水曜「こちカブ」は山田さん~日米ともに月間下落率はリーマン・ショック以来 [今日の放送内容]
2018/12/26(水) 07:30 ディレクター2号 コメント (2)

おはようございます。

水曜「こちカブ」コメンテーターは、カブドットコム証券・マーケットアナリストの山田勉さんです。

世界の中でも足元の日米の株価下落は特に際立っており、NYダウの月間下落率は14.7%と
リーマン・ショック時の14.1%を超え、日本では日経平均が1年8カ月ぶりの水準に沈み、
東証1部の年初来安値銘柄が1601と過去最多になりました。

リーマン・ショック級の事態が生じているのでしょうか?

山田さんへのご質問もお待ちしています!お気軽にどうぞ。
(時間の都合上、全てをご紹介できるとは限りません)

◎「こちカブ」前半(8:00~8:09ごろ)

・前日の海外市場
・足元のマーケットをこう見る
・今日の日経平均予想レンジ

◎「こちカブ」後半(8:09~8:19ごろ)
・日米ともに月間下落率はリーマン・ショック以来

コメント

Re:水曜「こちカブ」は山田さん~日米ともに月間下落率はリーマン・ショック以来
ようやく今回の急落を政府が問題ととらえ始めたようです。10月の段階で対応すればここまではなかったのに残念ですね。

ただ今回の急落の本当の原因は市場が米欧中銀の金融緩和終了、引き締めの本気度を恐れたということに収束されつつある感じです。
ここでFRBが適切な処置をとってくれないと、
原油安による社債危機などで流動性枯渇、金融危機になりますね。個人投資家の損は非常に大きく、本当にがっかりです。
2018/12/26 08:09 : メッシー
パスワード
Re:水曜「こちカブ」は山田さん~日米ともに月間下落率はリーマン・ショック以来
山(敬称略)、今年もありがとうございました。よいお年をお迎えください。
2018/12/26 08:19 : ともぴー
パスワード

コメントする