番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

7/28放送後記

2016.07/29 番組スタッフ 記事URL

ごきげんいかがですか、小野慶子です。
今月は、和幸工業株式会社 代表取締役 五十嵐正社長をゲストにお招きして、「継続的な経営革新の取り組み」をテーマにお話を伺っています。
今回は「資金運用」についてお送りしました。
五十嵐社長が武蔵野のサポート会員になってから、銀行の借り入れが無担保になったことを教えてくださいました。裏技があるのかしらと思ったのですが、それが『表技()』なのですねー。
小山さんのアドバイスを具体的に教えてくださいました。

また、そんなお話の中で、赤字だった中小企業が急激に増収増益になったらどうなると思う?と小山さんからのクイズ問題。私だったら「バンザーイ!やったー!」とただ喜ぶ!!が答えですが、なんと正解は「会社が倒産する」ですって。
その理由と対処法を教えていただきました。これは絶対知っておきたいこと!
それにしても、会社経営って難しいんですね、、、正直、本心でした。

こんなお話のほかにも、五十嵐社長の失敗談も伺いました。
経営者に向いていないと言われたとか。
今回も小山さんの解説になるほどーと、たくさん勉強になりました。

まだお聞きでない方は是非ホームページ右のオンデマンドででどうぞ。これまでの放送もお聴きいただけます。radiko.jp
podcastもご利用ください。
さて、東京は梅雨が明けました。子供たちは、楽しい楽しい夏休みですね。
大人の夏休みは、もうちょっと先のお盆までお預けかな。
とにかく暑さに負けないよう元気に頑張りましょう。

ではまた、来週!

7/21放送後記

2016.07/25 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
いかがお過ごしですか。

今月は「継続的な経営革新の取り組み」をテーマにお送りしております。
『革新』です。ただの「改革」「改善」とはちょっと違うんです。
詳細は、小山さんのご著書「仕事ができる人の心得」増補改訂版40ページに載っています。
番組の最後でも、この『革新』という心得を小山さんからご紹介いただいています。

今回も、今月のゲスト 和幸工業株式会社 代表取締役 五十嵐正社長に引き続きご出演頂き、「会社の財産になる人材」と題してお話しいただきました。
五十嵐さんが、武蔵野の経営サポート会員になられてどのようなことに取り組んだか、そしてどんな反応があったかなど伺っています。あれもこれも実行されたようですよ。
そして、弟さんも幹部塾に参加されたそうです。ご兄弟で足並み揃えて、、といったところでしょうか。素敵ですね。

また、事業継承の際に小山さんから指導を受けられたことなど、たくさんお話しを聞かせていただきました。
良いお声で力強く話されるので何をやっても上手くいく方のような印象でしたが、その陰では大変なことも含めて多くのことに積極的に取り組まれてきたからこそ、今の成果を出された方なのだと感じました。
来週は、五十嵐社長に引き続いご登場いただき、資金運用についてお送りする予定です。

きっと小山流「銀行とのお付き合い法」も実践されているはずです。あわせて伺っていきます。
どうぞお楽しみに。

7/14放送後記

2016.07/19 番組スタッフ 記事URL

3連休はいかがお過ごしでしたか、小野慶子です。
ゆっくりなさいましたでしょうか。

番組は今月のゲストをお招きして、お送りしました。
今月は、車のメンテナンス事業をなさっている和幸工業株式会社 代表取締役 五十嵐正さんに千葉からお越しいただきました。「車検のコバック」というラジオCMをお聞きになったことがある方もいらっしゃると思います。
お父様が経営されていた会社の後を継がれたのですが、会社に入った当時は「何にも専務」だったとか。ご本人談ですよw
経営塾に入って勉強されたわけですが、その当初、どのように参加されたかのお話も面白いんです。
そして、武蔵野の会員になってからは、ずっと黒字が続いていて、今期は過去最高益を上げられたそうです。
そのポイント、コツを今回もしっかり伺います。

今月のテーマは、「継続的な経営革新の取り組み」、第1
回の今回は「厳しい経営環境の中で成長企業にする」と題してお送りしました。
小山さんのご著書「仕事ができる人の心得(増補改訂版)」(CCCメディアハウス)からは、【業績アップ】の心得をご紹介いただきました。現場の環境を変える、データを活用する、いらない仕事は捨てます、と明快なアドバイスをいただきました。

次回も五十嵐社長にお越しいただきます。
そうそう、五十嵐社長は、「イケボ」(=素敵な良い声)をお持ちで、ラジオにぴったり?!
もちろんそれだけでなく、魅力的なお人柄です^^
来週もお楽しみに!

