8月28日の「アサザイ 今日の1社」は星野リゾート・リート投資法人(3287・東証)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2019/08/28(水) 16:50

 8月28日の「アサザイ 今日の1社」は星野リゾート・リート投資法人(3287・東証)を放送しました。

 今回も株式会社星野リゾート・アセットマネジメント 代表取締役社長 秋本 憲二様にお越しいただき、同リートのコンセプト、そしてミッションについて詳しくお話を伺いました。


~景観美を生かした観光立国を目指す~
 日本で初めて「観光立国」を提唱した人物は、松下幸之助さんです。
 1954年に、松下幸之助さんは、「観光立国という政策は、金儲けのためだけでなく、日本の景観美を他に与えるという博愛の精神から、さらには国土の平和のためにという崇高な理念からも推進すべきだ。」と説いています。

 そして、「日本の景観美を生かした観光立国こそ日本の進むべき道である」とするとともに、「観光立国を目指すことによって、国はより豊かに平和に美しくなり、諸外国からも高く評価されるような立派な国になる」と主張しました。

 同リートは『ニッポンの観光産業の成長の果実を享受できる仕組みを作る』という理念を掲げています。
 それは、65年前に「観光立国」を提唱した松下幸之助さんが驚嘆するような観光先進国を作り上げていくことに少しでも貢献したいという想いが込められています。

 それでは同リートの代表物件をご紹介します。ぜひご覧ください。


▼星のや軽井沢









 「星のや軽井沢」は軽井沢野鳥の森の谷あいに建ち、川のせせらぎに包まれた離れ家をイメージした分棟型の宿泊施設で、建物の配置や向き、屋根のかけ架け方、外壁の色など、バリエーションが豊かで建物に個性があります。星のやの敷地内には客室以外にメインダイニング、宴会場、メディテーションバス(温泉)、スパなどが備えられています。


▼リゾナーレ八ヶ岳










 本物件は山梨県小淵沢エリアに属しています。広大な敷地には、大型屋内造形プール「il mare」、レストラン「OTTO SETTE」、カフェ「ブックス&カフェ」、ガーデンチャペル「ZONA」、露天温浴施設「もくもく湯」等の施設が充実している他、ピーマン通りには個性豊かなショップが並んでおり、多彩なアクティビティが提案されています。施設は南北(南東-北西)に長く、地形を活かした配棟により石畳の回廊(ピーマン通り)が設置される等、動線や視線も考慮した空間創出がなされている他、恵まれた景観を損なわないように配慮されています。


▼界 鬼怒川









 本物件は鬼怒川の渓流に面して森に囲まれた静寂な環境に立地した高級温泉旅館です。客室のテラスには栃木県のみで採掘される大谷石が敷き詰められており、露天風呂付の客室もあります。大浴場の露天風呂は桜並木を望み、桜の季節には花見湯も楽しむことができます。


▼OMO7 旭川








 
 北海道旭川市は、日本最北の中核市であり北海道のほぼ中央に位置し、上川盆地の中心にあります。観光では、行動展示で全国的に注目を集める旭川市旭山動物園が有名であり、その他自然公園やキャンプ場、スキー場が多数みられます。またイベントなども多く観光需要の呼び水になるものもあります。本物件は、その街だけの楽しさや美味しさを施設側の目線で紹介したり、旅心をくすぐる仕掛けを用意することで、従来のビジネスホテル、高級ホテル、民泊等とは違う「街を楽しむという視点」から、新しい宿泊体験を提供する都市観光のためのホテルです。


~真の観光立国リートに向けての取組み~
 現在、訪日外国人旅行者数は過去6年連続で最高値を更新しており、2018年は3,119万人と初めて年間3,000万人の大台に乗りました。
 この訪日外国人旅行者数の増加は、アジア諸国の人口増加と経済成長によるものですので、決して一過性のものではありません。日本の自然や景観美、そして目的地としての日本の人気の高さ、観光立国の実現を目指して政府が打ち出す施策などを背景に、今後も着実に伸びていくものと考えられます。

 一方で、観光が普及すると、同時に環境や文化の破壊や、旅行者のモラルによる観光地の疲弊など"観光公害"と言われる様々な問題も発生します。つまり、観光地における環境の悪化や文化の侵害、過度な商業化を避けながら、観光地本来の魅力を伝えることが重要であり、地域の環境や自然、文化を切り売りするのではなく、それらを守りながら、地域の雇用や収入を生み出す事が必要になります。

 その為には、地域や地域住民との共存共栄の精神が重要であり、地域の魅力が発信でき、かつ、地域の雇用を促進できるポテンシャルを持つホテル・旅館への投資を進めてゆく。そして、その地域ならではの魅力を発信し続け集客を増やし、ホテルを中心とした街全体をリゾートと捉えその地域の観光を楽しむための施設として運営し、地域と共存共栄できる活動を推進してゆく事が大切であると同リートは考えています。

