番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

7月9日放送(ゲスト:飛山尚毅・株式会社武蔵野クリーン・リフレ事業部本部長①)

2020.07/07 ディレクター 記事URL

7月9日放送分のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています!
 
 今月の特集テーマは、「武蔵野・飛山物語」と題して、株式会社武蔵野クリーン・リフレ事業部本部長の飛山尚毅さんをゲストに、3回シリーズでお送りします。
 
 1回目の今回は、「人生勉強」と題してお送りします。

 今回の放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日の配信となります。


【今回は以下の内容について、話題が展開します】

好業績・ホワイト企業の武蔵野に入社されたきかっけは?
入社後、一番苦労されたことは?
入社されて、これぞ勉強になったということは?
つらかった勉強とは?
それでは「きょうの心得」をお願いいたします。


 【ご意見、ご感想、疑問・質問等】

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

7月2日放送のご案内(経営相談)

2020.07/01 ディレクター 記事URL

7月2日放送のご案内

 毎月1回、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。
 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。
 尚、今回の収録は、武蔵野の事務所で番組収録をしております。

 今回の放送のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日となります。
 オンデマンド、ポッドキャストは、右下の「iTunes あるいは、過去のアーカイブ」をクリックいただき、該当する欄をクリックいただければお聞きいただけます。

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右欄にある 

   【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。
採用されました方には、漏れなく小山昇氏の著書をプレゼント!させていただきます。



 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。

質問1
従業員60名の中小企業の会社経営をしております。バブル期採用の古参社員20名ほどおります。3分の2を占める彼らが、積極的に働いてくれたなら と勝手な願望をいただいております。小山社長! 仕事への情熱を持たせる何かいい仕掛けはないでしょうか?

質問2
都内で空調設備工事を行う会社を経営しています。エアコン修理やクリーニングなどを行う会社です。この時期、通常ならば繁忙期になるのですが、今年は思うように仕事が来ていません。

質問3
今年4月、友3人で新会社を立ち上げました。やっとスタートしたのですが、友人の一人が体調不良で倒れてしまい、代わりをできる人材を急遽探しています。僕の会社に入って欲しい!と相手を口説く際のテクニック的なものって何かあるんでしょうか。ぜひ、あれば教えてください!

質問4
武蔵野さんでは、このコロナ下で、働き方等、何か、変化はありましたか?小山社長のことだから、また新しいアイディアを構想されておられるのではないかと、お察ししますが、いかがでしょか?

質問5
小山社長に質問です。学生時代は、どんなことに力を入れておられましたか?また、その時に培ったことで今役にたっていることは何ですか?

 


番組では、小山氏の著書を抽選でプレゼントさせていただきます。ご応募は、応募欄 http://market.radionikkei.jp/koyama-keiei/post_60.html へ。


6月25日放送(ゲスト:本村真作・㈱MOTOMURA③社長)

2020.06/24 ディレクター 記事URL

6月25日放送分のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています!
 
 毎月2-4週目は、特集テーマをくみシリーズでお送りしています。

 今月の特集テーマは、「期待をこえる経営」と題して、㈱MOTOMURA代表取締役社長の本村真作さんをゲストに迎えてお送りします。。
 3回目の今回は、「人材戦略」と題してお送りします。

 今回の放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日の配信となります。
【今回は以下の内容について、話題が展開します】

株式会社MOTOMURAさんでは、人材採用に困ることがない」とは?

残業が多い業界にも拘わらず、残業時間が短い背景は?

有給の取得率も高い背景は?

外注が少ないとお聞きしましたが?

2021年の目標「日本人のバイトと派遣社員がゼロ」について

外国人のIT人材の採用、業務変化等について

ほか

【本村真作社長の略歴、㈱MOTOMURA沿革】1967年、父親が操業、製本、オンデマンド、物流の3事業を展開している。
1995年世界発の製本技術を開発。1997年大学卒業後、同社入社。
現在、従業員数約230名、売上は12億円、7年連続の増収増益。


 【ご意見、ご感想、疑問・質問等】

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

6月18日放送(ゲスト:本村真作・㈱MOTOMURA②社長)

2020.06/17 ディレクター 記事URL

6月18日放送分のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています!
 
 毎月2-4週目は、特集テーマをくみシリーズでお送りしています。

 今月の特集テーマは、「期待をこえる経営」と題して、㈱MOTOMURA代表取締役社長の本村真作さんをゲストに迎えてお送りします。。
 2回目の今回は、「社員教育」と題してお送りします。

 今回の放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日の配信となります。
【今回は以下の内容について、話題が展開します】

新卒社員の採用、定着率、小山社長のアドバイスについて

人材教育費(特にお金がない時の捻出等)について

現在の会社の残業の状況等について

販売価格の値上げ交渉がうまくいった秘訣について

今日の一言

ほか

【本村真作社長の略歴、㈱MOTOMURA沿革】
1967年、父親が操業、製本、オンデマンド、物流の3事業を展開している。
1995年世界発の製本技術を開発。1997年大学卒業後、同社入社。
現在、従業員数約230名、売上は12億円、7年連続の増収増益。


 【ご意見、ご感想、疑問・質問等】

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

6月11日放送(ゲスト:本村真作・㈱MOTOMURA社長①)

2020.06/10 ディレクター 記事URL

6月11日放送分のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています!
 
