2018年度第1回/2018.6.13放送|YouTube動画オンデマンド配信中 [放送内容]
2018/06/13(水) 17:13

サンワテクノス田中裕之社長とラジオNIKKEI鎌田伸一記者による「聴いてためになる」IRコンテンツ。
今回田中社長は初出演となります。

●決算短信はこちら(サンワテクノスwebサイト)
http://www.sunwa.co.jp/
★サンワテクノス 2018年3月期・通期連結決算(前期比)
・売上高 :1467.59億円(+25.9%)
・営業利益:  41.35億円(+37.2%)
・経常利益:  43.49億円(+35.3%)
・親会社株主に帰属する当期純利益: 30.85億円(+94.8%)
*年間配当金30円(2Q:14円+4Q:16円)*前年度比+2円

★サンワテクノス 2019年3月期・連結業績予想(前期比)
・売上高 :1575億円(+ 7.3%)
・営業利益: 44.5億円(+ 7.6%)
・経常利益:  45億円(+ 3.5%)
・親会社株主に帰属する当期純利益: 31.5億円(+2.1%)
*年間配当金予想34円(2Q:17円+4Q:17円))*前年度比+4円

2018年度第1回目となる今回のテーマは「サンワテクノスの事業内容、業績動向、事業環境、業績見通し、配当動向など企業を見る上での基本的な情報」です。田中裕之社長にうかがいます。
Q1.
2018年5月10日に発表された2018年3月期の売上高は26%増の1,467億円、営業利益は37%増加の41億円と大幅な増収増益となりました。今2019年3月期は売上高が7.3%増の1575億円、営業利益は7.6%増の44.5億円と引き続き増収増益を計画されています。現在の事業環境・業績動向についてどのような状況にあるのか教えてください。また今年度、業績拡大を牽引するのはどの分野になるのでしょうか。
Q2.
今年度の業績を達成する上でのリスク要因は?業績目標達成の可能性は高いと考えられますか。
Q3.
連続しての配当金増額は注目されるべき点でしょう。前期の年間配当金は2円増配の30円、今年度は現時点で4円増配の34円を計画されています。増配の勢いが増している背景を教えてください。
Q4.
4月に公募増資を実施しました。公募増資で調達した資金を今後のサンワテクノスの企業価値の拡大にどう生かすのか教えてください。

※詳細は番組をお聴きください。
※当コンテンツは動画と音声を同時配信!
【YouTubeオンデマンド】




サンワテクノス(8137・東証1部)企業概要 [サンワテクノス企業概要]
2018/06/13(水) 00:00

会社概要




事業内容:産業用エレクトロニクス、メカトロニクス関連の装置・機器・部品を取り扱う技術専門商社。

社名の由来:サンはSUN(太陽)に通じ、社運の隆盛をイメージし、英文社名の「SUN-WA」は太陽に因んだものです。当社は創業以来「お取引先様・株主様・社員」の三者の和(バランス)を追求し、発展したいという考えと電機・電子・機械の3つの事業をバランスよく成長、発展させたいという想いも込められています。

会社概要(沿革)


会社概要(経営理念)


会社概要(サンワテクノスの特徴と強み)

1.電機・電子・機械の三部門を持つ独立系技術商社



2.電機・電子・機械の三部門を持つ独立系技術商社



3.電機・電子・機械の三部門を持つ独立系技術商社









サンワグローバルネットワーク