2017.3.5(日)「ネットでNISAフォーラム in Tokyo」@ベルサール渋谷ファースト ミニレポート [こちカブNEWS]

2017.03/08 番組スタッフH 記事URL コメント (0)

SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券のインターネット証券4社による投資信託の販売プロジェクト「資産倍増プロジェクト」の活動の一環として、東京でのイベントは今回で6回目を迎える「ネットでNISAフォーラム in Tokyo」が開催されました。
今年度は、フォーラムのテーマを「NISA」のみならず「FinTech(フィンテック)」「人工知能(AI)投資」また「若者の資産形成」などに拡大。

開会挨拶では主催のインターネット証券4社社長(マネックス証券・松本大氏、楽天証券・楠雄治氏、カブドットコム証券・齋藤正勝氏、SBI証券・髙村正人氏)が登壇。毎年恒例の準備運動や掛け声、さらにはNISAを人文字で行うなど4社社長のユーモアたっぷりのご挨拶でした!


(左から)マネックス証券・松本氏、楽天証券・楠氏、SBI証券・髙村氏、カブドットコム証券・齋藤氏

4社社長による共同記者会見も行われました。トランプ政権後の動きも交え、今回のサブテーマになっている、「若者の資産形成」についても、
「FinTech(フィンテック)」や「人工知能(AI)投資」が進むにつれ、金融に関わりの薄い方たちもスマホを活用し、関わってくるのではないか等の見解も出されました。



ゲスト講演では「トランプの米国でどうなる世界経済、日本経済」と題して経済ジャーナリストの財部誠一氏が登壇されました。


モデレータ:
・谷本 有香氏(フォーブスジャパン副編集長 兼 WEB編集長)
パネリスト:
・代田 英雄氏(三菱UFJ国際投信株式会社 取締役)
・島本 幸治氏(ソシエテ・ジェネラル証券株式会社 取締役副社長)
・千葉 直史氏(日興アセットマネジメント株式会社 商品開発部 シニアマネージャー)

午後行われたパネルディスカッション「徹底討論!フィンテック、AIが切り開く新たな未来」では、フィンテックをどう定義するのかは難しいというところから始まり、AIに関しても金融機関や、個人投資家とどう関わっていくか、何ができて、何が変わるか、日本や海外の現在の状況など各々が具体例を挙げて解説され、初心者にもわかりやすいディスカッションとなりました。

メインステージの外には展示ブースが出展されており、活気に満ち溢れるイベントとなっていました。
「kabu.com Fintech-Labカンファレンス」(2016.3.18)レポート part2 [こちカブNEWS]

2016.03/31 ディレクター1号 記事URL コメント (0)

先日の記事でもご紹介した、カブドットコム証券の「kabu.com Fintech-Labカンファレンス」

当日は、木曜「こちカブ」レギュラーの藤井明代さんが、パネルディスカッション「銀行APIの最新動向」のモデレーターを務めました。
イベント終了後、司会のきっしーと一緒にツーショット。


























この日のために、フィンテックについて猛勉強してきた藤井さん。
大役を無事に果たし、ほっとした笑顔が零れます。
藤井さん着用のポロシャツは、カブドットコム証券のスタッフ一同お揃いのものです☆
「kabu.com Fintech-Labカンファレンス」(2016.3.18)レポート [こちカブNEWS]

2016.03/19 番組スタッフH 記事URL コメント (0)

2016年1月にフィンテック(金融のIT化)領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして「kabu.com Fintech-Lab」を設立したカブドットコム証券は、同ラボ設立を記念して「kabu.com Fintech-Labカンファレンス」と題したキックオフイベントを3月18日(金)にパレスホテル東京で開催しました。(司会:ラジオNIKKEI岸田恵美子)
カブドットコム証券 齋藤正勝社長の挨拶で開幕し、続いて柏木英一氏(三菱UFJフィナンシャル・グループ デジタルイノベーション推進部長)による基調講演「MUFGグループのフィンテックの取組み」、パネルディスカッション「銀行APIの最新動向」で前半の第1部終了。
<パネリスト>
・藤井達人氏(三菱東京UFJ銀行デジタルイノベーション推進室)
・榊原一弥氏(じぶん銀行 役員補佐 兼 商品開発部長)
・藤井明代氏(カブドットコム証券 投資アナリスト)


第2部が始まるまでの約30分間は第2会場の出展ブースが賑わいを見せた。
<出展社>
・株式会社アイリッジ
・株式会社インタートレード
・オートマチックトレード株式会社
・株式会社K-ZONE
・株式会社Sound-F
・Tableau Japan株式会社
・トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社
・トレードマスターラボ
・株式会社みんかぶ
・モーニングスター株式会社
・株式会社ユニットコム


