番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

9月12日放送(ゲスト:金鶴友昇・金鶴食品製菓株式会社代表取締役社長①)

2019.09/11 ディレクター 記事URL

9月12日放送のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 

 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。

 今月の特集テーマは「笑顔のおつまみ経営」。
 1回目の今回は、「きっかけは小山さん」と題してお送りします。

 ゲストは、
金鶴食品製菓株式会社 代表取締役社長、金鶴友昇さんです。


 なお、ポッドキャストによる音声配信は、放送翌日の配信となります。


今回は以下の内容について、話題が展開します。

事業概要と金鶴社長のご略歴のご紹介

武蔵野サポート会員になられた2014年入会当時とその後4年の経営状況の変化

小山社長との出会いについて

 武蔵野からの学びとは?

 環境整備は何から手をつけたか? 社内の反応は?

4年間で売上倍増となった象徴的な出来事について。

新倉庫建設の逸話

工場が停止した時のエピソード

小山さんの指導を受けどういう改善されたことは?

金鶴社長からみた小山昇社長について

【金鶴食品製菓株式会社について】(ホームページより)


会社概要・・・ 

戦後の映画ブーム。楽しい時間のお共のピーナッツが、金鶴食品の歴史のはじまりです

昭和20年創業。現在、従業員数180名、売上高61億円で6年連増収。

沿革

昭和20 東京都足立区千住東町に於いて、創業者 金鶴吉次が主に落花生の製造業を開業。戦後の映画ブームに乗り、劇場・映画館等の売店に納入を任され、菓子類・ピーナッツを販売開始。

昭和31 米菓子の製造を開始。東京都荒川区尾久に米菓工場として第二工場を設ける。

昭和34 販売先の拡大、取扱い製品の増加にともない、工場を一括し東京都足立区へ移転。

昭和38 金鶴食品製菓株式会社として株式組織に変更。

昭和40 東京都上野アメ横に直販部として株式会社みなとや食品開設。仲間卸、珍味問屋等へと販売も拡大し、米菓子、砂糖菓子製造部門を、カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオ等の木の実製造に転換。 株式会社カナヅル設立。

昭和50 菓子、食品、飲料、生鮮、日配品の卸業を開始。

昭和63 金鶴一男が代表取締役に就任。千葉県八街市に工場用地購入。

平成5 東京都足立区平野に冷蔵庫パッキングセンターを新設。

平成24 金鶴友昇が代表取締役に就任。新工場建設の為に埼玉県八潮市に土地を取得。

平成25 新工場建設開始。

平成26 212日 新工場稼働開始。


【金鶴友昇・社長について】

 1975年東京都出身。大学卒業後、広告代理店勤務後、2000年に、金鶴食品製菓株式会社に入社、2012年同社代表取締役社長に就任

【社長の会社ビジョン】(採用ホームページより)
この5年で売上を倍増させましたが、この5年先には更に売上を倍増させて、100億円を目指します。

ただ売上だけ100億円にするために歯を食いしばって働こうというわけではなく、社員にお金と時間を投資し、人が育った結果、そして楽しく働いた結果100億円になるということを目指しております。
そのために私自ら社員に考え方や話し方を教えることにより、仕事だけでなく私生活も良くする。そして今後も、社員がニコニコと笑顔で仕事ができる、やりがいを持って働ける環境を作っていきます。

【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

9月5日放送のご案内(経営相談)

2019.09/05 ディレクター 記事URL

9月5日放送のご案内

 毎月第一木曜は、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。
 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。

 今回の放送のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日となります。
 オンデマンド、ポッドキャストは、右下の「iTunes あるいは、過去のアーカイブ」をクリックいただき、該当する欄をクリックいただければお聞きいただけます。


 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右
欄にある 

   【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。


 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。

質問1地方出身の社員が、親の介護でということで退職をしました。彼が退職して、彼がこれまでの"社内イジメ"の受け皿になっていてくれていたことを、初めて気が付きました。こうした"社内イジメ"など"がないような会社にしたいと思っておりますが、武蔵野様では、どのように対処されておられますか?

質問2旅行代理店の代表をしております。社員達にも積極的に色々な所へ旅行に行くように常々言っており休みなども融通がきくよう対応しております。しかし、近頃入社した若い世代の子たちはいくら行ってもなかなか旅行に行かないのです。こういうものなのだと、自分を納得させた方がいいのでしょうか。
質問3昨年、20代最後の歳に、今までの仕事を辞め起業しました。有り難いことに起業の際に、両親から多額の出資を受けることができました。両親はお金を返さなくていい、お前への祝い金だ。と言うのですが、この言葉に甘えていいものでしょうか?

質問4親から譲り受けた会社を引き継ぎ、奮闘早5年。実態は、年々、苦しく、悩みが増すばかりです。小山社長は、幾年目位から、経営のポイントをつかまれたましたか?