7/7放送後記

2016.07/11 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
夏になりましたね。仕事場(東京中目黒)から外に出ると、それはそれは異様な暑さです。体に当たる風が体温よりはるかに高いです。実は、ビル前の大通りが拡張工事のために、昨年、街路樹を全部取ったんですね。そのせいでさらに外気温が上がっているようです。秋には枯葉の掃除がうっとうしいなと思っていましたが、やっぱり緑はあったほうがいいと、アスファルトの上で木々のありがたみを感じています?!

さて、今回の番組は月の初めの「小山昇の経営相談室」をお送りしました。
経営者や幹部の方からはもとより、会社の従業員の方からも様々なご質問を頂いています。
その中からできるだけご紹介して、小山さんからのアドバイスをお届けしています。
今回は取り上げたのは、次のご相談です。

・経営者の方から、会社を辞めたい病の従業員への声のかけ方。
・武蔵野サポート会員企業の従業員の方から、優柔不断で差別的な社長に、転職を考えている幹部のことを密告した方が良いか。
・サポート企業になってから、ボーナスが1回も出ない。武蔵野へ払った費用を返却してくれないのか、小山さんに精査をしてもらえないか。
・直属上司とほとんど話をしない、報連相はメールだけ。ご助言を。
・経験の浅い妻を経理として会社に入れるのは?

小山さんがひとつひとつ、ズバッとアドバイスをくださっています。
皆様もご相談、ご質問など、是非番組にお寄せください。番組ホームページのメールフォームをご利用ください。

次回は、ゲストをお迎えする予定です。
お楽しみに!

6/30放送後記

2016.07/01 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、小野慶子です。
6月末日に今月5回目の放送でした。5週ある月の最終週は、「社長の仕事」シリーズをお送りしています。
今月は「経営のポイント」について、小山社長と今月のゲスト文唱堂印刷 橋本社長もご一緒にお話を進めました。

小山さんが経営者をサポートして成功に導く4
つの大きなポイント。
その中でも、特に「環境整備」について、詳しいお話になりました。
PDCAで管理すること、掃除だけでなく環境を整えることなど、これまでも小山さんに何度も教えて頂いこてことでもあるのですが、いやはや分かってはいるけれど・・・と、反省しながらの再確認となりました。
橋本社長は、しっかりなさっているのですよ。印刷産業環境優良工場表彰で受賞もされているのです。さすがです。
そして、整理整頓とPDCAを回すためには、従業員の皆さんの協力も必要ですから、その点もどのようにされているのか伺いました。工夫の一つ一つが体現につながるのですね。
環境整備のメリットで実感されていることも教えていただきましたが、聞いているだけで気分のよいご回答でした。

小山
さんのご著書「朝一番の掃除であなたの会社が儲かる」(ダイヤモンド社)は、お読みになりましたか?橋本社長の会社は、この本を印刷されているそうで、愛読書だとおっしゃていました。
さて、7月に入りましたので、次の放送は第1週にお送りしている「小山昇の経営相談室」です。皆様から、お寄せいただいたご質問お悩みを取り上げ、小山さんから直接アドバイスをお届けします。


お楽しみに!

 

6/23放送後記

2016.06/26 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
今回の放送は、文唱堂印刷株式会社 代表取締役社長 橋本唱市さんにクレームについてのお話を伺いました。
今月のテーマ「人材育成で発展する会社」の3回目「クレーム対応」と題してお送りしました。

印刷のお仕事は、間違った文字でウン千部、ウン万部と刷ったものを配布していまうと、大変なことになるわけです。経験談をお話いただきました。
クレームが起きないようにどう予防するか、例えば誤字脱字のチェックなど具体的なお話や実際に間違ってしまった時どうされたかなど、クレーム対応についてお話しくださいました。
実際に橋本さんが体験された大きなクレームに、小山昇さんがアドバイスされて事なきを得たお話しも伺っています。
こちらの失敗で大きなクレームが発生すると、つい目先の対応ばかりに気をとられて、なかなか先を見越した最善策を選択する余裕はないものですが、小山さんの的確なアドバイスがあるとどれだけ心強いことか。
小山さんもご自身の体験談をお話しくださっています。これがまた、潔いご対応なのですよ。
もし私が直面したら、できるかなあ。
どうぞ番組をお聞きください。
オンデマンド、Rajiko.jp、ポッドキャスティングなど、ライフスタイルに合わせてご利用ください。

東京は、梅雨のど真ん中ですが、ザーッと雨が降ったかと思うと、暑くてたまらない真夏のような日があったり、1
枚羽織って出かける寒い日があったりで、体調管理が難しいです。ジメジメっとした梅雨の印象とは別の気候になってしまったのかしらと思うほど。
皆様もご自愛くださいね。

今月は木曜日が5
回あります。来週はその5週目です。「社長の仕事」シリーズをお送りします。ど
うぞお楽しみに。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