後半・第2部は「kabu.com APIについて」と題してより具体的なプレゼンテーション。株式会社ゲイターズ代表取締役 市川武史氏、オートマチックトレード株式会社代表取締役 松村博史氏からそれぞれ自社サービスの紹介をしながらkabu.com APIの成功例を解説しました。
プレゼンやパネルディスカッション等のステージを聴講するだけではなかなか細かい部分まで理解しづらいところを、出展ブースエリアで個々のスタッフと直接会話することで補足でき、ステージとブースの2本立てが効果的に機能していました。ラジオNIKKEIは今後もフィンテック関連情報をフォローしていく予定です。

*閉会の挨拶で齋藤社長から仮想化環境に関連してBIGなプランが語られました
ポッドキャスト配信中!『こちカブ』オンステージin名証IRエキスポ2015~盛況でした! [こちカブNEWS]

2015.07/28 番組スタッフH 記事URL コメント (0)

7月25日(土)、梅雨が明けて酷暑日が続く7月最終週末、名古屋・吹上ホールで『こちカブ』の特別版公開録音セミナーが催されました。このセミナーは毎年この時期に2日間に亘って開催される「名証IRエキスポ」内のセミナーとして、事前申込制により340名の個人投資家が来場・受講されました。


13時開演、冒頭岸田キャスターのあいさつとともに元気よくスタート。今回は(向かって左側から)岸田/鎌田/藤井|今野/田中/臼田(敬称略)の6人がパネリストとして登壇。


NISA、ETF、kabuステーションの話題を途中織り交ぜつつも、この日は個別銘柄トークが中心。普段の『こちカブ』番組内ではまず聴くことができない岸田キャスターの注目銘柄解説などを含むこの日のパネルディスカッションの模様は、ポッドキャスト/オンデマンドで配信中。
オンデマンド配信中
お聴き逃しなく!(ポッドキャストはページ右側のRSSを登録)

ステージ終了後に記念撮影。後列L→R:今野/鎌田/田中/臼田、前列:岸田/藤井(敬称略)

3月21日「ネットで投信フォーラム in Tokyo」@両国国技館 [こちカブNEWS]

2014.03/21 番組スタッフH 記事URL コメント (0)


今日3月21日(金・祝)、両国国技館で開催された「ネットで投信フォーラム in Tokyo」を取材してきました。
オープニングにカブドットコム証券・齋藤正勝社長はじめネット証券大手4社の社長が開会のご挨拶。午後のステージではネット証券大手4社のパネリストによるパネルディスカッション「NISA元年!どうなる資産運用!!」が行われ、カブドットコム証券から河合達憲さんがご登壇、モデレータは岸田恵美子記者が務めました。出展ブースでは臼田琢美さん、田中空見子さん他カブドットコム証券スタッフのみなさんが来場者をサポート。
イベント全体のレポートは「マーケットプレス」のレポートページをご参照ください。
3/20(水・祝)「ネットで投信フォーラム in Tokyo」@国技館 ミニレポート [こちカブNEWS]

2013.03/20 番組スタッフH 記事URL コメント (0)

春分の日の今日、東京・両国国技館で「ネットで投信フォーラム in Tokyo」が開催されました。
このイベントは、現在東証の株式売買シェアの約75%を占めるネット証券大手4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)が「お客様の資産倍増を目指す」という共通目標のもとに設立した「資産倍増プロジェクト」が主催する"ネットで投資信託を買う"ことを普及・啓蒙する個人投資家向けイベントです。


4社の社長が開会の挨拶で気合注入

午前10時の開演でまずステージに立ったのは4社の社長(左からマネックス証券・松本大氏/楽天証券・楠雄治氏/SBI証券・高村正人氏/カブドットコム証券・齋藤正勝氏)。写真の通り、マーケットの活況を反映してか1年前の同会場でのイベント時に比べてテンションは高め、そして来場者のみなさんも同様に明るい表情の方が目立ちました。
ステージ上では続いて本編に移行、伊藤元重氏の講演「日本経済再生への道」を皮切りに講演/プレゼンテーションが展開されました。
一方で開会の挨拶を終えた4社・社長による共同記者会見も別室で行われました。