 

尚、小山社長が経営する株式会社武蔵野につきましては、https://www.m-keiei.jp/ のホームページをご覧ください。

8月29日放送(ゲスト:森藤正浩・SHOEIグループ代表取締役社長④)

2019.08/28 ディレクター 記事URL

8月29日放送のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 

 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。

 今月の特集テーマは「幸せづくりの経営実践」。
 4回目の今回は、「社員の幸せつくり」と題してお送りします。

 ゲストは、
SHOEIグループ(正栄産業株式会社) 代表取締役社長、森藤正浩さんです。


 なお、ポッドキャストによる音声配信は、放送翌日の配信となります。


今回は以下の内容について、話題が展開します。

*サンクスカードの導入について

*飲ミニュケーションについて

*社員への愛情表現の方法について

*小山社長と出会われてからの意識の変化等について

*東京での事業展開、今後の事業展開

*森藤さんの宝物とは?


【森藤正浩・社長について】

岡山県出身。さそりざ、O型。富山大学卒。設計事務所で修業を積み、26歳時(平成9年)に正栄産業を創業する。趣味は読書、旅行。


【SHOEIグループについて】(ホームページより)


会社か概要・・・ 「富山をもっとオモシロくしたい」

SHOEIこと正栄産業は、建築事業以外にも「家具・雑貨」、「レストラン・バル」、「カフェ」、「リフォーム」、「介護」、「資産活用」など、『生活文化』にかかわる幅広い事業を手がています。

毎日の暮しを楽しむための場が今以上に増えていくと住んでいる人々の意識も向上し、富山の街や文化が育っていきます。

はやく帰りたくないようなマイホームを持つことも大好きな家具を中心に住まいを考えることもお気に入りのカフェで友だちとおしゃべりすることもすべては毎日の生活を楽しむことにつながります。「富山をもっとオモシロくしたい」。スタッフ全員、そんな想いで仕事に取り組んでいます。

理想のマイホームの実現をお手伝いすることも住んでからの暮らしを一生涯サポートすることもすべては富山で暮らすお客様が楽しい生活文化を亭受できるようになるため。SHOEIと一緒に、富山をオモシロくしてみませんか?

 



【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

8月22日放送(ゲスト:森藤正浩・SHOEIグループ代表取締役社長③)

2019.08/22 ディレクター 記事URL

8月22日放送のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 

 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。

 今月の特集テーマは「幸せづくりの経営実践」。
 3回目の今回は、「幸せの武蔵野 丸ごとパクリ術」と題してお送りします。

 ゲストは、
SHOEIグループ(正栄産業株式会社) 代表取締役社長、森藤正浩さんです。


 なお、ポッドキャストによる音声配信は、放送翌日の配信となります。


今回は以下の内容について、話題が展開します。

SHOEIグループの勉強会について

社員の皆さんの積極的な勉強会参加の動機について

武蔵野入会企業の経営者のお仲間からの影響について

武蔵野サポート会員入会後の増収増益(10年間で、250%の増収、554%の増益)の背景について

*「型から入って心にいたる」とは?

小山社長と接してからの意識や行動が変化について

*パクリの心得について

小山社長から森藤社長へのメッセージ



【SHOEIグループについて】(ホームページより)


会社か概要・・・ 「富山をもっとオモシロくしたい」

SHOEIこと正栄産業は、建築事業以外にも「家具・雑貨」、「レストラン・バル」、「カフェ」、「リフォーム」、「介護」、「資産活用」など、『生活文化』にかかわる幅広い事業を手がています。

毎日の暮しを楽しむための場が今以上に増えていくと住んでいる人々の意識も向上し、富山の街や文化が育っていきます。

はやく帰りたくないようなマイホームを持つことも大好きな家具を中心に住まいを考えることもお気に入りのカフェで友だちとおしゃべりすることもすべては毎日の生活を楽しむことにつながります。「富山をもっとオモシロくしたい」。スタッフ全員、そんな想いで仕事に取り組んでいます。

理想のマイホームの実現をお手伝いすることも住んでからの暮らしを一生涯サポートすることもすべては富山で暮らすお客様が楽しい生活文化を亭受できるようになるため。SHOEIと一緒に、富山をオモシロくしてみませんか?

【森藤正浩・社長について】
岡山県出身。さそりざ、O型。富山大学卒。設計事務所で修業を積み、26歳時(平成9年)に正栄産業を創業する。趣味は読書、旅行。



【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

8月15日放送(ゲスト:森藤正浩・SHOEIグループ代表取締役社長②)

2019.08/15 ディレクター 記事URL

8月15日放送のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 

 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。

 今月の特集テーマは「幸せづくりの経営実践」。
 2回目の今回は、「幸せの経営計画」と題してお送りします。

 ゲストは、
SHOEIグループ(正栄産業株式会社) 代表取締役社長、森藤正浩さんです。


 なお、ポッドキャストによる音声配信は、放送翌日の配信となります。


今回は以下の内容について、話題が展開します。

*SHOEIさんが武蔵野に入会されてから、環境整備の次に取り組まれた経営計画書の作成について
*初期の頃、経営計画書にまつわるエピソードについて
*複数の銀行と無担保無保証での融資をされるにいたった経緯等について
*経営計画書作成にあたっての失敗談について
*経営(計画書)についての社員の関心と変化
*資金運用についての考え方について
資金運用において、一番勉強になったことについて
S&Pの日本中小企業の格付け(SME)で最上位のAAAに格付けされたことについて


