5月24日の「アサザイ 今日の1社」はアドソル日進(3837)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]
2017/05/24(水) 14:15 今日の1社担当

 5月24日の「アサザイ 今日の1社」はアドソル日進(3837、東証1部)を放送しました。

 今回は、代表取締役社長 上田 富三様にお越しいただき、事業内容、強み、海外戦略等についてお話を伺いました。

 同社は、社会システムを中核に企業や公共向け情報システムの開発、及びソリューションの提供並びに商品化と販売を行っている、独立系ICT企業です。

 企業の基幹システムをはじめ、鉄道や道路、航空といった公共交通機関の管理システム、ガスや発電等のエネルギー・ライフライン、広域防災や医療ネットワーク等、暮らしに密接に関る社会インフラの幅広い分野に同社のノウハウと技術が活かされています。

 今回は、井上哲男より取材後記が届いております。ぜひご覧ください。

------------------------------------------------------------
取材後記
アドソル日進 (3837) (東証1部)
ラジオNIKKEIスタジオで取材・収録。お相手は代表取締役社長 の 上田 富三(うえだ とみぞう)様。

「祝! 300位内入り」

▼東証1部、"最速"市場昇格の背景
 ジャスダックに上場したのが2007年のこと。昨年2月に東証2部に市場昇格を果たし、それから7ヶ月、9月に最速で東証1部に市場昇格されて話題となったが、"最速"の背景には絶好調の業績がある。

 そもそも、1976年の創業当初より中部電力に採用されるなど、(電力系統などの)制御システムに強みを持つ独立系のICT企業である。

▼2つの事業セグメント
 現在の事業セグメントは2つに大別されるが、その1つは「社会システム事業」。これはさらに大きく4つの事業領域に区分される。その4つとは、「ビジネス分野」・・・現在、自由化で話題となっている電力やガスなどのエネルギーや、旅行関連、大規模基幹システムなど、「ファイナンシャル分野」・・・カードや決済系などの次世代基盤システム分野など、「通信分野」・・・キャリア向け、5Gなど、そして、「制御分野」・・・航空、防災、装置制御、スマートメーターなど、である。既にこれだけで広い事業領域をカバーしていることが分かるが、もう1つのセグメントである「IoTシステム事業」において、OS開発技術をベースとした「組込み」・・・これはいわゆる組込みソフトの開発であり、自動運転開発が進む自動車、医療機器、複合機など、「スマート」・・・ID認証などの人体通信、近距離無線通信や位置情報など、同社のオリジナルなスマートソリューションの展開、を行っている。

 「制御システム」というミスの許されないものを当初から扱っているため、事業の精度、確度が非常に高いことが顧客の信頼を勝ち得ている源であるが、同社を語る際に、やはり忘れてはいけないキーワードは「セキュリティへの取り組み」である。そして、これは、「精度が生み出し続けてきた信頼」に加えて、もう1つの同社の強みでもある。

▼セキュリティへの取り組み
 同社は、世界的に有名な米国シリコンバレーのリンクス社(Lynx Software Technologies社)と25年来の取引実績があり、革新的なセキュリティ・ソリューションである、リンクスセキュア(LynxSEUCRE)の日本国内における独占総代理店として、IoT機器メーカーや産業機器メーカー、また、IoT化が進む製造業の生産現場への展開を推進している。

 そして、昨年2月に、100%出資の形で、米国シリコンバレーに「アドソル日進サンノゼR&Dセンター」を設立し、また、昨年6月、7月に、セキュリティ・クラウド情報で世界No.1である「ウェブルート社」、顧客数5000社を誇る「ミツイワ社」と、それぞれ、IoT分野、IoTセキュリティ分野で提携を行い、協業体制を確立した。

 また、2年連続となる日経新聞社とのタイアップフォーラム「IoT時代のセキュリティ・フォーラム2016」においては、500名もの来場者を迎えて、IoTセキュリティが現在、ここまで進んでいるということをご紹介し、大きな反響を呼び、各種のマスコミでも取り上げられた。

 5/9に発表した決算も冒頭の"絶好調"そのもの。7期連続の増収、増益を達成し、期中に行った上方修正をさらに上回る着地となり、1年目にして中期経営計画をほぼ達成したような水準となっている。今期の見込みも8期連続での増収増益、さらに攻勢をかける意気込みの表れた数字である。

 スプリングキャピタル社の企業ランキング(毎年ほぼ3300社程度が対象)の順位も、2013年度:1158位、2014年度762位、2015年度436位と順位をあげ、昨日確定した2016年度順位は291位と、ついに上位300社に顔を出した。着実に、確実に業績を伸ばしている同社。継続的に業績の推移を見守って欲しい。

----------------------------------------------------------------------

取材後記は以上です、いかがでしたか?

本日の放送はオンデマンド配信にて早速アップされております。是非お聞きください。

それでは来週もお楽しみに!

(ウェブサイト)
アドソル日進 IRサイト
アサザイ(2017.5.24放送分) ゲスト企業:アドソル日進

代表取締役社長 上田富三さまと

コメント