会見ではプロジェクトの名称でもある「資産倍増」がいつ実現できるのか?について、各社長から強気のコメントが聞けました。プロジェクト発足後、最も好パフォーマンスをあげているファンドで1.5倍になっているとのことですが、「倍増は年内にも」との声も。また、現在投信を保有している人の資産が倍増になる、というよりも裾野を広げることによる倍増、具体的にはまだ銀行預金のみにとどまっている層を取り込みたい、そのためには投資教育も必要、とも。
それから今回目立ったキーワードとして「日本版ISA(少額投資非課税制度)」が挙げられます。2014年1月から導入予定のこの新制度に対し、各社とも大きな可能性を感じており、既に対応したサービスの準備もなされているようでした。
この4社プロジェクトとして政府・日銀に対しては、引き続き「規制緩和と優遇税制」を求めていき、その姿勢は、よく使われる「要望」ではなく「提案」である、とのことでした。



「こちカブ」木曜担当の臼田琢美さん

さて午後のステージは、この日の目玉の1つであるパネルディスカッション「激論!投資信託 春場所」で幕を開けました。植村佳延氏(SBI証券)/臼田琢美氏(カブドットコム証券)/広木隆氏(マネックス証券)/山崎元氏(楽天証券経済研究所)の論客がわずか50分という制限時間のなかで激論を繰り広げる、当イベントの恒例コーナー。「今年末の日経平均はどのくらいに?」という話を導入に(各パネリストの予想は1万6000円<植村氏>/1万8000円<臼田氏>/1万5500円<広木氏>/1万4000円<山崎氏>)投資信託における今後の注目ポイントなどが議論されました。前回ほどヒートアップしなかったか?!


「こちカブ」月曜担当の田中空見子さんも!

ステージ以外にも、このイベントの楽しみどころは満載。1Fホワイエにネット証券4社が、B1Fスペースには運用各社の出展ブースが設けられ、商品説明、アンケート、グッズの配布など来場者でごった返していました。来場者数が昨年比2~3割増しだったこともあり、各社とも準備していたノベルティ等が早々になくなってしまうといった盛況ぶりでした。
またミニセミナーも随時行われていて、各回とも満員御礼で関心の高さがうかがえました。



ステージは竹中平蔵さんの講演「これからの経済・景気の見通し」がトリで、満員大盛況のうちにイベントは幕を閉じました。
イベント全体では昨年の来場者数が3,200名だったのに対し今回は5,000名近くに達したもようです。今後もこの「ネットで投信フォーラム」は定期的に開催される予定ですので、今回見逃してしまった方は、ぜひ次回参加されることをオススメします。


朝から生きっしー♡ラジオNIKKEI「こちカブ」生放送の模様を生放送する実験 [こちカブNEWS]

2012.08/30 ディレクター2号 記事URL コメント (0)

今朝は、臼田さんのニコ生放送で、「こちカブ」生放送中のスタジオの様子を実験的に
中継します。

入り口はこちらです!
る~さ~!'s BAR
(金融経済マーケットをニコ生で一番わかりやすく語ろう会)

※放送は終了しました。


iPhoneアプリ限定だった「こちカブ写真館」をPCユーザーにも公開! [こちカブNEWS]

2012.03/26 匿名営業係長ひとし 記事URL コメント (1)

2011年にリリースしたiPhoneアプリ「こちカブ」のシークレット・コンテンツ(?)だった「こちカブ写真館」をPCユーザーにも公開しちゃいます!

↓click!↓


「こちカブ写真館」は不定期更新。
臼田さんやディレクター1号が撮影したきっしーの写真を気まぐれにUPしています。最新UP分のきっしー写真は、臼田さんのお気に入りニコンのデジカメで撮影したものです。
では楽しんでください~)^^(


東証IRフェスタ2012~カブドットコム証券が出展 [こちカブNEWS]

2012.03/09 匿名営業係長ひとし 記事URL コメント (0)

3/9(金)~10(土)の2日間、東京国際フォーラムで【東証IRフェスタ2012】が開催されています。
この個人投資家イベントにカブドットコム証券が出展しています。お時間ある方はぜひ!入場無料です(^_^)/


12月12日(月)から番組内容が少し変わります! [こちカブNEWS]

2011.12/09 ディレクター2号 記事URL コメント (0)

いつも「こちカブ」をお聴き下さり、ありがとうございます。

さて、12月12日(月)から
ラジオNIKKEI第1とradikoの放送時間が8:20分までに拡大 します!


これまでは8:10~8:20の「延長戦」を、ラジオNIKKEIのインターネットラジオのみで放送していましたが、どの媒体でも8:20まで聴けるようになります。

それに伴い、番組の構成も少し変わり、前半で最新の海外動向や当日の予想を、
後半で日々の話題を掘り下げてお送りする予定です。

これからも「こちカブ」をどうぞよろしくお願いします!


全27件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]