番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

4/20放送後記

2017.04/21 番組スタッフ 記事URL

ごきげんいかがですか、小野慶子です。
4月は、いろいろ新しいことが始まる月ですが、後半ともなるとそろそろ慣れて落ち着いてくる頃ですね。皆様の新しいことも馴染みましたか?

今回の番組は、引き続き、今月のテーマ「地域密着型企業」のもと、広島ガス高田販売株式会社 代表取締役 住吉峰男さんをゲストにお招きし、「業界が小さくなっても、会社を成長させる」と題してお送りしました。
新しい季節と申し上げましたが、住吉社長は、新しいことに果敢に取り組まれ、成果をあげていらっしゃいます。
先週、無借金経営をやめたとのお話を伺いましたが、その時の周囲の反応も伺ってみました。
また、LPガスの製造販売会社から、ビジネスモデルを変更されたことについて、詳しくお話しいただきました。
増益だったのになぜ新しい形にされたのか、その理由は業界が小さくなってきたこと。
小山昇さんのアドバイスもしっかり伺っています。
会員制度を作った経緯も日常の生活の中でふと気づかれたなど、アイデアと実行力なのですよ。
どんな環境でも成長している会社はたくさんあるのですから。景気がねえ、なんてボヤいたことがある自分が恥ずかし・・・^^

小山さんからの「きょうの心得」は【強くなる】でした。
CCCメディアハウスから出ている小山さんのご著書「仕事ができる人の心得」増補改訂版からのご紹介でした。今回も納得。勉強になりました。

来週も引き続き、今月のゲスト住吉社長のお話をお送りします。
どうぞお楽しみに。

4/13放送後記

2017.04/17 番組スタッフ 記事URL

暖かくなってきました。いかがお過ごしですか。
番組進行役の小野慶子です。

今月は「地域密着型企業」をテーマにお送りします。
ゲストは、広島ガス高田販売株式会社 代表取締役 住吉峰男さんです。
従業員教育、環境整備など実践され、ビジネスモデルも変更するなど、積極的な改善で成功されている方です。
今日は「従業員が同じ方向を向く会社」と題して、お話を伺いました。
積極的に改革を進められてきた中、もちろん社員教育、幹部教育についてもしっかり徹底して実施なさっています。
特に力を入れている点やどんな方法で会社の方針を浸透させているか、具体的に教えてくださいました。

それから、住吉社長は、小山昇社長のカバン持ちを経験されていて、その時のご経験も伺えました。ご存知の方も多いですが、このカバン持ちというのは、小山社長とずっと行動を共にするので、かなり濃い時間を過ごせるものなのです。
住吉社長曰く、当時、5日間小山社長を専有できたと、、、。
例えばどのようなこと絵を学んだか伺いました。住吉社長は、今でもしっかり覚えている小山さんの言葉を教えてくださいました。
そうそう、無借金経営をやめたともおっしゃっていました。その経緯をぜひ番組でお聞きください。
住吉社長は、静かに整然とまとめてお話ししてくださいます。
私も真面目に聞かなくてはと、姿勢を正しました^^

来週も引き続き、住吉社長にご出演頂き、お話の続きを伺います。
お楽しみに!

4/6放送後記

2017.04/02 番組スタッフ 記事URL

こんにちは。小野慶子です。
皆様はどんな新年度を迎えられましたか。

さて、番組は月の初めの「小山昇の経営相談室」をお送りしました。
リスナーの方々からお寄せいただいたご質問やお悩みに小山さんが直接アドバイス。
今回もいろんなご相談を取り上げましたが、全て会社役員の方からいただいたご質問でした。

・40代の建設関係会社役員の方から、下請け仕事から脱却したい、アドバイスを。
・30代の会社役員の方からは、現金をたくさん持っている武蔵野さんは、借り入れの時銀行にどんな理由を言っているか。
・経費削減について、箇条書きで具体的な対策の良し悪し判断をといただいたので、丸バツ式で小山さんが回答してくださいました。はあ、この経費削減方法はバツなのですねと思うご回答もありました。
・社内のトラブル解決を当事者に確認せず、噂などで処理してミスジャッジする慣習がある。トラブル処理の社内規定を作るのはどうか。

とても細かい事象のご相談や個人的なお悩み、スケールの大きいご質問など、小山さんはいつも何でも答えてくださいます。自分の悩みではなくても、参考になることや気付きをたくさんいただけます。

毎月第一木曜日にリスナーの皆さんからのご相談を取り上げ小山さんのアドバイスをお送りしておりますので、ぜひ参考になさってください。そして、皆様ご自身お悩みなどお寄せください。
番組ホームページのメールフォームをご利用ください。
お待ちしています。

来週は、ゲストをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!

