番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

7/20放送後記

2017.07/24 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、番組進行役の小野慶子です。
多くの学生さんたちは、夏休みに入りましたね。ちょっと羨ましいなあ。

さて、今回の放送は、引き続き、株式会社ケーズグループ 代表取締役 小林博文さんにゲスト出演していただき、お話の続きを聞かせていただきました。
今月のテーマ「ゆいま〜る精神での事業拡大」の2回目「改善」と題してお送りしました。
前回は、「ゆいまーる」(協力して作業する)の精神に基づく経営で増収増益のケーズグループさん、その秘訣を伺いました。

小林さんが今のお仕事をなさるきっかけは、野球少年だった頃出会った"赤ひげ先生"なのだそうです。
高校卒業間も無く、この世界に入られたそうですので、若くから、しっかりと目標を思っていた方なのですね。

ケースグループさんが、患者様からの声をとても大事にしている取り組みをお伺いしました。
とても行き届いた、また効率的なシステムを構築されています。
どんな風に、とのように改善に結びつけていくか、業績アップのノウハウとしてご質問しましたが、お話を聞いているうちに、その核はお客様への思いやりなのだと気づいて、だから患者さんの信頼を集められるのだと納得しました。
私も絶対そんなお店で施術していただきたいですもの。しかもね、『小顔矯正』もしてくださるんですって。
と、、、それはさて置き、、、
他にも人材育成ノウハウも教えていただきました。面談のルールや環境整備など、小山昇さんのご指導を最大に活かしていらっしゃいます。

次回も引き続きご出演いただき予定です。どうぞお楽しみに!

7/13放送後記

2017.07/18 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
いかがお過ごしですか。急な暑さや異常気象で体調など崩されていませんか。

今月の番組は、「ゆいま〜る精神での事業拡大」と題して、お送りします。
「ゆいまーる」っていう言葉はご存知ですか?
調べてみたら、沖縄の言葉で、ゆい=結い、協働+まーる=順番という意味だそう。
協力して作業すること、つまり助け合いの心で事業を成長させている方をゲストにお招きします。
株式会社ケーズグループ 代表取締役 小林博文さんにお越しいただきました。

1回目は、「増収増益の秘訣」と題して、お送りしました。
小林社長は、千葉、東京で、鍼灸整骨院など40店舗以上を展開されていて、売り上げは、24億円、16年連続の増収増益を達成されています。
す、す、すごい、、、そんな人も羨む業績を上げていらっしゃるのにもかかわらず、さらに勉強をしようと武蔵野さんの会員になられたのです。
その理由、きっかけを教えていただきました。
小山さんのここに惹かれたと、ポイントも教えてくださいました。
とにかくどんどん吸収なさって、活かしていかれる、その能力と行動力に驚かされました。
お話の仕方も本当に気持ちのよい勢いをお持ちです。

さらに事業拡大を準備されているのですが、その方法が、先にお店の場所を押さえてしまってから人を育てて、開店という、普通とはちょっと違う順序なんです。その理由もお伺いしました。
小林さんに小山昇さんはどんな方ですかと恒例の質問をしましたら、、、
あったかいお返事を聞かせてくださいました。

次回も引き続きご出演いただく予定ですので、 小林さんのノウハウをさらにいろいろ伺いたいt思います。
お楽しみに!

7/6放送後記

2017.07/07 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、番組進行役の小野慶子です。
7月に入ってすぐ、厳しいお天気に見舞われてしまいました。
被害を受けた地域の皆様に、お見舞い申し上げます。
その他リスナーの皆様もいかがお過ごしでしたか。

さて、今回の番組は、皆様からお寄せいただいたご質問、お悩みをまとめて取り上げ、小山昇さんから直接アドバイスをお届けします。
毎月最初の放送(第一木曜日)にお送りしております。

今回取り上げたご質問は次の通りです。
・ 注文住宅の会社経営の方から、フィロソフィ経営、アメーバ経営をどう思うか、また営業部と設計部の仲が悪いのはどうしたらいいか。
・ 30代女性の方から、就職面接で甲乙つけがたい状況だったが、男性が採用されご自身は女性だから不採用になったと後から聞いた。面接時どう答えればよかったか。経営者は働く女性をどう思っているか。
・ 赤字対策にロッカーを共有にしたら契約社員、アルバイトから不服の訴えが。この方針は間違えているのか。
・ 小山さんの講演のときどんな気くばりをしているか、内容はいつも違うのか。
・ 50代会社役員の方から、管理職の立候補制の効用と弊害を知りたい。

様々な立場から具体的なご質問を頂いています。
小山さんはそのすべてに的確にズバッとご回答くださいます。
ぜひ、ずっと悩んでいらっしゃること方、ふと聞いてみたいなと思われたことまで、お気軽に番組にお寄せください。
HPの右サイドにある「番組宛メール送信フォーム」をご利用ください。
お待ちしています。

