番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

5/3放送後記

2018.05/04 番組スタッフ 記事URL

こんにちは。小野慶子です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。
外国の知人から、日本は国民の長いお休みがたくさんあるね、と言われましたが、実際に過ごしてみると、もっと休みたいーってなりませんか?
などと楽することばかり考えていると、小山昇さんにまコラって注意されそう^^

さて、今回の番組内容をご紹介しましょう。
月の初めにお送りしている「小山昇の経営相談室」をお送りしました。
いろんなご質問をお寄せいただいています。ありがとうございます。
長年この番組でこの相談室を放送していますが、いやいやお悩み、ご質問はバラエティに富んでいて、どれも参考になり、興味深いです。

今回取り上げたのは、
- 名古屋で靴屋さんを経営されている40代男性の方から: 広告、宣伝などの営業戦略の指南を。ホームページを立ち上げたがなかなか効果が確認できない。
- 50代経営者から: 後継者を決めたいが、2人のうちどちらも大切で甲乙つけがたい。
- 40代経営者から: 武蔵野さんが活用している「エマジェネティクス」(人の分析理解)について。効果、全員に受けさせているかなど。
- 40代男性"大山滑(オオヤマスベル)」さん: 武蔵野さんの会員企業だが、環境整備などの成果が出ない。そういう会社は何か共通点があるのか。

みなさま、真面目に質問してくださっています。
小山さんも放送前にひとつひとつ質問を読み込んで、アドバイスを真剣な表情でまとめていらっしゃいます。
そして、聞いている私はとにかく勉強になります。

ご相談、お悩みなどありましたら、ぜひ番組にお寄せください。
ホームページのメールフォームが用意されています。

来週は、ゲストをお招きしてお送りします。
お楽しみに!

4/26放送後記

2018.04/27 番組スタッフ 記事URL

こんにちは。小野慶子です。
今月は、パワーあふれるゲスト株式会社テイル 代表取締役社長 金原章悦さんにお話を伺っております。明るく大きな声でお話しされる方で、いつも笑顔で楽しい話題をどんどん提供してくださいます。元気になります。
今回も引き続き、今月のテーマ「顧客に向けた鉄板経営」の3回目「目から鱗のアドバイス」として金原さんのノウハウを教えていただきました。

飲食店の世界では、店舗が前年の売り上げを超えることって難しいことなのだそうです。
にも関わらず、テイルさんは様々な手を打ってどんどん売り上げ更新されています。
どんな工夫をなさっているのでしょうか。
小山さんのお言葉「打つ手は無限にある」を実践されているのですよ。
メニューをブラッシュアップ、お客様に何回も来ていただく工夫など、それぞれ手は一つではないのです。マンパワー出会ったり、ハガキであったり、工夫、アイデア以上にそれを実行する行動力がすごい!

ハガキ作戦は、そのハガキを持って来店されるお客様の年間売り上げを聞いてびっくり〜
○億円ですって。62円のハガキから、、、ってことなのですよねぇ。
色々な工夫、取り組みのお話を聞いているだけで、これは売り上げアップするはず、と納得します。番組でパワフルにお話くださっていますので、ぜひお聞きください。オンデマンド、Podcastなどご利用いただけます。

来週は、5月最初の放送です。いつもの「小山昇の経営相談室」をお送りします。
お寄せいただいたメールをご紹介できるかもしれません。
どうぞ楽しみに。

4/19放送後記

2018.04/23 番組スタッフ 記事URL

こんにちは。小野慶子です。
今月は、「顧客に向けた鉄板経営」をテーマに株式会社テイル 代表取締役社長 金原章悦さんにご出演頂いています。
2回目の今回は、「きん太の店舗戦略」と題してお送りしました。
というのも、金原さんのお店は、2010年に23店舗売り上げ15億円から2018年には24店舗と店舗数がほぼ同じにも関わらず、売り上げは30億円、つまり倍の売り上げをあげていらっしゃいます。
どんな戦略で成功されたのか知りたいですよね。

小山さんのアドバイスや時には叱られたこと、そして金原さんの潔い人柄とスピーディな行動などなど、お話を伺いました。小山さんの「バカ、改装しなさい」「お店をやめなさい」というご指導はどういうことだったのか、ぜひ番組でお聞きください。いつも翌日にオンデマンドで配信しています。

お店の改装に思い切って費用と時間をかけたこと、その間に従業員に長期休暇をとらせたことも教えてくださいました。
小山さんのご指導もズバッと驚き!!のアイデアですが、それを即実行する金原さんも負けずに驚き!!です。とにかく思い切リの良い方です。
番組の前後もずっとアクティブで笑顔いっぱいの明るいトークで元気をくださいました。

人材不足もタブレットオーダーで対策されていて、そこからもまた教えていただけることがたくさんありました。
次回も引き続き金原さんにご出演いただきます。
お楽しみに。

4/12放送後記

2018.04/14 番組スタッフ 記事URL

こんにちは。小野慶子です。
今月は、「顧客に向けた鉄板経営」をテーマに軽快なトークの株式会社テイル 代表取締役社長 金原章悦さんにご出演頂きます。関西弁のテンポが心地よくて、ずっとお話ししていたい方です。
金原さんは、関西方面でお好み焼き・鉄板焼きのお店「きん太」を広く経営されています。創業30年を迎えられたそうです。そこで、テーマは語呂合わせ、「鉄板経営」となりました!
1回目の今回は、「きん太の環境整備」と題してお話を進めました。

金原さんが環境整備を定着させるまで大変だったこと、どのようなことをしたか、その成果についてなど様々お伺いしました。
なかなか全員に定着させるには、苦労もされたようですね。
大変だったエピソードやそれにどう対処されたか教えてくださいました。
点検もガッツリなさっています。これは、点検される方もする方も大変な作業です。
どうしたら実現できるのか伺ったら、小山さんに「できないのは、社長が本気じゃないから!」とコツンとお言葉をいただいてしまいました、、、納得、、、。

そして、本気で取り組まれた金原さんは、今や小山さんのご指名で環境整備フォローアップの講師をなさっています。つまり、環境整備の指導もなさっているそうです。
小山さんとどっちが厳しいかな?と、ふざけている場合ではありません。失礼しました。
今回も勉強になりました。

来週も引き続き、金原社長がご出演くださいます。
どうぞお楽しみに!

