番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

1/11放送後記

2018.01/12 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか。番組進行役の小野慶子です。

2018年最初のゲストは、株式会社三井開発 代表取締役 三井隆司さんです。今月3回に渡ってご出演いただきます。
テーマは、「成長と幸せの環境ビジネス」です。三井開発さんは、あらゆる水質の検査、管理をはじめとした、環境のトータルプランニングの会社です。
過去最高の売り上げを記録されていますので、その秘訣をしっかり伺いたいと思います。

武蔵野さんの経営サポート企業でいらっしゃいますので、入会された頃のおはなしを伺いましたところ、小山さんに「お金を返すから帰れ!」と言われたというエピソードをお話しくださいました。
それでもこれまで続けて会員でいらしたのです。
力をいれている研修のことや教育に力を入れている理由などお伺いしました。
やっぱり環境整備からなのですね、、、特に三井開発さんは、社業としても重要な点だとのこと。

また、社内の人間関係をオープンに明るくすることに努めていらっしゃって、様々な工夫をされています。資格取得費用や飲みニケーション費補助など、会社負担だそうです。
それから、お誕生日に社長の声の目覚まし時計のプレゼントがあるとのこと、それを使えば絶対寝坊しないのでしょうね(笑)目覚ましをかけて聞いてみたかったです。
来週も、三井社長にご出演いただきます。
環境関わる会社の環境整備について(チョット語呂合わせのようですが)お伺いする予定です。
お楽しみに。

1/4放送後記

2018.01/05 番組スタッフ 記事URL

明けましておめでとうございます。

すでに仕事始めの方もいらっしゃいますし、今年は長めにお休みを取れて、まだゆっくりしてるよという方もいらっしゃるでしょう。いずれの皆様も良い年末年始をお過ごしになれましたか。
当番組は、新年明けて早々に今年第一回の放送をお送りすることができました。

今年もお聞きくださる皆様のお役に立てるよう、良い情報を真面目に楽しくお送りしていこうと思います。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、今年最初の放送は、月の初めでもあり、「小山昇の経営相談室」編をお送りしました。
皆様からお寄せ頂いたご質問、お悩みに小山さんが直接お答えします。
会社経営されている方、お勤めの方、学生さん、そして主婦の方、どなたでも小山さんからのアドバイスが欲しいと思ったら、番組ホームページのメールフォームを利用してお寄せください。

今回取り上げたご相談は、つぎの通りです。
・地方の司法書士さん(30代男性): 所員9名の事務所で経営計画発表会を開催予定。小さい規模でも金融機関など外部の方を呼ぶべきか。
・会社員(30代男性): ブラック企業でも仕事が楽しい。でも、9年連続赤字決算。自分にできることは。
・会社役員(50代男性): 将来跡を継ぐ息子のために古参社員との軋轢をなくす方法を。
・経営者(40代): 2年で1億5000万円の残業代を削減されたという方法を。
・会社役員(50代男性): 査定でほとんどの社員が60点。もっと差ができる評価法は。
と、なかなか今回もとても具体的なご質問が多かったです。

だからこそ勉強になりました。経営者や幹部は、何か疑問や悩みがあっても、日頃気軽にそうだんできないものですよね。
是非この「経営相談室」をご利用ください。

次回からは、1月のゲストとご一緒にお届けします。
お楽しみに。

12/28放送後記

2017.12/30 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
2017年もあと僅かですね。今年世の中で起こった出来事を振り返る番組を見ながら、部屋を掃除して、ふと自分の今年の出来事を思い出して見たりしました。が、意外と思い出せないものでした(笑)

さて、今年最後の放送は、今月のゲスト株式会社マキノ祭典 代表取締役社長 牧野昌克さんとともに、「葬儀社進化論」をテーマにお送りしました。
牧野社長にご出演いただく3回目のテーマは、「葬儀社のランチェスター戦略」です。
葬儀社のお仕事で、営業という括りはあるのかなと伺ってみました。やはり「営業部」という形でしっかりと部署がありました。営業マンも結構いらっしゃいます。
どのような営業をされているのか、以前との営業のあり方の違いを教えてくださいました。
そして、業況が良くなり、増加する依頼件数、要望の多様化への対応として、今回のテーマであるランチェスター戦略に気づいて、取り組まれているとのこと。
小山さんにランチェスター戦略について解説もいただきました。
実際に取り組むと、やっていないこと知らないことが見えてくるのですね。
マキノ祭典さんの実例を伺っていると、科学的でしかも実践的な方策であることに改めて気づきました。