 そして、観光産業を成熟させ、観光がサステナブルに発展していくことに貢献してゆく、このような取り組みにより、「真の観光立国リート」になることが同リートの目標です。

 真の観光立国リートを目指すための取り組み、引き続きアサザイも注目してゆきたいと思います。

~Podcast配信のお知らせ~
本日の放送はPodcast配信にて早速アップされております。是非お聞きください。
いつも聴く!ポッドキャスト

 

~ロングインタビュー配信のお知らせ~
また、今回はロングインタビューも配信しております。
当リートを支えるスポンサーである星野リゾートの3つのソフト力について詳しく説明頂いています。中々聞けないお話しですので是非お聴きください!
いつも聴く!ポッドキャスト


株式会社星野リゾート・アセットマネジメント 代表取締役社長 秋本 憲二さまと
















(ウェブサイト)
星野リゾート・リート投資法人 ウェブサイト




8月28日の「アサザイ 今日の1社」は星野リゾート・リート投資法人(3287)を放送します。
2019/08/27(火) 09:53

 8月28日の「アサザイ 今日の1社」は星野リゾート・リート投資法人(3287・東証)を放送します。

 同社は、星野リゾートをスポンサーとして「ニッポンの観光産業の分野においてその成長の果実を享受できる仕組みを作る」をコンセプトに、星野リゾートグループの運営する主要ブランド物件に投資する、ホテル特化型J-REITです。

 第12期では、2019年3月29日に借入れにより、「界 アルプス」、「ホテルニラカナイ西表島」及び「ホテル日航高知旭ロイヤル」を取得し、取得価格は1,556億円に達しました。
 財務戦略も、35%を下回るLTV等、運用の安定性と物件取得の機動性の両立を目指した堅実に進めており、JCRからは「A-」という格付を取得しています。

 同社は、今回3回目のアサザイご出演となります。
 今回も株式会社星野リゾート・アセットマネジメント 代表取締役社長 秋本 憲二様にお越しいただき、同リートのコンセプト、そしてミッションについて詳しくお話を伺いました。

 どうぞお楽しみに!

星野リゾート・リート投資法人 ウェブサイト

8月21日の「アサザイ 今日の1社」は東京応化工業(4186)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2019/08/21(水) 12:18

 8月21日の「アサザイ 今日の1社」は東京応化工業(4186・東証1部)を放送しました。

 同社は半導体等の微細加工には欠かせない高機能化学薬品"フォトレジスト"の製造・販売を主軸としている化学メーカーです。
 1960年代に他社に先駆けてフォトレジストの国産化に成功して以来、エレクトロ製品や携帯電話、PCなどの発展に化学薬品メーカーとして貢献してきました。

 半導体を巡る市場は、米中貿易摩擦の影響もあり、足元では不透明な状態が続いているものの、「5G」や「IoT」など、新たな技術を起爆剤としたビジネスの成長が期待されます。
 創業80周年を迎える2020年に向け、「高付加価値製品による感動(満足できる性能・コスト・品質)を通じて、世界で信頼される企業グループを目指す」という経営ビジョンを掲げ、更なるモノづくりの高みを目指しています。

 今回は、代表取締役 取締役社長 種市 順昭様にお越し頂き、その成長戦略について詳しくお話を頂きました。放送の内容はPodcast配信にて早速アップされております、是非お聴きください。

 それでは来週もお楽しみに!

(関連ウェブ)
東京応化工業 IRサイト
いつも聴く!ポッドキャスト

代表取締役 取締役社長 種市 順昭さまと

8月21日の「アサザイ 今日の1社」は東京応化工業(4186)を放送します。
2019/08/20(火) 15:00

 8月21日の「アサザイ 今日の1社」は東京応化工業(4186・東証1部)を放送します。

 同社は、世界市場でトップクラスを誇る「半導体用フォトレジスト事業」を基盤に、半導体やディスプレイの製造に関わる化学薬品や製造装置の開発・提供をするなど、エレクトロニクス業界発展の一翼を担っています。

 フォトレジストとは、紫外線を当てるとその性質が変化する、半導体の生産に欠かせない材料のひとつです。創業より80年間培ってきた技術を活かし、g線用フォトレジストから最先端のEUV用フォトレジストまで、幅広い材料を提供しています

 今回は、代表取締役 取締役社長 種市 順昭様にお越し頂き、沿革と事業内容、市場動向と成長戦略、株主還元等について詳しくお話を伺いました。

 どうぞお楽しみに!