6/29放送後記

2017.07/03 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、番組進行役の小野慶子です。
6月最後の放送は、5週目にお送りしている「社長の仕事」シリーズです。
これまでも小山昇さんはじゲストの方々に社長のすべき仕事を教えていただいてきました。
今回は、今月のゲスト株式会社武蔵野の経営サポート本部 統括本部長 猿谷欣也さんも引き続きご登場いただきましたので、「武蔵野流組織づくり」についてお話を進めました。

楽しかったぁ〜、という感想をいきなり申し上げるのも失礼かもしれませんが、小山さんと猿谷さんのお話のかけあいが、とても軽妙で、またまた笑いっぱなし。今回も大笑いをこらえる進行役でございました。
しかし、その中にたくさんの経営のヒントが盛り込まれていて、とても濃い時間でした。

はじめに、成長する会社の組織づくりに共通していることを伺いましたが、なんといっても人間関係で、「従業員満足度が高い=顧客満足度が高い」という小山さんの教えに納得します。
社員が先生をする指導法もなるほどと思いました。
また小山さんが人間関係づくりで取り組まれていることを伺いました。
ご存知「飲みニケーション」のお話になりましたが、その方法、時間制限まで教えてくださいました。
飲み会の経費の事までご質問したら、武蔵野さんの具体的な金額や方法も教えてくださいました。
強い会社を作るために、ひつとでも、ふたつでも、実践したいと思いました。

来週は、7月最初の週です。月の初めの「小山昇の経営相談室」をお送りします。
番組にお送り頂いたご質問、お悩みに小山さんが直接お答えします。
どうぞお楽しみに。

6/22放送後記

2017.06/27 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、番組進行役の小野慶子です。
ジメジメした季節になりました。でも、この雨も自然の実りのためには少し我慢だなと、傘とレインシューズで仕事場に向かいます。にしては、真夏のように暑い日も多いのですが、、、、???

さて、今月のゲストは、株式会社武蔵野 経営サポート本部 統括本部長 猿谷欣也さんをお迎えしています。
『武蔵野の実践経営』をテーマに、今回は3回目となります。

「マーケティングの取り組み」と題して、武蔵野さんの考え方や実践方法を猿谷さんに伺いました。猿谷さんは社内の様々な部署を経験されていて、いろいろな取り組みをよくご存じです。
例えば、小山昇さんの数多い著書の出版戦略やボイスメール事業部、経営サポート事業部など、成功したり、なかなか難しかったりといういろいろな局面を見て、また乗り越えていらっしゃる方です。
マーケティングは重要であることは知っているつもりですが、実際にどこに着目して力を入れるかや、社員にどのように指導されているかなど教えていただきました。
とにかく売ることに注力しがちですが、本当はそこではなくて、もっとおおもとにポイントがあるそうです。なるほど、、、勉強になります。
小山さんやゲストの方には、いつも納得する、役に立つ情報を教えていただくのですが、そんな場でも小山さんの楽しい話術でいつも笑いがいっぱいです。
本当に面白い方なのですよ。今回はお身内の猿谷さんですから、さらにおおらかに面白いお話も聞かせてくださるので、より一層大笑い。ラジオ番組の進行役は、本当はバカ笑いしてはいけないのでしょうが、つい、素になってゲラゲラ声を出してしまうほどです(反省、、、気をつけます)。

さて、来週は5週めの木曜日です。
引き続き、猿谷さんにもご出演いただいて、「社長の仕事」シリーズをお送りします。
お楽しみに!

6/15放送後記

2017.06/16 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、小野慶子です。
今月は、株式会社武蔵野 経営サポート本部 統括本部長 猿谷欣也さんをゲストにお迎えしてお送りしています。猿谷さんに初めてお会いしたのは6年前この番組が始まる時でした。それ以来すっかりご無沙汰しておりました。
が、猿谷さんのキラキラした目の輝きと笑顔はその時のままで、やはり更なるご活躍を続けていらっしゃいました!
今回も武蔵野さんの社内での軌跡を伺いながら、楽しく学ばせていただいています。
特集2回目「社員の変化と評価」と題してお送りしました。
第1回社長賞を受賞されていますが、その猿谷さんのご紹介を小山さんがなさると面白すぎる!!
番組前半は、それで笑い転げてしまいました。

もちろん、猿谷さんがどのように何を吸収して成長されてきたかなども、真面目にたくさん伺っています。小山さんがおっしゃる「道路と喧嘩するような方」が、どんなきっかけで2番手はいないと言われる優秀な社員になられたかというエピソードもお話いただいています。
立場が変わると視野が変わるのですね。

それから、社内結婚されているのでその辺りの事も伺っちゃいました。
小山社長は、猿谷さんの奥様にもある手を打って、ますます猿谷さんをできる社員にしたそうです。
詳しくは、ぜひ番組でお聞きください。
このページ右のオンデマンド、ポッドキャストでお聞きいただけます。
他にも番組をお聞きいただくには、ライフスタイルに合わせて、ラジオ、radiko.jpなどもご利用ください!

来週も猿谷さんにお越しいただく予定です。
どうぞお楽しみに!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