【 飯村美樹のレッスンノート 】 Lesson8「株式市場ってどうやって取引しているの?」(2020.7.1) [飯村ノート]
2020/07/01(水) 18:15 番組スタッフH

今週はなんだか色々な情報が濁流のように押し寄せてきました!

知れば知るほどに知らないことが増えていく毎日で本当に楽しいです。

今日はぜひぜひ「板」を見ながら聞いてくださいね!

**************************************

はじめてのかぶしき第8回復習

今日のテーマ「株式市場ってどうやって取引しているの?」

**************************************

買い注文と売り注文がマッチングすることで取引が成立する

(取引成立=約定/やくじょう)

 

マッチングにおけるふたつの原則

 価格優先の原則

・指値注文よりも成行注文が優先

 (※指値注文=値段を指定した売買 ※成行注文=値段を問わず売買)

・買い指値注文は高い値段が優先

・売り指値注文は安い値段が優先

時間優先の原則

・先に受け付けられた注文が優先

・取引時間外に溜まった注文は取引開始後に一斉スタート/同時受付という扱い

 =時間優先の原則は適用外

 

「板寄せ方式」とは

・取引時間外に成行注文や指値注文が溜まっている場合、全ての発注は同時受付となるので、

「価格優先の原則」に従って発注を約定していく

 

◯板寄せ方式の流れは...

→全ての成行注文を約定させる

→成行注文の約定値段より高い買い注文と約定値段より安い売り注文を約定させる

→出来うる全てを約定するとようやく「始値/はじめね」がつく

 
これらの原則に則ってマッチングした最新の値段が「株価」となる。

   

**************************************

今週のミニコーナー

「用語解説:決算」

藤本先生のお言葉「決算書を読もう!」

 

上場企業は必ず"決算書"を発表しなければならない

・決算書には業績や来季予想などの情報が書かれている

・「45日ルール」に則り、決算後45日以内に発表

・3月決算企業が多いことから、5月中頃までに多くの企業が決算発表を行う

 

**************************************

 

取引時間中に実際に板を見てみると、ぴこぴこ光ってどんどん取引成立していきますね。

打ち合わせ中、藤本先生が

「人ってやっぱり、"気持ちちょっと高い指値で売り注文"して、"気持ちちょっと安い指値で買い注文"出しちゃうんだよね〜」

なんてお話をされていました。

もう少しお勉強が進んでくるとこのあたりの「株取引の極意」みたいなことも教えてもらえそうですね!

まずは言葉に慣れていけるようにがんばります。

飯村美樹


*オリジナル放送日:2018年4月25日

コメント