6月27日の「アサザイ 今日の1社」はジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2018/06/27(水) 15:24 今日の1社担当

 6月27日の「アサザイ 今日の1社」はジャパン・ホテル・リート投資法人(8985・東証)を放送しました。

 今回は、ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ株式会社 代表取締役社長 古川尚志様にお越しいただき、同リートの魅力と実績、今後の市場展望と戦略など、詳しくお話いただきました。

~日本初、そしてアジア最大のホテルリート~
 同リートは名前の通り、投資対象を「ホテル」に絞ったホテル専門のリートです。2006年に上場した2つのホテル専門のリートが2012年に合併し、ジャパン・ホテル・リートという名称となりました。
 ホテルの不動産としての特徴は、「オペレーショナルアセット」であることです。オペレーショナルアセットとは、その管理運営において特別なノウハウや専門性が求められ、当該資産のマネジメントに精通した専門のオペレーターの経営次第で収益が大きく変動する資産を指します。
 ホテルで考えると、運営の上手い下手次第で、客室料と稼働率が大きく変わり、投資用不動産としての収益に大きく影響します。つまりホテルへの投資には、「ホテル運営」、「オペレーション」に関する高い専門性が必要なのです。
 そして、同リートは10年以上にわたり、「ホテル投資」のスペシャリストとして、運用の腕を磨き成長を続けてきました。また、合併当時1,222億円だった資産規模は、現在44物件、3,194億円となり、日本のみならず、アジアでも最大の規模のリートであり続けています。

 それでは代表物件をご紹介します。ぜひご覧ください。


▼ホテル日航アリビラ







 豊かな自然に恵まれた沖縄本島中部の読谷村にあり、ホテルの目の前に広がる「ニライビーチ」は県内でも有数の透明度を誇ります。異国情緒溢れるスパニッシュコロニアルデザインを基調とし、全室43㎡以上のゆとりある客室と多様なレストランでお客様をお迎えします。手つかずの自然の中にある「ニライビーチ」では、様々なマリンスポーツを楽しめるだけでなく、潮の満ち引きにより多彩な海の表情をご覧いただけます。


▼神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 








 JR三宮駅から1.5kmに位置するメリケンパークの最南端にある、270度を海に囲まれたリゾートを満喫できるロケーションです。全室バルコニー付の客室からは、昼はきらめく海、夜は神戸の夜景が一望でき、潮風を浴びながら優雅な船旅のようなご滞在をお楽しみいただけます。6つのレストラン&バーをはじめ、大・中・小さまざまな宴会場と、海に臨む2つの独立型チャペルを備えたウェディング施設を有しています。


▼シェラトングランドホテル広島









 JR広島駅前のホテル・オフィス・商業施設で構成された複合施設「アクティブインターシティ広島」内にあります。国際的認知度の高い「シェラトングランド」を冠したハイスペックかつ築浅のフルサービスホテルで、238室の客室を擁します。全客室35㎡以上と市内最大の平均客室面積を有し、宴会場、フィットネスジム等多様な施設を備えています。


~インバウンドのさらなる増加が期待~
 ここ数年間で大きく成長をしている日本のホテルマーケット、このホテルの宿泊需要をけん引しているのがインバウンドと呼ばれる外国人旅行者の増加であることは言うまでもありません。インバウンドは、5年前の2013年に1000万人強であったものが、昨年は2860万人に達しました。

 さらに、2年後のオリンピック開催に向けて、ハード・ソフトの両面でインフラ整備が進み、オリンピックを機に日本を訪れる外国人旅行者の利便性や満足度はさらに高まると考えられます。
 そして、オリンピックにより日本が大々的に世界にPRされる効果も大きいため、オリンピックを機にインバウンドの増加が上ぶれする可能性もあると想定され、ホテル市場は今後も拡大が期待されます。

 マーケットの大きな変化の中で、ホテル投資のスペシャリストとして正しい判断を行い、質の高い成長を目指していきたいと語る同リートの展開に、アサザイはこれからも注目してゆきたいと思います。

~オンデマンド配信のお知らせ~
 早速オンデマンド配信を開始しております。改めて是非お聴きください!
アサザイ(2018.6.27放送分)

~ロングインタビュー~
 今回はロングインタビューを放送します。分配金を着実に成長させてきた同社ならではの「アクティブ・アセット・マネジメント」について、具体的な取組事例を紹介頂いています。是非お聴きください!
ロングインタビュー


(関連ウェブ)
ジャパン・ホテル・リート投資法人 ウェブサイト

ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ株式会社 代表取締役社長 古川尚志さまと


コメント