-624


<豊商事セミナー@鈴木さん出演>
■豊商事 札幌支店セミナー
3月1日(土) 13:00〜(12:30開場)
会場:豊商事 札幌支店
お問い合わせ:豊商事 札幌支店 0120-191-365


<BS12chTwellVセミナー>
■リアル・マーケット・アナライズ 2014 福岡の陣!
2月15日(土)
会場:JR博多シティ
お問い合わせ: 0120-953-255
https://www.twellv.jp/1401market-analyze/


■「マーケット・アナライズ・プレミアム VOD」第1回配信スタート
「米国雇用統計と投資戦略」についてたっぷりお伝えします。
初回は無料です。視聴方法は簡単!下記URLをクリックして下さい。
※視聴には パソコン、iPhone iPad iPod Touch、
またアンドロイドなどのスマートフォンで視聴することができます。
http://www.twellv.co.jp/event/market_analyze/ondemand/



<シグマインベストスクールセミナー>
「インプライド・ボラティリティから導かれる新たな株式投資
                〜株365を使った習慣戦略の立て方〜」
1) 2月  9日(日)
2) 3月  1日(土)
3) 3月21日(金)
各回13:00〜16:00(3時間)
※一度IVセミナーを受講された方向けリピーターセミナーは
別日で設けています。HPをご確認ください。
↓↓↓
http://www.sigmabase.co.jp/school/seminar/investor/okazakiiv1312new.htm