女優投資家・陽和ななみが、CFDトレードにチャレンジ!【第12回・GMOクリックCFDにチャレンジした3か月のまとめ】 [今注目のCFDをトコトン大解剖!]
2021/03/26(金) 13:13


皆さまこんにちは、陽和ななみです!
昨年12月から約3ヶ月間お届けしてきましたトレード日誌、今回が最終回となります。
ここまで読んでくださった皆さま本当にありがとうございました!

この3ヶ月間で、CFD取引に対して持っていた難しそうというイメージを完全に払拭する事ができました。

CFDは日本語に直訳すると「差金決済取引」となりますが、この言葉が余計に難しくさせると言いますか、具体的なイメージを持つ事ができませんでした。
3ヶ月間実際にCFD取引に触れてみて、全く難しいことはなく私のような初心者でもきちんと勉強すればとても使いやすいものだと分かりました!

現物株の取引では、1,000円の株を100株買おうとすると1,000円×100株で10万円のお金を使う事になります。
その株が仮に1,500円まで上昇したところで利益確定した時には、5万円の利益となります。

CFD取引の場合にはこの最初の「購入費用」というものが要らず、例えば日経平均が29,000円の時に買い30,000円の時に利益確定したら差額の1,000円分(実際には割いて取引単位で1万円)[o1] が利益になるよという仕組みでした。
最初の購入費用が入らない代わりに、証拠金という担保のお金を入れておく必要があります。
購入価格と決済価格の差額、つまり差金で計算するので、「差金決済取引」という訳です!
実際にトレードする中でこの仕組みがすごくよく分かるようになりました!


さて、今回は最終回という事で今持っているポジションも新たに持ったポジションも全て一旦決済をしました!
そのトレード結果を見ていきます。
まずは2月はじめから買いポジションを持っていた原油です。かなり大きく上昇しました!


(※スマホアプリ画面)

トレード結果
54.18→64.91  +1,073pips


1,000pipsを超える大きな利益を取る事ができました!!
3段の上昇を終え4段目に突入してきていますね。かなりの大相場です。これから先は調整が入った場合大きな動きになりそうなので注意していきたいですね。

続いて、新たに持ったポジションです。2つありますがどちらも売りポジションです。
まずは日本225(日経225)


(※スマホアプリ画面)

連続した陰線で第2ステージに突入してきたところで売りを作っていました。

トレード結果
29,662→29,128  +534pips


まだ短期移動平均線は帯の中にあります。これから下降トレンドが始まっていくか上昇トレンドに戻るか、帯の中で揉み合うか、方向性が決まるのはもう少し先になりそうです。
最後は米国NQ100 (ナスダック)


(※スマホアプリ画面)

現在第4ステージをつけています。

トレード結果
12,993→12,579  +414pips


リアルトレード開始からの全トレード結果をまとめてみました!

結果は、

3勝4敗
+1,158.9pips

勝率42.8%
リスクリワード比率3.12

となりました!

前半は損切りが続いていたので不安になりましたが、トータルプラスを出せて良かったです。
勝率は50%を切っていて低めですが、損失は抑えて利益は伸ばすという事を意識できたのでリスクリワード比率は良かったです!!
特に原油の上昇トレンドをしっかり取れたのが大きかったですね。

今回は日足をベースにした取引を行ってみました。普段は女優投資家としての仕事をしながらのトレードでしたが、スマートフォンアプリやパソコンを活用して日々の仕事と両立できました。
日々のチャートチェックや出先でのトレードはスマートフォンから行い、長期トレンドを俯瞰して見たい時や細かく線を引いて分析したい時はパソコンを使っていました!

パソコンではプラチナチャートの画面を4つチャートにして分析するのがお気に入りです。
それぞれのチャートの表示期間を統一すると見やすかったです。


(※PC画面)

【今回の学び】
損切りが続いて焦っても、トレンドをしっかり掴めればトータルプラスを出す事ができる!

【全体を通しての学び】
CFDは難しい、危ないかもしれないというイメージは間違っていました!
正しく使えばとても良い投資商品だと分かりました。
ただ、レバレッジがかかるので取引する銘柄に対してどれくらいの証拠金を入れれば良いのか、資金管理がとても大事だと感じました!

 
私のようにCFDに対して苦手意識や難しいイメージを持たれている方が前向きな気持ちを持てたり何か追い風になったりするようなトレード日誌がお届けできていたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!
またどこかでお会い致しましょう!


陽和ななみ


ななみんもチャレンジしているCFDは世界中の様々な株、商品、指数に投資ができます!気になる方はこちらをクリック!

女優投資家・陽和ななみが、CFDトレードにチャレンジ!【第11回・相場の変化もGMOクリックCFDですぐにチェック!】 [今注目のCFDをトコトン大解剖!]
2021/03/23(火) 16:50


2月末、アメリカをはじめ日本も世界も株式市場が急落しました。
週末を挟みひとまず価格は上昇方向に切り替えしてきましたが、まだまだ不安定な状況が続きそうですね。

改めまして皆さまこんにちは!女優/投資家の陽和ななみです!
まずは前回フィボナッチリトレースメントを表示して分析していた米国NQ100(ナスダック)から見てみましょう。
前回、意識されやすい押し目の位置として38.2%押しの12,800ドルあたりと書いていたのですが、見事にその価格帯で抵抗を受けました。

 

(※スマホアプリ画面)
表示している期間内でも何回も抵抗を受けている所を見ると、フィボナッチが強く意識されていることが分かりますね。
短期移動平均線が帯を下抜け第3ステージになってしまいましたので、損切りです。

トレード結果
-559.8pips


続いて、大きく上昇してきた原油チャートを見てみましょう。今回の下げに影響されて3本連続して陰線をつけています。


(※スマホアプリ画面)

顕著に上昇してきた昨年11月から見ると現在「3段目の上昇」です。トレンドの基本は3段上げ・3段下げと言われますので、この辺りで一度利益確定することも考えています。
続いて注目するのは金スポットのチャート。
一般的に金は「有事の金買い」と言われ、紛争や災害、情勢不安など有事の際に買われやすい商品ですよね。世界の株式が下落した今、金の動きも非常に気になります!
チャートを見てみると前回の安値を更新して綺麗に下がっています!


(※スマホアプリ画面)

金の売りポジションは以前一時的な戻しで損切りしてしまいましたが、下降トレンドいう見立てはあっていたので悔しいですね。
「有事の金買い」が起こっていないと安心材料として見ることもできますが、昨年のコロナショック時のように株式も金も揃って下落する現象が繰り返されている不安材料として見ることもできるので、判断が非常に難しいです。