2019年度第3回/2019.11.13放送|YouTube動画オンデマンド配信中 [放送内容] [サンワテクノスIR特集]
2019/11/13(水) 23:59

サンワテクノス田中裕之社長とラジオNIKKEI鎌田伸一記者による「聴いてためになる」IRコンテンツ。
YouTube動画のライブ視聴を逃さないためにチャンネル登録をオススメします!そして動画評価「いいね」のクリックもよろしくお願いします!

●決算短信はこちら(サンワテクノスwebサイト)
http://www.sunwa.co.jp/
★サンワテクノス 2020年3月期・第2四半期連結決算(前期比)
・売上高 : 676.08億円(-6.3%)
・営業利益:  9.09億円(-57.3%)
・経常利益: 10.36億円(-55.2%)
・親会社株主に帰属する当期純利益: 1.21億円(-84.6%)

★サンワテクノス 2020年3月期・連結業績予想(前期比)
・売上高 :1400億円(-6.7%)
・営業利益: 16億円(-53.1%)
・経常利益: 19億円(-47.6%)
・親会社株主に帰属する当期純利益:14億円(ー46.7%)
注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 有(上方修正)
*年間配当金予想34円(2Q:17円+4Q:17円))*前年度比±0円

2019年度第3回目となる今回のテーマは「サンワテクノスの2019年4-9月期の決算、自動車の安全化が求められる中で、サンワテクノスがどのような役割を担っているか」です。田中裕之社長にお話をうかがいます。
Q1.
2019年7-9月期の決算が発表されました。どのような事業環境でしたか。企業としての成果なども含めて教えてください。
Q2.
上半期が終わりました。下半期の6ヶ月間はどのような事業環境を考えていますか。サンワテクノスはどのような事業を伸ばしますか。
Q3.
自動車の安全化が求められています。自動運転技術の開発が株式市場で関心を集めています。サンワテクノスの自動車関連のビジネスについて教えてください。
Q4.
自動車の電装化関連のビジネスについては、安定した伸びが期待される一方で、他のビジネスと比較すると、利益率は必ずしも高くはないとする企業も多いようです。サンワテクノスでは、今後、どのように利益率を高めていきますか。
Q5.
自動車業界では部品メーカーの再編の動きが強まっています。サイワテクノスがビジネスを展開するうえで、自動車部品業界の再編の動きは、どのようにとらえれば良いのでしょうか。

※詳細は番組をお聴きください。
※当コンテンツは動画と音声を同時配信!
【YouTubeオンデマンド】
*冒頭から1分55秒辺りまで静止画(タイトル画像)のまま音声が配信されます。