【飯村美樹のレッスンノート】Lesson36『実践編 上手な指値のコツ』(2018.11.07) [飯村ノート]
2018/11/09(金) 01:09 番組スタッフ

11月に入りましたね。クリスマスソングが流れ出して戸惑うばかりです。

どうにかプラス収支にこぎつけて、ポラロイドカメラか肩こり用のマッサージ機を自分にプレゼントするのが目標です!

そのためにもしっかり復習です!

 

*******************************************

☆はじめてのかぶしき第36回復習☆

今日のテーマ

「実践編 上手な指値のコツ」

 

◯リスナーさんからの質問

ラジオネーム 松本市のかとちゃんさん

 『株は安く買って高く売る、が基本だと思うのですが、

藤本先生の著書"週55分で毎週5万円儲ける株"のp38にある

「セコイ指値は厳禁!」これは一体なぜなのか解説をお願いします』

 

藤本先生のお言葉

「初心者が狙うべきは...、高く買って、より高く売る!」

 

 ◯セコイ指値、セコ指値とは

買おうとしている銘柄の現在の株価より、低いところで指値注文を出すこと

 
◯セコ指値のデメリット

・約定しない可能性がある

・上がると思って買う株なのに下で買おうとするのは危ない

  →下落トレンドで買ってしまう危険がある(しかも下落トレンドのスタート位置)

・安く買えた安心感から、下がり続けても手放せない傾向がある

  →高く買っている場合は警戒心もあり損切りしやすい

・安く変えた銘柄には安く買えるだけの要素がある

 

◯セコ指値が向いている投資家さんは...「資金潤沢で経験の深い方」

・資金のある方は安いところで買って、上がるまで気長に待つことができる

・経験の深い方はどこが安値であるかの判断に長けている

 

◯上手な指値のコツ

・現在値より少し高い指値を設定する

・成行買い注文はその銘柄のストップ高までの資金が口座にないと買えない

・スウィングトレードの場合は土日に注文を出しておいてしまう

(前営業日終値の1%~2%増しで買い指値)

・売り指値の場合はなるべく欲をかかずに下の方で指値売り注文を出す

(※売りの場合は成行もいいかもしれません、とのこと)

 

買おう!売ろう!というその瞬間に

確実性をもって行うことが大切!

 *******************************************

☆今週のミニコーナー☆

「相場展開を考える」

 

大切なのは、予想をするトレーニング!

銘柄を選ぶ際にも、自分の相場見通しを持つことが大切!

私の予想(?)と藤本先生の予想はぜひオンデマンドで♪

 

 

*******************************************

松本市のかとちゃんさん、ご質問ありがとうございました~!

私も安く買えるなら安く買えたほうがいいに決まってる、と思っていたのですが

安く買えることよりも、より高く売れることのほうが大切なんですね。

藤本先生の投資ルールは、人の心の動きに沿ったものが多くてとても面白いです。

藤本さんの教えてくれた失敗あるあるを踏襲しないように気をつけます、、

コメント