4/5放送後記

2018.04/06 番組スタッフ 記事URL

新年度ですね。いかがお過ごしでしょうか。小野慶子です。
今年の東京は桜が早くパッと咲いたので、さっさと春がやってきた感じがします。
気温差が大きかったり、花粉が飛んだりもしますが、やっぱり春が来るって気持ちが明るくなっていいですね。

さて、今回の放送は、月の初めの木曜日にお送りする「小山昇の経営相談室」をお送りしました。
小山さんが、皆様のお悩みを一緒に解決してまいりましょうと、メールなどでお寄せいただいたご質問、ご相談に直接お答えします。
今回取り上げたご相談は次の通りです。
楽しいペンネームとともにお送りいただいています。

"焼肉奉行"さんから: 中小企業のブランディング、その広告展開についてご指導を。
"怒り新党"さんから: 商品開発部長なのに営業ノルマを課せられるように。営業部長にもない、インセンティブもないのに、どう経営者に立ち向かえば良いか。
"ドレミファそだねー"さんから:  「潔癖すぎる人は管理者に向いていないとのこと、自分がそうだが気をつけることは?資質のご教示を。
"役人は気の弱い忖度ロース"さんから: 武蔵野さんが他社を真似して上手く行ったことは?
それぞれ小山さんの直接のアドバイスは、いつものようにとても勉強になりました。

たとえ解決が難しそうな悩みのように感じていても、小山さんの一言からは、必ずハッと気づきをいただけるのですねー。
ご質問などありましたら、どうぞ番組にお寄せください。
ところで、小山さん、いつもダークスーツできっちりと決めてスタジオにいらっしゃるのですが、この前はその下に、地模様が千鳥格子の白いワイシャツをきていらっしゃったんです。光が反射して上品な柄が超おしゃれ!
素敵、素敵と申し上げたら、「私は出されたものしか着ないから、、、」と。やっぱり、奥様のセンスですね。ちょっとみなさんにご報告でした。
来週は、ゲストをお招きしてお送りします。どうぞお楽しみに!

3/29放送後記

2018.04/01 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
3月最後の放送となりました。年度末を迎えて慌ただしくされていた方も多いでしょう。
今月は5週ある月ですので、最終週の今回は恒例の「社長の仕事シリーズ」をお送りしました。
毎回、社長はどう対応すればいいか、どう向き合えばいいか、どう考えればいいかなど、いろんな課題や出来事に対応する具体的なポイントを小山昇さんに教えて頂いています。
今回は、この時期にぴったり、「新卒採用力が会社の未来を決める」の内容を取り上げました。
これはマネジメント社から発行されている小山さんの本のタイトルで、その中から勉強させていただきました。
「新卒社員が」ではなくて、「採用力が」これからの会社を占うということです。
「新卒採用力が会社の未来を決める」のですね。
新卒採用の実態と考え方、経営者の心得、新卒社員の影響力、そして武蔵野さんの実際を伺いました。

第1章のタイトルは、かなりインパクトがありますよ。
「新卒を採用しない会社は、必ず衰退する」、、、そうです。
新卒に限らず人材採用は難しい、けれども良い人材を採用したいものですよね。
でも会社の業績をみたり、そんなこんな迷っているうちに、今年は新卒採用は見送ろうか、なんてこともあると思います。でも、それではダメなんですって。

この他に採用に関するとても濃い内容で小山さんお話しいただいています。
放送後もオンデマンドでお聞きいただけますので、ぜひご利用ください。このページ右側の「いますぐ聴く!オンデマンド」からどうぞ。

次回は、4月最初の放送です。
お寄せいただいているご相談、ご質問をとりあげ、小山さんからの直接のアドバイスをお届けする回です。どうぞお楽しみに!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。
1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任する。
1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。
1992年顧問を退任、現在に至る。
全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。
株式会社武蔵野は2000年「日本経営品質賞」、2001年「経済産業大臣賞」、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。
2010年には国内初「日本経営品質賞」2度目の受賞を果たす。
2017年に「MCPC award 2017 奨励賞」、2018年に「平成29年度(第35回)IT奨励賞」を受賞するなど、社内のIT化にも力を入れている。
2001年ダスキン事業に加え、全国の中小企業を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を開始。
現在700社以上の会員企業を指導し、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で年間240回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの仕事に役立つようにと実務中心の内容となっている。
主な著書には「改訂3版 仕事ができる人の心得」(CCCメディアハウス)
「99%の社長が知らない銀行とお金の話」(あさ出版)
「小さな会社の儲かる整頓」(日経BP社)
「数字は人格—できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」(ダイヤモンド社)
「利益を最大にする最強の経営計画」(KADOKAWA)など、50冊以上の書籍を出版している。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