番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

6/23放送後記

2016.06/26 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
今回の放送は、文唱堂印刷株式会社 代表取締役社長 橋本唱市さんにクレームについてのお話を伺いました。
今月のテーマ「人材育成で発展する会社」の3回目「クレーム対応」と題してお送りしました。

印刷のお仕事は、間違った文字でウン千部、ウン万部と刷ったものを配布していまうと、大変なことになるわけです。経験談をお話いただきました。
クレームが起きないようにどう予防するか、例えば誤字脱字のチェックなど具体的なお話や実際に間違ってしまった時どうされたかなど、クレーム対応についてお話しくださいました。
実際に橋本さんが体験された大きなクレームに、小山昇さんがアドバイスされて事なきを得たお話しも伺っています。
こちらの失敗で大きなクレームが発生すると、つい目先の対応ばかりに気をとられて、なかなか先を見越した最善策を選択する余裕はないものですが、小山さんの的確なアドバイスがあるとどれだけ心強いことか。
小山さんもご自身の体験談をお話しくださっています。これがまた、潔いご対応なのですよ。
もし私が直面したら、できるかなあ。
どうぞ番組をお聞きください。
オンデマンド、Rajiko.jp、ポッドキャスティングなど、ライフスタイルに合わせてご利用ください。

東京は、梅雨のど真ん中ですが、ザーッと雨が降ったかと思うと、暑くてたまらない真夏のような日があったり、1
枚羽織って出かける寒い日があったりで、体調管理が難しいです。ジメジメっとした梅雨の印象とは別の気候になってしまったのかしらと思うほど。
皆様もご自愛くださいね。

今月は木曜日が5
回あります。来週はその5週目です。「社長の仕事」シリーズをお送りします。ど
うぞお楽しみに。

6/16放送後記

2016.06/17 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
いかがお過ごしですか。季節の変わり目は、天候不順が激しいですね。

て、番組は今月のテーマは「人材育成で発展する会社」、文唱堂印刷株式会社 代表取締役社長 橋本唱市さんをゲストにお送りしております。
2回目のご出演で「会社を強くする社員教育」と題して、先週に引き続きたくさん聞きしました。御祖父様の後を継いで印刷サービスを提供されている会社の経営者でいらっしゃる橋本さんです。社員教育に大変熱心でいらっしゃるので、先週はそのきっかけや理由など伺いました。

今回は、どのような研修を受けていらしゃるか、またその後の反応などさらに伺ってみました。
武蔵野さんのセールス研修を従業員の方々が受けていらっしゃるそうです。飛び込み営業でお掃除グッズを販売する研修だそうです。印刷業ですから、ちょっと職種が違いますよね。
なぜ受けさせているのか、教えていただきました。納得のエピソードです。
また、小山さんのアドバイスで、仕事を内製化したこと、その効果や、環境整備定着プログラムについて、そしてクレーム対応では「事を大きくしろ!」と言われたお話など、今回も興味深いお話いっぱいでした。

「きょうの心得」では、小山さんのご著書「仕事ができる人の心得」から「指導」の項をご紹介いただきました。
さて、来週も引き続き、橋本社長にご出演いただきます。
うぞお楽しみに。

6/9放送後記

2016.06/13 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、小野慶子です。
今月の番組テーマは「人材育成で発展する会社」。
ゲストは文唱堂印刷株式会社 代表取締役社長 橋本唱市さんです。
御祖父様の後を継いで編集デザインから製本、物流まで、ワンストップで印刷サービスを提供されている会社を経営者されています。とにかく、社員教育に力を入れていらっしゃいます。
会社を継がれたときは、従業員にパレットを投げられてしまうほどの状況だったとか。

お伺いしたお話は、
- 社員教育に熱心になられたきっかっけ
-社員塾に力を入れている理由
-武蔵野の社員塾についてのエピソード
-武蔵野のセミナーで勉強になったことトップ3

などです。

そして、橋本社長の、社員の褒め方、叱り方も教えていただきました。
結構、ギャーギャー言い過ぎてしまうとか??? でも、従業員に慕われ信頼されている方ですから、詳しくは、番組を是非お聞きください。

そういえば、橋本社長が、雑談している時におっしゃっていました。

「武蔵野さんのサポート会員は儲かっている方(つまり、成功されている方)ばかりですよー。でもね、みなさん、それまで本当に努力されているんですよね。」と。

身にしみる一言でした。
暑い、暑い、もう暑いーと、オフィスで団扇を振り回してだらけているのはダメってことです、ハイ。

次回もご出演いただく予定ですので、お話の続きが楽しみです。

6/2放送後記

2016.06/06 番組スタッフ 記事URL

 

