番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

5/25放送後記

2017.05/29 番組スタッフ 記事URL

いかがおすごしですか、小野慶子です。
今月は、老舗旅館の伝統を生かして、今にそぐう新しい形の経営で成功されている株式会社川六 代表取締役 宝田圭一様にお話を伺っています。
今月のテーマ「IT時代のおもてなし経営」の3回目「顧客満足度の獲得」と題してお送りしました。

営業活動も、旅館時代とは変えていらっしゃいます。そのような変化があったか、それによって何が変わったかを教えていただいています。
お客様の声を共ても大事にしていらっしゃいます。
これは、小山さんが日頃から繰り返しおっしゃっていることですよね。もちろんしっかりと実践されています。具体的になさっている対応を伺いましたが、それはライバルに差をつけられますわ。しかも社内にも良い効果をもたらすのです。お客様の評価を人事評価に結びつけているとのこと。

その結果、宿泊率に大きな変化が現れ、様々なアワード(賞)も受賞されています。

リスナーの皆様は、小山さんのお客様に対する心持ちは、もうよくご存知ですよね。
宝田さんのお話も含めて、そういうことなのだなと納得します。
「きょうの心得」のコーナーでも「お客様」と言う心得を小山さんからご紹介いただきました。
"一番大切な人"なのだそうです。
そういう会社のサービスを受けたいと思うのは、当然ですね。

いつでも忘れずにいたい心ですが、、、ハイ、頑張ります^^
さて、来週は、「小山昇の経営相談室」。皆様からお寄せいただいたご質問、お悩みにお答えします。

どうぞお楽しみに!

5/18放送後記

2017.05/22 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
5月なのに夏のような気温のところも多いようですね。ここ数年は、昨日まで暖房をつけていたのに、今日は冷房、、、なんてことがよくあります。お元気でお過ごしでしょうか。
さて、今回の番組は、今月のテーマ「IT時代のおもてなし経営」の2回目「老舗旅館からの転換」と題して、今月のゲスト株式会社川六 代表取締役 宝田圭一様に引き続き、お話を伺いました。

著名人もよく利用していたという創業140年の老舗旅館の業態を変更されて、現在、すばらしい業績アップを続けていらっしゃいます。業態変更された理由、その方法、秘訣など成功へ導く経営手法を伺いました。
業績が落ちて経営が厳しい状況の時、どう切り抜けたのか、何を改善したのかなど、具体的に実施されたことを教えていただきました。
小山さんには、宝田さんがマイナスから切り返して今の好状況に持ってこられた、客観的な分析もしていただきました。
幹部教育にも力を入れていらっしゃいます。小山さんがいつもおっしゃている、店や事業所が増えても、全員が一貫して同じ方向を向いていることをやはり宝田さんも非常に大切にされています。
こうやって、ゲストの皆様からは、いろいろなことを勉強させていただけるのですが、それだけでなく、成功されている方々って近くでお話ししているだけで、元気!やる気!爽やかなエネルギーをくださるんですよね。

本当、毎回スタジオから帰るときは、心が元気になっていて、颯爽と歩いてしまいます笑
来週も宝田さんに引き続き、ご出演頂きます。勉強しながら元気になりましょう!
どうぞお楽しみに!

5/11放送後記

2017.05/15 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、小野慶子です。
今回から3回に渡って、今月のゲストをお招きしてお送りします。

今月のテーマは「IT時代のおもてなし経営」です。
ITとおもてなし、、、少々逆を行く印象を持ちますが、さて、ゲストは。
株式会社川六 代表取締役 宝田圭一様です。

創業140年の老舗旅館を経営されています。現在では、宿泊特化型ビジネスホテルへと業態変更をし、ITを効果的に活用して、高収益企業へと転換、今なお成長を続けていらしゃいます。
武蔵野さんの会員になってからは、毎年20%ずつ業績UPしているそうですよ。すごい!(幼稚な感嘆にて失礼ですが、素直な気持ちです。)
どんなことに取り組まれているか、実際にどのような工夫をされているか、教えていただきました。
今回、特集の1回目は「環境整備」と題して、お話を伺っています。
環境整備プログラムをきっちりなさっているのですよ。
物的な整備と情報の整備、いずれもです。特に、予約ほかお客様とのやりとりにIT利用で大きな効果があることを教えてくださいました。ノウハウそのものを教わった感じです。

宝田さんは、響きのいい声ではっきりお話くださる方で、そばにいるだけで、実行力を強く感じる方でした。どんどんご質問したくなりました。
そして、本も出版されています。
あさ出版から出ている「地域でいちばんピカピカなホテル」です。
その反響がなんと新卒採用にもあったそうです。人材確保が厳しくなっている今ですから、なおさら驚かれたようです。

詳しくは、ぜひ番組でお聞きください。
オンデマンド、ポッドキャスト、radiko.jpなど、ライフスタイルいあわせてご利用ください。

来週も引き続き、ご出演いただく予定です。
どうぞお楽しみに!