(関連ウェブ)
東京応化工業 ウェブサイト

8月14日の「アサザイ 今日の1社」はイーソル(4420)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2019/08/14(水) 14:19

 8月14日の「アサザイ 今日の1社」はイーソル(4420・東証マザーズ)を放送しました。

 今回は、代表取締役社長の長谷川 勝敏 様にお越し頂き、事業内容、強み、成長戦略等について詳しくお話を伺いました。

 同社は、40年にわたり"組込みソフトウェア開発"を専門に事業を展開してきました。現在は、自動車に搭載される制御システムを主力に、ロボット・FA機器・航空宇宙・コンシュマー製品など幅広い領域を手掛けています。

 皆様の身近なところではNintendo Switch、宇宙分野では金星探査機「あかつき」に、イーソルの技術が採用されました。創業から築き上げてきたビッグカンパニーとのパートナーシップや豊富な経験を強みに、IoT時代をリードしてゆくための取り組みを続けています。

 井上哲男より取材後記が届いています。ぜひご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------------
取材後記
イーソル(4420)(東証マザーズ)
ラジオNIKKEIスタジオで取材・収録
お相手は、代表取締役社長の長谷川勝敏(はせがわ かつとし)様

『「CASE」で発揮されるOSを開発した高い技術力』

▼組込みソフトウエアでメーカーから幅広い支持をうける
 昨年10月に上場されたが、前身会社の創業は1975年。今年、創業から44年を迎える。
 現在の自動車業界を巡るキーワード『CASE』が市場で話題となる際に同社の名前が挙がるが、それは同社が自動車(輸送用機器)向けの「組込みソフトウエア」の開発で知られているからである。

 事業セグメントは、その「組込みソフトウエア事業」と「センシングソリューション事業」。

 「組込みソフトウエア」とは、パソコンやサーバー、スーパーコンピュータなどの"いわゆるコンピュータ"を除いた、自動車など身の回りのさまざまな機器に搭載され、その電子機器を制御するためのソフトウエアのこと。あらゆる機器の電子化が進む昨今、その市場規模は拡大しており、その範囲も、自動車のみならず、産業機器、航空宇宙、医療機器、音響機器、カメラなど、幅広い機器に用いられているが、同社の最大の特長は、「独自でOS(プラットフォーム)を開発していること」であり、国内だけでなく、海外を含めても非常に稀な存在であると言える。そのため、「OS+ソフトウエア」が、自動車、産業機器、コンシューマ機器など国内外を問わず多くのメーカーに支持されているのだ。

 具体的な「組込みソフトウエア事業」の内容を記すと、「RTOS(リアルタイム・オペレーティング・システム)の開発・販売」、「組込みソフトウエアの受託業務としてのエンジニアリングサービス」、「組込みソフトウエア開発にかかわるコンサルテーション」、「組込みソフトウエア開発のためのツールの販売」、「組込みソフトウエア開発エンジニアの教育」などである。

 また、もう1つの「センシングソリューション事業」は、主に物流関連ビジネス向けに、「指定伝票発行用車載プリンタ」や「常温ハンディターミナル」、「耐環境ハンディターミナル」など、同社のプログラミング力を応用したハードウエアの製品企画・製造指導・販売を行っている"メーカーとしての顔"であり、現在は、農場の管理システムなどの「センサネットワークシステム」の製品についても同様の事業を行っている。

▼各種の国際標準規格の認証を取得している高い技術力が強み
 話を「組込みソフトウエア事業」に戻すと、プラットフォーム(OS)を作成できる企業が稀有である理由は、当然、求められる技術レベルが非常に高いからなのだが、これは裏を返せば、参入障壁が高く、競合企業が極めて限定的だということ。これにより、同社は、多くの業種、製品に攻勢をかけることが出来る。

 この高い技術力こそが、まさに同社の「コア・コンピタンス」であると私は考えているが、その証として、各種の国際標準規格の認証を取得しており、一例を挙げると「SGS-TÜV Saar GmbH社」から、 「自動車向け機能安全規格」、「産業機器向け機能安全規格」、「リアルタイムOS製品の開発プロセス」として「医療機器向け安全規格」などを取得している。

 この高い評価により、業種別売上高では、「自動車(車載)」が45%から50%程度を占める状態となっているが、自動車はモデルチェンジを定期的に行うことから、その度に、新たな機能が加わり、プラットフォームについても、継続して買い替え需要が発生する。

 この買い替え需要が、ストック性の高い収益となり、同社の安定的な(収益)構造に結びついているのだ。

▼「AUTOSAR」の「プレミアムパートナー」として活動 
 冒頭書いたように、自動車業界は現在、「CASE」というキーワードの下、"100年に一度の変革期"を迎えている。このような事業環境において、同社は2016年より自動車業界のグローバル開発パートナーシップ「AUTOSAR」の「プレミアムパートナー」として活動している。

 この「AUTOSAR」の目的は、車載ソフトの基本的な仕様を標準化することで、ソフト開発の効率化やセキュリティ対策を強化することであり、欧州の量産車には既に採用されており、日本を含むその他の地域にもその採用が広がりつつある。

 同社は、一部の企業しか選ばれていない、この「プレミアムパートナー」というステータスを活かし、この領域でそのプレゼンスをさらに大きくしたいと考えている。まさしく、この部分が同社の「カタリスト」である。同社の名前が、『CASE』で浮上する図式がご理解頂けたであろう。
---------------------------------------------------------------------------------

放送後記は以上です、いかがでしたか?

本日の放送はPodcast配信にて早速アップされております、是非お聴きください。

それでは来週もお楽しみに!

(関連ウェブ)
イーソル IRサイト
いつも聴く!ポッドキャスト


代表取締役社長 長谷川 勝敏さまと

全9件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]