こんにちは、番組進行役の小野慶子です。
ここのところ東京は夏模様です。身軽な服装で外出できて、軽やかな気分です。

小山昇さんもスタジオに素敵な出で立ちでお越しでしたよ。
爽やかなブルーにドット柄のおしゃれな半袖シャツ。胸元のポケットには小さなワンポイント刺繍が・・・。ジーッと覗いてみたら、ハートの形ではありませんか。
「先生〜、ハートマークなんて意味深〜?!」って伺ったら・・・・・・
やっぱり!奥様のセレクトだとのこと。「私は着せ替え人形です」っておっしゃってました。
愛情感じるぅ〜。私まで幸せな気分になりました。

さて、番組は、リスナーの皆様からお寄せいただいたご質問、お悩みに小山昇さんが直接お答えする「経営相談室」を送りしました。
まずは、40代経営者の方から「人手不足で早く人を採用したいので助言を」と言うご質問。

2
通目は、以前ご質問にお答えした方からのその後のご報告を紹介しました。1度でなく何度も提案を重ねることを体験されて、学んだことを教えてくださいました。
小山さんのアドバイスを改めて噛み締めていらっしゃいましたが、逆に私からは、こんな素晴らしい心構えの社員さんがいる会社は絶対に伸びるでしょうと羨ましく思いました。前向きでワクワクしました。番組内で、全文読み上げています。まだお聞きでない方は是非オンデマンドで!
そして、役員や管理職の人事異動で会社がガラリと変わったとおっしゃる方から。人の上に立つ人に人格、人柄、人脈は必要ないのか、というご質問。

最後は、残業を減らすことについてのご相談でした。仕事量が不公平にならないようにするには、残業を減らすには、どんな工夫をすればよいか、のご質問に小山さんが答えてくださいました。
番組では、こういった皆様からのご相談、ご質問を随時受け付けております。月に一度、ご相談をまとめて取り上げ、小山さんからのアドバイスをお届けしています。

是非、お寄せください。番組ホームページのメールフォームをご利用ください。

では、来週もどうぞお楽しみに。

5/26放送後記

2016.05/28 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、番組進行役の小野慶子です。

今月のテーマ「強い企業文化を築く組織力」の3
回目の放送は、「働き方の改善」と題してお送りました。引き続き、ゲストとして株式会社武蔵野 経営サポート事業部 取締役 佐藤義昭さんにご出演頂きました。
アルバイトとして武蔵野さんで働き始めた佐藤さんは、今では取締役に就任され活躍なさっています。いわゆるサクセスストーリーの人ですよね。

しかし、謙虚にそして失敗談も明るく楽しくお話くださるんです。また、このお話が、参考になリます。
一番叱られた思い出も教えてくださいました。
そして、お若いのに役員という重職を目指すこと自体が大変な決意だったのではないかと思って、そのきっかけについて伺ってみました。
それから、就任されてから変わったことはとご質問したら、なんと雇用保険のお話が出てきたり。

収入もグンと上がったのでしょうというちょっと立ち入った興味にも答えてくださいました。いやあ、これはさすがに羨ましいなぁと思いましたよ。でも、以前との落差にもびっくり。
興味深いエピソードいっぱいでした。

まだお聞きでない方は、どうぞオンデマンドをご利用ください。
radiko.p、ポッドキャストでもお聴きいただけます。ライフスタイルに合わせて、どうぞ!

来週は、6
月最初の放送です。
番組お寄せいただいたご質問お悩みを取り上げて、小山さんにアドバイスをいただく「小山昇の経営相談室」をお送りします。お楽しみに!

5/19放送後記

2016.05/23 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、番組進行役の小野慶子です。

今月はゲストに株式会社武蔵野 経営サポート事業部 取締役 佐藤義昭さんをお迎えして、小山さんの会社武蔵野さんの内側をあれこれと伺っています。
今回
は、今月のテーマ「強い企業文化を築く組織力」の2回目「失敗は成功のもと」と題してお送りしました。

佐藤さんは、一言で言うとお若い取締役という印象です。経営陣といえば年配の方々と思うのはステレオタイプ過ぎるかもしれませんが、やはり若々しく爽やかな印象からは実力そのもので早くその地位についた方なのだとお見受けします。
ところが、今回のお題(?)の通り、失敗も経験され、糧にしてきた方なのですね。そのエピソードを伺っています。

辛かったこと、辞めたいと思ったこと、減俸されたことなどその当時は落ち込んだでしょう出来事を、本来なら人に言いたくないことかもしれないのに、カラッと明るい話題のようにお話くださいます。きっと全てをプラスにされたからからこそ、なのでしょうね。
そう、小山さんはいつも、失敗するから成功があるとおっしゃっていますよね。勉強になります。

そして、「きょうの心得」コーナーでは、「失敗」の心得を小山さんからご紹介いただきました。
「失敗が多いほど成功します」ってお言葉にまたまた元気いっぱいいただきました!!

来週も佐藤取締役にご出演いただきます。お楽しみに!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