2月6日放送のご案内(経営相談)
2020/02/05(水) 19:47 ディレクター
2月6日放送のご案内

 毎月1回、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。
 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。

 今回の放送のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日となります。
 オンデマンド、ポッドキャストは、右下の「iTunes あるいは、過去のアーカイブ」をクリックいただき、該当する欄をクリックいただければお聞きいただけます。


 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右
欄にある 

   【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。
採用されました方には、漏れなく小山昇氏の著書をプレゼント!させていただきます。


 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。

質問1
小山社長はいつも「社長が名刺を持って営業へ行きなさい」と仰られていますが、それは若い社長でも実践して良いのでしょうか?私は33歳で見た目も年齢よりも若く見られるため、実行できておりません。

質問2
昨年の有馬記念の放送、どこかできいたことのある声が聞こえてきたなーと思ったら、小山社長ご本人でビックリしました。本命のアーモンドアイは出走前、落ち着きがありませんでしたね。アーモンドアイのように、本命社員が本番で活躍できなかった場合、どう対応されておられますか?

質問3
同一労働同一賃金の制度が義務化されますが、私の会社には正規職員と非正規職員がいます。仕事の内容の差は、ほとんどありません。全員を正規職員とすることは、経営的に無理があります。正規職員の待遇を下げれば、不満が出ることが予想されます。アドバイスをお願いします。

質問4「お金は愛」が通じなかったときはありますか?

質問5
フリーランスでシステムエンジニアの仕事をしています。妻も同業で同じくフリーランスです。去年子供ができ、妻は仕事を休んでいますが、復帰のタイミングで2人で会社を起こそうかと話しています。少人数の会社を起こすにあたって注意点など、アドバイス頂けないでしょうか。

 番組では、「儲かりたければ社員を愛しなさい」を抽選でプレゼントさせていただきます。ご応募は、応募欄 http://market.radionikkei.jp/koyama-keiei/post_60.html へ。


コメント