【SHOEIグループについて】(ホームページより)


会社か概要・・・ 「富山をもっとオモシロくしたい」

SHOEIこと正栄産業は、建築事業以外にも「家具・雑貨」、「レストラン・バル」、「カフェ」、「リフォーム」、「介護」、「資産活用」など、『生活文化』にかかわる幅広い事業を手がています。

毎日の暮しを楽しむための場が今以上に増えていくと住んでいる人々の意識も向上し、富山の街や文化が育っていきます。

はやく帰りたくないようなマイホームを持つことも大好きな家具を中心に住まいを考えることもお気に入りのカフェで友だちとおしゃべりすることもすべては毎日の生活を楽しむことにつながります。「富山をもっとオモシロくしたい」。スタッフ全員、そんな想いで仕事に取り組んでいます。

理想のマイホームの実現をお手伝いすることも住んでからの暮らしを一生涯サポートすることもすべては富山で暮らすお客様が楽しい生活文化を亭受できるようになるため。SHOEIと一緒に、富山をオモシロくしてみませんか?

【森藤正浩・社長について】
岡山県出身。さそりざ、O型。富山大学卒。設計事務所で修業を積み、26歳時(平成9年)に正栄産業を創業する。趣味は読書、旅行。



【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

8月8日放送(ゲスト:森藤正浩・SHOEIグループ代表取締役社長①)

2019.08/06 ディレクター 記事URL

8月8日放送のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 

 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。

 今月の特集テーマは「幸せづくりの経営実践」。1回目の今回は、「幸せの環境整備」と題してお送りします。

 ゲストは、
SHOEIグループ(正栄産業株式会社) 代表取締役社長、森藤正浩さんです。


 なお、ポッドキャストによる音声配信は、放送翌日の配信となります。


今回は以下の内容について、話題が展開します。

SHOEIグループの事業概要と森藤社長のご略歴をご紹介いただけますか?

正栄産業さんが、武蔵野サポート会員になられづ前の経営状況はいかがでしたか?

 *武蔵野に入会されたいきさつについてお話しいただけますか?

武蔵野入会後、まず、どんなことに着手されましたか?

環境整備はどうでしたか? 

武蔵野の小山昇社長は、どんな経営者?

【SHOEIグループについて】(ホームページより)


会社概要・・・ 「富山をもっとオモシロくしたい」

SHOEIこと正栄産業は、建築事業以外にも「家具・雑貨」、「レストラン・バル」、「カフェ」、「リフォーム」、「介護」、「資産活用」など、『生活文化』にかかわる幅広い事業を手がています。

毎日の暮しを楽しむための場が今以上に増えていくと住んでいる人々の意識も向上し、富山の街や文化が育っていきます。

はやく帰りたくないようなマイホームを持つことも大好きな家具を中心に住まいを考えることもお気に入りのカフェで友だちとおしゃべりすることもすべては毎日の生活を楽しむことにつながります。「富山をもっとオモシロくしたい」。スタッフ全員、そんな想いで仕事に取り組んでいます。

理想のマイホームの実現をお手伝いすることも住んでからの暮らしを一生涯サポートすることもすべては富山で暮らすお客様が楽しい生活文化を亭受できるようになるため。SHOEIと一緒に、富山をオモシロくしてみませんか?

【森藤正浩・社長について】
 岡山県出身。さそりざ、O型。富山大学卒。設計事務所で修業を積み、26歳時(平成9年)に正栄産業を創業する。趣味は読書、旅行。



【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。
1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任する。
1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。
1992年顧問を退任、現在に至る。
全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。
株式会社武蔵野は2000年「日本経営品質賞」、2001年「経済産業大臣賞」、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。
2010年には国内初「日本経営品質賞」2度目の受賞を果たす。
2017年に「MCPC award 2017 奨励賞」、2018年に「平成29年度(第35回)IT奨励賞」を受賞するなど、社内のIT化にも力を入れている。
2001年ダスキン事業に加え、全国の中小企業を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を開始。
現在700社以上の会員企業を指導し、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で年間240回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの仕事に役立つようにと実務中心の内容となっている。
主な著書には「改訂3版 仕事ができる人の心得」(CCCメディアハウス)
「99%の社長が知らない銀行とお金の話」(あさ出版)
「小さな会社の儲かる整頓」(日経BP社)
「数字は人格—できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」(ダイヤモンド社)
「利益を最大にする最強の経営計画」(KADOKAWA)など、50冊以上の書籍を出版している。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