12月6日放送のご案内(経営相談) [小山昇の実践経営塾]
2018/12/05(水) 17:31
12月6日放送のご案内

 毎月第一木曜は、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。

 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。

聴く 
 12月6日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、12月7日となります。

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右
欄にある 

   【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。


 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。
東京都50代会社役員「雇われ23号」さんから
小山さんは経営幹部から社員にいたるまで、どの辺りの役職の方まで業務の指示を与えていますか。
管理職までに限って指示を与えているのか、社員末端まで声をかけているのかぜひ聞きたいです、
私は、管理職の顔はつぶさずに、管理職を飛ばして一般社員にも指示できる全社的なコミュニケーションをとりたいとおもっていますが、中には嫌な顔をする管理職がいて、いろいろ試行錯誤しています。ぜひ教えてください!

大阪府40代男性「ベルサイユの三段バラ」さんから
小山様は著書で、「成績不振の社員を減給できないのは社長の怠慢」と書かれておられます。
正直、グサッと胸にささっております。
実を言いますと、物腰は柔らかく、部下(特に女子社員)から人望の厚い女性幹部社員がおります。
次期役員候補にともおもっておりますが、いかんせん、打ち出す経営計画、経営戦略がいずれも空振りで売上を伸ばすどころか、赤字を膨らましてしまう始末。

我が社の役員への女性らしい細かなフォローや、社業にミスが起こらないようと社内の細かなルールつくりに一生懸命になっているのですが、細かすぎてねを上げている社員の声も聞こえていきます。
次期役員にと期待をしているのですが、この女性幹部社員にどのように対応をするのが会社のため、彼女のためになるのでしょうか?
彼女なりに頑張っているので、減給等の処分は酷かなともおもいます。
女性の能力を有効に活かしいおられる小山社長にアドバイスをいただけましたら幸いです。

茨城県50代経営者 匿名希望の方から
飲食店の経営者というと聞こえがいいのですが、洋食屋のおやじです。
今、来年に控えた消費税のUPに悩んでいます。長らく商品価格を控えて、これまでの顧客離れの維持につとめてきましたが、人件費を含めた最近のコスト高などもあり、来年の消費税のUP分は価格転嫁せざる得ない状況です。
一方、値上げをするとお客さんが逃げるのではないかと気が気でありません。
小山様から何かよきアドバイスをいただけましたら幸いです。

東京都40代会社員 ペンネーム雲谷歳三さんから
40代、「いる気」だけの一般社員です。
小山社長は武蔵野の業務改善でiPadを使った事例をよく挙げていて、今では従業員全員にiPad、iPhoneを支給しているそうですが、武蔵野の業務ではWindowsのパソコンを使っているのはなぜでしょうか?

東京都50代会社役員、「父、ガマカエル」さん
2018年もいろいろなことがありました。
スポーツ界では日大アメフト部の悪質タックルや体操、レスリング、ボクシング等でパワーハラースメントが問題になりましたね。
夏の猛暑、大坂北部の地震、北海道の地震、そして、タンカーが橋にぶつかった台風21号、・・・、

流行語の発表があったり、紅白の発表があったりと、年末を意識する季節になりました。
そーだねーやもぐもぐタイムの流行語がでた平昌五輪も懐かしいですね。
小山社長にとって、2018年はどんな年だったでしょうか?

埼玉県60代経営者、「夢とロマンと脂肪に満ちた親父(オヤジ)」さん
今年もいろいろなことがありました。
経営者としては、年初からの騒動、はれのひの破産や、最近ではライザップの事業の多角化による業績不振がきになりました。
もっとも、この好景気にもかかわらず、我が運送業界では、人手不足と燃料費高騰から、会社をたたむ企業が相次いでおります。来年は消費税がUPされ、頭のいたい話題ばかりです。小山社長からは、2018年はどんな年だったでしょうか?まら、来年2019年はどんな年になるとおかんがえでしょうか?


尚、小山社長が経営する株式会社武蔵野につきましては、https://www.m-keiei.jp/ のホームページをご覧ください。