5/4放送後記

2017.05/08 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
連休明けは、すぐに通常モードに戻れますか?
長くは9連休にもなる今年のGWでしたが、カレンダー通り+土曜出勤の方は、実は飛び石連休でしたよね。
私は、後者だったからか、まだもっと休みたい気分が残っています。

さて、5月最初の放送は、「小山昇の経営相談室」でした。
お寄せいただいたご質問を取り上げて小山さんからのアドバイスを直接お届けしています。
今回のご質問は、次の通りでした。

50代会社員の方から: 自分のしたい仕事を作って許される人と許されない人がいる。できないときモチベーションが下がるが、小山社長なら、どうしますか。
ペンネームしみさんから: 接待交際費について、武蔵野さんでは基準、ルールなど決めていますか。
ペンネーム部長さんから: 毎朝のラジオ体操、近所から少々うるさいと。何か違う方法がないか。
50代会社員匿名さんから: プレミアムフライデーなんて冗談のよう。多くの仕事をこなし、休暇も担保できる成功事理を。
ペンネーム小山さんの愛読者さんから: 中小企業の経営者、社長の給料の決め方をご指導ください。

それぞれに小山さんからアドバイスをズバリいただきました。
皆様からのご相談は、具体的で、答えを知りたいなと思うポイントがたくさんです。
それそれ、あるある、などと思いながら、聞いていただけます。
また、ご相談、ご質問などありあしたら、ぜひお寄せください。
番組ホームページのメールフォームをご利用ください。

来週は、ゲストをお招きして、お送りする予定です。
お楽しみに!

4/27放送後記

2017.04/28 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
4月最後の放送は、今月のゲスト 広島ガス高田販売株式会社 代表取締役 住吉峰男さんに引き続きご登場いただき、特集の3回目「環境整備で成長企業に」と題して環境整備の取り組みについてお話を伺いました。
営業車の環境整備もされているんですが、それはそれは徹底されています。
もちろん環境整備点検もしっかり実施なさっていますので、導入をしてよかったと思う点、そして、どのようになさっているかを具体的に教えていただきました。

また、広島ガス高田販売さんは、経営、業務関連の賞をいくつも受賞されているんですよ。
これからも挑戦し続けていかれるそうです。

けして成長しているようなマーケットではなくても、工夫と実行力次第で、地域密着型の企業としてまだまだ成長している企業があることを教えていただきました。
積極的に多くの取り組みをされていることに感心しながら、お話を伺っておりました。
今月3回にわたってご出演いただいた住吉社長に、今回も勉強をさせていただきました。

さてさて、コールデンウィークですね。どんなご予定ですか?
皆さんがそれぞれに良い時間を過ごされますことを願っております!
この番組は、お休みの日も放送します!いつもと違うところで、お聴き頂けるのかもしれませんね。
来週は、月の初めの「小山昇の経営相談室」です。お寄せいただいたご質問やお悩みに、小山さんがズバリとお答えくださいます。

どうぞお楽しみに!

4/20放送後記

2017.04/21 番組スタッフ 記事URL

ごきげんいかがですか、小野慶子です。
4月は、いろいろ新しいことが始まる月ですが、後半ともなるとそろそろ慣れて落ち着いてくる頃ですね。皆様の新しいことも馴染みましたか?

今回の番組は、引き続き、今月のテーマ「地域密着型企業」のもと、広島ガス高田販売株式会社 代表取締役 住吉峰男さんをゲストにお招きし、「業界が小さくなっても、会社を成長させる」と題してお送りしました。
新しい季節と申し上げましたが、住吉社長は、新しいことに果敢に取り組まれ、成果をあげていらっしゃいます。
先週、無借金経営をやめたとのお話を伺いましたが、その時の周囲の反応も伺ってみました。
また、LPガスの製造販売会社から、ビジネスモデルを変更されたことについて、詳しくお話しいただきました。
増益だったのになぜ新しい形にされたのか、その理由は業界が小さくなってきたこと。
小山昇さんのアドバイスもしっかり伺っています。
会員制度を作った経緯も日常の生活の中でふと気づかれたなど、アイデアと実行力なのですよ。
どんな環境でも成長している会社はたくさんあるのですから。景気がねえ、なんてボヤいたことがある自分が恥ずかし・・・^^

小山さんからの「きょうの心得」は【強くなる】でした。
CCCメディアハウスから出ている小山さんのご著書「仕事ができる人の心得」増補改訂版からのご紹介でした。今回も納得。勉強になりました。

来週も引き続き、今月のゲスト住吉社長のお話をお送りします。
どうぞお楽しみに。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