3月7日放送のご案内(経営相談)
2019/03/07(木) 11:14 ディレクター
3月7日放送のご案内

 毎月第一木曜は、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。

 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。

聴く 
 3月7日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌8日となります。

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右
欄にある 

   【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。


 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。

 質問1
業績不振の子会社に出向して3年目、昨年、取締役から社長に就任しました。
今話題の社業のAI化への対応で、全社員に新規事業の企画アイディアを募りましたところ、
若い社員を中心にユニークな企画があつまりました。
いずれも金銭的余裕があればいずれも取り組んでみたい内容です。
で、先日、企画を出した社員全員と、中間管理職の者とを集め、会合を開いたのですが、若手社員からは前向きな発言がドンドンでてくるのに対して、アイディアもださない管理職連中が若手の企画書の粗さがしばかりをする様子を見て、この会社の業績不振の原因が、どこにあったのかを確信することができました。
新規事業をまい進させるべく、若手社員にドンドン仕事をさせてやりたいのと、この若手社員の意欲・活躍を阻む中間管理職の連中をこの際一掃させいのですが、何か、良いお知恵はありませんでしょうか?

質問2
インターネットをメインに「手作り石鹸」のお店を始めてから5年半が経ち、売り上げも少しずつですが順調に伸びております。
しかしココ最近、誘いが多いのが「リアルショップ」を始めた方が良いですよ。という電話。
「ココに良い物件がある」「御社の商品は絶対売れる」などの営業トークに正直、半信半疑です。
スタッフも「あそこにリアルショップがあったら絶対良いですよ!」など乗り気になっております。確かに信頼性など鑑みて将来的には「リアルショップ」を作りたい。という願望はありますが...時期尚早なのか?そもそも本当にリアルショップは必要なのか?
情報が少なくて大変恐縮ですがバシッと仰って頂ければ助かります。宜しくお願い致します。

質問3
就活中の大学3年生なんですが、希望職種は「自動車関連」ですが、昨年夏から、大手から中小企業のインターンを体験しています。
買い手市場の昨今、ある程度予想はしていたのですが、どの企業も社内の雰囲気は良く、先輩たちも非常に優しく接して頂いています。
本音で言いますと、希望はある大手自動車企業なのですが、中小の企業も「やりがい」という点で外せません。
長くなって申し訳ございません。私が伺いたいのことはインターンなどで、その会社を見極める場合、どこを見たら良いのでしょうか? ということです。

質問4
零細企業の経営者をしております。
経営状況はここ数年は収支トントンで推移していますが、なにせ来年70歳になるのを期に、会社をたたんでしまおうかと考えております。
子供たちは、銀行勤めで、後を継ぐ意志もないようです。また、従業員のうち正規社員の1名は今年60歳になりますが、気がかりなの20-30代の女性パート社員3名のことです。
会社をたたむ際にあたって、気を付けるべき点、また、若いパート社員の処遇等につきまして、アドバイスを頂戴できましたら幸いです。
最近では、こんな小さな会社でもM&Aの対象としていただけるとも聞きおよんでいます。
みんなが損をしない方法が模索できないものかと思っております。

質問5
成果と昇進について、一流の社長さんのお考えをお聞かせながえないでしょうか?
また、三流の社長はどうのようにしがちでしょうか?
これまで(営業)成績の良い社員数名に目をかけ、どんどん昇進・昇給をさせ、管理職にもつけさせたました
ただ、その者たちの個人成績はすこぶる良いのですが、管理する部署が皆今一つで、パットしません。(というより、むしろ下落傾向にあります。)
営業成績だけで昇進を判断してしまった私のミスなのでしょうか?
(3流の社長とは私のことなのでしょうかね?)

尚、小山社長が経営する株式会社武蔵野につきましては、https://www.m-keiei.jp/ のホームページをご覧ください。

コメント