3/30放送後記

2017.04/01 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか。小野慶子です。
3月も終わりました。年度末でお忙しかったですか?それとも年度末日は、プレミアム・フライデーでしたから、早々に仕事を切り上げましたか?近くの桜の名所は、まだ5分も咲いていないのに早い時間から人が多かったですよ。羨ましいなあ。

さて、今回の番組は5週目の木曜日の放送でしたので、いつもの「社長の仕事」シリーズをお送りしました。テーマは、『9割の社員パートが満足する「儲かる会社」の条件』でした。
儲かる会社は、忙しい=だから、従業員の負担が大きい=不満が出る、との図式は勝手な思い込みでしょうか。でも、逆に仕事が楽ということは、仕事が少ない=利益につながりにくいのではと、考えて心配になります。今回のテーマは、このイメージとは逆になりますね。

株式会社武蔵野さんは、社員はともより、パート従業員の対策にもしっかり取り組んでいらっしゃいます。採用の仕方、教育の仕方などなど、具体策を伺いました。
また、今月のゲスト 株式会社テイル 代表取締役 金原章悦さんにも引き続きご出演頂きましたが、やはり特に女性従業員が働きやすい工夫をなさっているそうです。

女性の生活スタイルから見ると、働く条件がとても魅力的です。働きやすいと、やる気が出ますね。
女性組織の取りまとめ方、従業員の満足は売り上げにどう影響するか教えていただきました。
また、武蔵野さんはパートさんで幹部(課長職)になる方もいるそうです。その仕組みも珍しくて興味ありますが、パートさんで幹部、役職に就かれた方にお目にかかりたいなとも思いました。きっと仕事のできる方でしょうね。

さて、来週は新年度4月の放送です。
いろんな区切りになる季節ですから、また新たな気分に戻って引き続き良い番組をお送りできるよう努めてまいります。

3/23放送後記

2017.03/25 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか。小野慶子です。
ここのところ、「なんだ、今日も寒いじゃない、ねえ。」と、出社時に挨拶とともに、文句が口をついて出てきてしまいます。暖かくなるのを期待しすぎているせいかしら。
年度末で慌ただしくてと、いう方も多いでしょうね。いろんな意味で、春よ来い、早く来い、、、です。

さて、今回の番組は、今月のテーマ「リピーターを獲得する飲食店の経営」のもと、株式会社テイル 代表取締役 金原章悦さんにゲスト出演していただき、「従業員教育」をテーマにお話を伺いました。関西弁が軽快で力強い金原さんは、元気とともに何か安心感をくださる方です。
「お好み焼き金太」中心に飲食店を多店舗経営されていて、既存店の売り上げが前年比をずっと上回っていることは前回、前々回の放送でもお伝えしました。
その成果を出すための工夫について、お伺いしました。

キャンペーンを実施されています。お話を伺っているうちに、お好み焼きが食べたくなりましたよ。
そして、待つ営業ではなく、出て行く営業の展開も、来店客数や売り上げを増やす大きな効果をもたらしているとのことです。
小山さんのご指導にもある「ランチェスター戦略」についてのお話になって、金原さんは、ミツバチ作戦、クモの巣作戦を具体的にどう実践されているかを教えてくださいました。
社員、アルバイトがセールスをできる仕組み、従業員教育の方法、特にアルバイトや新人さんに均一な接客クオリティを身につけてもらうコツなど、盛りだくさんの情報をくださいました
いずれのお話も、やはり成功する経営者は、いつでも前向きに、上を見て、積極的に果敢に行動に移されるのだと実感しました。
関西に行ったら、絶対「金太」のお好み焼きを食べますよ!

人気メニューは、金原さんらしい中身とネーミング、、、番組内で教えてくださいます。
美味しそう〜〜

来週は、月の5週目の木曜日にお送りする「社長の仕事」シリーズをお送りします。
小山さんは、今度は何を教えてくださるのでしょうか。
お楽しみに!

3/16放送後記

2017.03/19 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか。小野慶子です。

今月は「リピーターを獲得する飲食店の経営」をテーマに株式会社テイル 代表取締役 金原章悦さんにゲスト出演していただきお話を伺っています。
関西を中心に「お好み焼き金太」など飲食店を積極的に出店、多店舗経営されています。
従業員もたくさんいらっしますので、今回は「従業員のモチベーションを維持する会社」と題して、給与賞与など人件費について、具体的に伺いました。

ちょうどこの季節は、新しい職場や環境になることでやる気満々、なんて人も多いのではないでしょうか。初心はとても大切なことですが、仕事を長くやっていくと、やっぱりモチベーション上げてくれるものが必要になってきます。そう、収入だって大きな比重を占めますよね。
これは大切なことです。

小山さんはいつも評価とご褒美の大切さを教えてくださいます。
もちろん、金原さんも工夫をなさっています。
毎年基本給を上げていらして、賞与もしっかり出していらっしゃいます。そして、その評価方法もしっかり整備されているのです。
そんな金原さんでも、以前は基本給や賞与はどんぶり勘定だったそうですよ。
詳しくは、ぜひ番組でお聞きください。

また、小山さんのご著書「仕事ができる人の心得」から教えていただく「今日の心得」では、「評価期間」の心得をいただきました。過去6か月だけ評価する、それ以前のことをいつまでも執念深く言わない、ということでした。
あ〜、あ〜、反省、、、悪気はないのですけど、やってしまっていたかも。今日から正します!

来週も引き続き金原さんにご出演いただきます。
どうぞお楽しみに!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