8月16日の「アサザイ 今日の1社」はアイホン(6718)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2017/08/16(水) 13:04 今日の1社担当

 8月16日の「アサザイ 今日の1社」はアイホン(6718・東証1部)を放送しました。

 今回は、取締役 経営企画室 副室長 和田 健 様にお越しいただき、事業内容、国内・海外の売上比率やセグメント状況、強み、海外戦略、新規事業への取り組み等について、詳しくお話を頂きました。

 同社は、インターホンを中心とした電気通信機器(コミュニケーション機器)において、国内シェア50%を超えるトップメーカーです。その商品は、国内はもとより世界70カ国以上に広がり、アメリカのホワイトハウスや、フランスの世界遺産であるモンサンミッシェルをはじめ、住宅、オフィスビル、病院等様々な分野で活躍しています。

 今回は、井上哲男より取材後記が届いております。ぜひご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------
取材後記
アイホン (6718) (東証1部、名証1部)
ラジオNIKKEIスタジオで取材・収録。お相手は、取締役経営企画室 副室長の和田 健 (わだ たつる)様。

「新しいチャイム」


▼リニューアル市場が大きく成長
 「インターホンのアイホン」。知名度抜群の同社の国内シェアはおよそ50%、インターホン2つのうち1つは同社の製品である。

 国内のセグメントは、設置されている場所での分類であり、「戸建住宅」、「集合住宅」、「病院などのケア」、そして、それ以外の「その他」に区分されている。(「病院などのケア」には、ナースコールも含まれている。)

 現在、国内市場において売上が伸びているのが「リニューアル市場」。
 同社によると、日本には分譲マンションが620万戸あると言われているが、そのうち、築年数が15年程度経過したニューアル対象戸数は約240万戸と約40%にもなる。また賃貸の集合住宅2400万戸の75%にあたる1800万戸が同じくその対象であるという。

 同社では2000年からリニューアル専任の営業所を作り、市場の拡大に繋げてきたことが奏功しているというが、昨年度の同社決算説明会資料を見てもそれが分かる。「集合住宅」の対前年度比の売上増加(金)額は、他のセグメントよりもはるかに大きい。

 具体的な対応、施策としては、たとえば、分譲マンションのリニューアル(大規模修繕等)の際に、「インターホンは変えたいが資金がない」、「資金はあるが、他の外壁工事などにお金を使いたい」といった管理組合のニーズに応えるべくリース会社と交渉し、管理組合でもリース契約ができるような仕組みを導入した。
 また、細かなことではあるが、室内のインターホンを付け替えるとき、多くの場合、新しいインターホンの方が小さいことから、機器を取り替える際の壁の汚れを隠すプレートも用意した。

 このリニューアル市場は非常にカバーエリアが大きいため、そのアプローチについては、協業で市場を開拓するパートナー(会社)を育成することによって「市場を育てる」という領域にまで押し上げることができたと同社は考えている。

▼「企画、開発、生産」から「販売、アフターサービス」までの一貫体制
 何よりの「強み」は、「企画、開発、生産」という上流部分から、「販売、アフターサービス」までを一貫して行い、自社ブランドを基本としているということ。

 実は、同社は昭和27年に一度欠陥商品を出したことがあるのだが、その際に「必ず最後の一台まで責任をもって修理を終える」という信念のもと、誠意を持って対応した教訓が活かされおり、社員全員が「責任をもって対応できる会社でなくてはならない」という考えを共有している。そのことは製品の開発現場にもつながっており、「何よりも品質の向上に努めなくてはならない」という意識として根づいているという。「品質重視」をずっと経営の中心に置いてきた同社は、品質管理の分野における最高の賞といわれる「デミング賞」を受賞している。

▼グローバル化の推進
 海外のセグメントは地域別の区分であり、「北米」、「欧州」、「アジア・オセアニア・その他」と3つに分けられているが、全世界でのシェアは現在10%程度と決して大きくはない。但し、製品性能には高い評価が既に与えられていることから、「伸びしろ」の大きさを同社は感じており、現在、2期目にあたる「3ヶ年中期経営計画」に掲げられた7つの「重点戦略」にも、「グローバル化の推進」つまり「海外戦略」が謳われている。

 「製品性能に高い評価」と書いたが、納品実績に、なんとアメリカのホワイトハウスや、フランスの世界遺産であるモンサンミッシェルも含まれている。今後、北米・欧州を中心として各国地域へのより密着した営業展開、それによる市場開拓のスピードアップが期待されるが、米国においては、西海岸のシアトル事務所に加えて、昨年7月に東海岸のニュージャージーに事務所が開設された。北米で確固たる地位を築きたいという意図が見える。

▼新しい事業展開に向けて
 その同社が、今回、一風変わった取組みを発表した。この8月7日より、「新しい事業展開」に関する「オープンイノベーション」を行い、アイデアを公募したのである。
 これまで書いてきたように、「品質重視」、「強い責任感」、「国内シェア50%」、「海外での高評価」といったものは全て、有形、無形の同社の財産・資産に他ならない。
 加えて、同社には、これまで販売、納品を通して培ってきた、公共機関、住宅や病院など建物に関わる施主、設計会社、建設会社、デベロッパ一、工事会社、また流通を担う商社などと深い絆がある。これらを活かした「新しい事業展開」にどのようなアイデアがもたらされて、同社が何を選択するかが楽しみである。

 「えっ、『アイホン』がそんなことを始めたの?」 市場はいずれ驚くかもしれない。
 「堅実」、「質実」、「実直」。これらを忠実に守ってきた「インターホンのアイホン」が今回鳴らしたもの、それは、「新規事業」という、これまで無かった新しい音色の「チャイム」である。

-----------------------------------------------------------------------------------------

取材後記は以上です、いかがでしたか?
本日の放送はオンデマンド配信にて早速アップされております。是非お聞きください。
それでは来週もお楽しみに!

アイホン IRサイト
アサザイ(2017.8.16放送分)


取締役 経営企画室 副室長 和田 健さまと

コメント