 毎月、特集テーマをくみ、3回シリーズでお送りします。

 今月の特集テーマは、「期待をこえる経営」と題して、㈱MOTOMURA代表取締役社長の本村真作さんをゲストに迎えてお送りします。。
 1回目の今回は、「会社の転機」と題してお送りします。

 今回の放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日の配信となります。


【今回は以下の内容について、話題が展開します】

㈱MOTOMURAの事業内容の紹介等

武蔵野のサポート会員になられたきっかけ

入会後のエピソード

小山社長の指導について

製本業界の課題と克服

業態を変えたきかっけ

24時間稼働について

本村社長からみた小山昇社長について

ほか

【本村真作社長略歴、㈱MOTOMURA沿革】
1967年、父親が操業、製本、オンデマンド、物流の3事業を展開している。
1995年世界発の製本技術を開発。1997年大学卒業後、同社入社。
現在、従業員数約230名、売上は12億円、7年連続の増収増益。


 【ご意見、ご感想、疑問・質問等】

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

6月4日放送のご案内(経営相談)

2020.06/03 ディレクター 記事URL

6月4日放送のご案内

 毎月1回、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。
 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。
 尚、今回の収録は、武蔵野の事務所で番組収録をしております。

 今回の放送のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、翌日となります。
 オンデマンド、ポッドキャストは、右下の「iTunes あるいは、過去のアーカイブ」をクリックいただき、該当する欄をクリックいただければお聞きいただけます。

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右欄にある 

   【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。
採用されました方には、漏れなく小山昇氏の著書をプレゼント!させていただきます。



 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。

質問1
この4月から、新しくラーメン店をオープンしました!店をオープンしてすぐの緊急事態宣言、お店が町に馴染む前にお休みすることになり、毎日、地味にオープンしております。また、短縮営業で20時には閉店しているのですが、近所では深夜までやっているラーメン店もちらほら。経営者として色々判断することは難しいなぁと日々感じております。今は毎日大体、50人くらいのお客さんが来て、売上は5万弱くらい。光熱費や人件費を抜くと、なかなか厳しい現状です。新人店長に何かアドバイス頂けると励みになります! 

質問2
ブラック企業からホワイト企業へ変化をとげさせた小山社長!わがダメダメ企業体質を変えるには、なにから手をつければいいのでしょうか?

質問3
このご時世で会社に行く機会が減り、若い世代の薦めで会議もオンラインとなりました。しかし私のような年配のものにとっては、なかなかに受け入れずらい代物...適応力の高い若い社員たちと違い使いこなせず、苦労しております。この打ち合わせ、電話じゃ駄目なのか?と

質問4]
先日、わが社の待望のNEW商品が、ついに一般発売されました!しょうがないことですが、発売直後に販売店は臨時休業。通信販売でも取り扱っていますが大きくない会社ということもあり、こちらはほそぼそと展開しているのみ。今は購入しなくとも、こんな素敵な商品がある! ということだけでもなんとか皆さんに伝えたい。その為にはどんな方法が考えられますかね?


質問5
エステティックサロンをしています。コロナの影響で来店が減ってきました。売上は、3月末で25%ダウン。4月になって、さらにダウンしています。これからどのようにお店を運営をしていけば良いのか考えると不安です。アドバイスをお願いします。

番組では、小山氏の著書を抽選でプレゼントさせていただきます。ご応募は、応募欄 http://market.radionikkei.jp/koyama-keiei/post_60.html へ。


新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。
1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任する。
1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。
1992年顧問を退任、現在に至る。
全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。
株式会社武蔵野は2000年「日本経営品質賞」、2001年「経済産業大臣賞」、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。
2010年には国内初「日本経営品質賞」2度目の受賞を果たす。
2017年に「MCPC award 2017 奨励賞」、2018年に「平成29年度(第35回)IT奨励賞」を受賞するなど、社内のIT化にも力を入れている。
2001年ダスキン事業に加え、全国の中小企業を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を開始。
現在700社以上の会員企業を指導し、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で年間240回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの仕事に役立つようにと実務中心の内容となっている。
主な著書には「改訂3版 仕事ができる人の心得」(CCCメディアハウス)
「99%の社長が知らない銀行とお金の話」(あさ出版)
「小さな会社の儲かる整頓」(日経BP社)
「数字は人格—できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」(ダイヤモンド社)
「利益を最大にする最強の経営計画」(KADOKAWA)など、50冊以上の書籍を出版している。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