こういった改善改革も最終的には社員の皆さんの理解協力がなければ実にならないですね。
マキノ社長は、社員と一緒にということも大切にされています。
IT化やランチェスター戦略など科学的な視点と、地域や社員を思う心のいずれも真摯に取り組んでいらっしゃるのだなと勉強になりました。

さて、今年1年も番組をお聞きいただき、ありがとうございました。
来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

12/21放送後記

2017.12/25 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。

今月は、株式会社マキノ祭典 代表取締役社長 牧野昌克さんをゲストにお迎えし、「葬儀社進化論」をテーマにお送りしております。
小山さんがおっしゃる「ハイテク葬儀屋さん」です。
これまでの葬儀社という環境から変身することで高い業績を上げていらっしゃいます。

いつ頃から社業にITを取り入れたか、どのような手段を利用されているか伺いました。
この改善によって、24時間365日対応やお客様からの相談対応が大変効率化されたことなど、具体的な事例をお話しくださいました。
カレンダー通りの休日がとれないお仕事ですので、スタッフさんの配置も難しいでしょうし、急なご依頼のあるお仕事ですからすぐに対応しなければならないですよね。時間のない中たくさんの業者に連絡するのも大変ですし、人的ミスも多くなります。そういった点をIT化でカバー・改善でされた良い例を伺うことができました。
また、マキノ祭典さんは社員の方々との交流も様々な形でなさっています。

イベントがあったりと楽しそうでもあります。
会社をあげて地域のために真面目に仕事をしていらっしゃる印象を持ちました。
これも社長の姿勢から実現することなのでしょうね。

次回も引き続き、牧野社長にご出演頂きます。
どうぞ、お楽しみに!

12/14放送後記

2017.12/20 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
今月もゲストをお招きしてお送りします。株式会社マキノ祭典 代表取締役社長 牧野昌克さんです。地域密着型の経営で顧客満足98%という葬儀関連事業をなさっています。

今月のテーマは、「葬儀社進化論」です。
武蔵野さんの研修にとても積極的に数多く参加されているとお聞きし、1回目は「きっかけは研修会」と題して、入会されたときのことやどのように研修に参加されているかなど伺いました。

マキノ祭典さんは、過去最高売上を達成されています。
そのポイントもこの辺りにあると思いますので、じっくりお話を聞かせていただくことにしました。
とにかくかなりの回数、研修に参加なさっています。どうしてそんなに何回も行くのかと質問してみました。
また、牧野社長は2代目でいらっしゃいまして、社長に就任されたときにあった古参社員との軋轢を乗り越え、今では社員教育に力を入れ、社員の皆さんをとても大切になさっている方です。

従業員との関わり方など日頃実践されていることも教えてくださいました。
業種を超えて、勉強になるお話でした。

次回はそんなマキノ祭典さんのハイテク化について、お届けしようと思っています。
どうぞ、お楽しみに!

12/7放送後記

2017.12/08 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
12月1週目は、いつものように「小山昇の経営相談室」編をお送りします。
皆様からメールなどで、ご質問ご意見をいただいており、ありがとうございます。
今回も、お寄せいただいたご質問、お悩みに小山さんが直接アドバイスをくださいました。

様々なご相談内容があります。その中から今回もできるだけ取り上げて、小山さんからのアドバイスをお届けしました。
- 60代経営者から: パートタイマーさんの評価について、具体的にどう反映させるのか。
- 40代管理職の男性から。: 「ダメ上司にダメ部下をつける」「優秀な人は採用しない」という人事戦略の意図について。
- 40代経営者から: 社内の既婚男性と独身女性に不倫のうわさが。どちらも重要な人材。事実確認できておらず。対処方法について、小山さんのお知恵を。
- 50代管理職の男性から: マインドフルネスのために、朝礼などで1日1回皆で集まる機会を作りたい。しかし、一部社員は、残業増える、フレックス制度崩壊などとして、乗り気でない。朝礼などの効用を知りたい。
- 50代経営者から: 社内結婚の社員の配属は配慮すべきか。また、仲人の心得は。

これらのご質問でしたが、身近に起こりそうなこともあって、ご質問くださった方はもちろんですが私たちも参考になりますよね。しかも小山さんのお答えと切り口にはっとすることしばしです。

ぜひ、ご質問、お悩みがありましたら、お寄せください。
ホームページ右にあるメールフォームをご利用ください。

お楽しみに!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