3月1日の「アサザイ 今日の1社」はウイルプラスホールディングス(3538)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記] [朝イチマーケットスクエア 「アサザイ」]
2017/03/01(水) 10:33

 3月1日の「アサザイ 今日の1社」はウイルプラスホールディングス(3538、JQS)を放送しました。

 今回は、代表取締役社長 成瀬 隆章 様にお越しいただき、事業内容、M&Aに関する考え方、強み、成長戦略等についてお話を伺いました。

 同社は、新車(輸入車)の販売展開、そして中古車及び車輌保険販売、車輌整備、パーツの卸売り、損害保険の代理店業務等を行っております。
 M&Aによる事業展開を積極的に進めており、輸入車正規ディーラーである「チェッカーモータース」、「ウイルプラスモトーレン」、「帝欧オート」の子会社3社で「Alfa Romeo、FIAT、ABARTH、JEEP、Chrysler、BMW、MINI、VOLVO」の8ブランドを取扱っております。
 このM&Aを確実に成功に導いてきた「事業再生力」について詳しくお話頂くことができました。

 井上哲男より取材後記が届いております。ぜひご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
取材後記
ウイルプラスホールディングス (3538) (東証ジャスダック・スタンダード)
ラジオNIKKEIスタジオで取材・収録。お相手は代表取締役社長 の 成瀬 隆章 (なるせ たかあき)様。

「当面は今の成長戦略だけに邁進して欲しい」


▼ウイルプラスホールディングスの事業展開
 もうすぐ上場して1年を迎える。ホールディング・カンパニーとして傘下に3つの子会社を持ち、8つのブランドの正規(新車)ディーラーとして輸入車の販売を行っている。

 3つの子会社別に扱っているブランドを書くと、チェッカーモータースは2008年7月に買収した会社でブランド車種は、JEEP、Chrysler、Alfa Romeo、FIAT、ABARTHの5ブランド、ウイルプラスモトーレンは2009年9月に買収した会社でブランド車種は、BMW、MINIの2ブランド、昨年6月に買収した帝欧オートはVOLVOを取扱っている。

 事業活動エリアは、東京都、神奈川県、福岡県で合計23店舗。地域内のドミナント展開を行っている。

▼M&A成功の源
 同社は「M&Aの成功会社」として知られるが、赤字会社を買収後、リストラを行わずに1年から数年のうちに立派な黒字会社にリボーンさせてしまう。これを同社は「事業再生力」と呼ぶが、社員の入れ替えなどを行わず、スタッフの意識改革を徹底的に行い、人材育成に力を入れることで成功させてきたという。

 これがまずは同社の強みの一番目であるが、この「意識改革」とは、同社がフルラインで愛車家にサービスを提供することの意義を理解してもらうということにあるのではないかと勝手に想像している。

 同社の事業体制は、新車販売はもちろんのこと、中古車販売、業者(間)販売、そして、車輌整備をも同一拠点で行うことにより、顧客のニーズに合わせた提案、サービスの提供を行うというものである。そのため、同社で車を購入した際の保険加入率(同社が保険代理店として保険の契約を取りつける率)が、同業他社の2倍以上であろう30%台後半の数字にまで上昇している。これは、継続的に手数料をもたらすストックビジネスとなる。

 前述した「フルラインで愛車家にサービスを提供することの意義」をスタッフが十分に理解し、顧客との信頼感が生まれることが、この保険加入率の数字に結びついていると考えられる。

▼今後の事業展開は
 2月10日に通期の上方修正と中間配当の実施を発表し、市場の評価を上げたが、当面は成長戦略の下、配当性向は最終利益の15%を維持していくという。その成長戦略とは、紛れもなく、現在、そのビジネスモデルが堅実なものとなりつつある、「M&A戦略」と「ドミナント展開」である。

 国内新車登録台数に占める輸入車のシェアは、1996年には6.0%であったが、現在は9%台に載っているという。この20年間で国産車の新規登録台数(除く、軽自動車)は、実に4割も減少している。そのなかで、輸入車の相対的なポジション、占める比率は上昇しているのであるが、この9%台という数字は、ドイツの36%や米国の27%に比べても非常に小さく、今後も伸びが期待されるという。

 同社はまだまだ成長ステージの"真っ只中"にいる。そのため、当面は何も考えずに現在の路線を拡大させることに注力して欲しいと思う。今後も、同社のM&A、拡大戦略のリリースに注目したい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

取材後記は以上です、いかがでしたか?
本日の放送はオンデマンド配信にて早速アップされております。是非お聞きください。 

それでは来週もお楽しみに!

(関連ウェブ) 
ウイルプラスホールディングスIRサイト
アサザイ(2017.3.1放送分) ゲスト企業: ウイルプラスホールディングス

代表取締役社長 成瀬 隆章さまと